土田御前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土田御前(どたごぜん/つちだごぜん、生年不詳 – 文禄3年1月7日1594年2月26日))は、織田信秀の継室(織田達勝息女が最初の正室であるが離縁)。実名は不詳。別称は花屋夫人。法名は報春院花屋寿永大禅尼(花屋寿永大姉とも)。信長信行秀孝信包浅井長政柴田勝家正室)、佐治信方細川昭元正室)の生母。土田政久の息女とされているが異説もある(後述)。

経歴[編集]

四天王寺の土田御前の墓

夫・信秀の死後、次男・信行と共に末森城に住んでいた。うつけと呼ばれた信長を嫌い、品行方正な信行を可愛がったと言われる。信長と信行の家督争いで信行が敗れると、信長に信行の赦免を願い出、一度は赦させた。しかし、後に信行は再び信長への反逆を図ったため信長に誅殺された。信行の死後は信長や市と共に暮らし、幼かった信長や市の子供たち(信忠信雄信孝茶々など)の面倒を見ていた。

本能寺の変で信長と孫の信忠が自害した後は、孫の信雄の庇護のもとにあり、「大方殿様」と尊称され、640貫文化粧料として与えられていた。天正18年(1590年)の信雄の改易後は伊勢国安濃津の信包のもとに引き取られ、文禄3年(1594年)正月7日に同地で死去した。

墓所は三重県津市の塔世山四天王寺

出自[編集]

一般的には佐々木六角氏後裔土田政久の息女とされているが、当時の一次史料による裏付けはなく、後年、土田氏縁者の生駒氏腹である信雄系統の史料から土田政久息女説が登場するようになる。そのため、当時の史料などにより複数の説がある。

  • 土田御前の呼び名となった土田氏説である土田氏が美濃可児郡土田であれば「どた」、尾張清洲土田[1] であれば「つちだ」となる。このほか土田氏には近江六角氏の庶流、旗本であったとの説がある。
  • 『津島大橋記』『干城録』によれば、信秀正室・信長生母は小嶋信房息女とされており、この人物が土田御前以前の信秀継室であるのか(この場合土田御前は、織田達勝息女・小嶋信房息女に続く継室となる)、土田御前の出自が改ざんされており、土田御前と呼ばれる人物そのものが、本来は小嶋信房息女であるのかは不明。『津島大橋記』を記した大橋重長に信秀息女・くらの方が輿入れする際、くらの方は小嶋信房の養女として輿入れしており、小嶋信房と信秀の関係の深さが窺える。また、孫の信孝が神戸氏の家督を相続した際、山路氏に代わり高岡城主に任命された信孝の異父兄といわれる小嶋兵部少輔は、小嶋信房の縁者という説がある。
  • 美濃国諸旧記』によれば、信長生母は六角高頼息女とされている。

注釈[編集]

外部リンク[編集]