THE END OF THE CENTURY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
THE END OF THE CENTURY
聖飢魔II大教典
リリース
録音 魔暦紀元前13年1月-2月
ジャンル ヘヴィメタル
時間
レーベル FITZBEATCBSソニー
プロデュース 聖飢魔II
チャート最高順位
聖飢魔II 年表
聖飢魔II〜悪魔が来たりてヘヴィメタる
1985年
THE END OF THE CENTURY
1986年
地獄より愛をこめて
1986年
『THE END OF THE CENTURY』収録のシングル
  1. 蝋人形の館
    リリース: 魔暦紀元前13年(1986年4月2日
テンプレートを表示

THE END OF THE CENTURY』(ジ・エンド・オブ・ザ・センチュリー)は、聖飢魔IIの大教典。この頃にはテレビなどの媒体への露出も増えたため知名度も上がってきており、蠟人形の館のヒットもあって前作を超える売り上げになった。 このアルバムは、初期の聖飢魔II(1986年まで)の中で一番売れたものである。

概要[編集]

この教典はレコード/コンパクトカセット/コンパクトディスクで発売された。そのうちレコードは33r.p.m.12インチディスクで発売されたため、2曲が省かれている。さらに各曲イントロの説法(MC)も収録されなかった。

バンドのセルフプロデュースであるとともに、この教典はダミアン浜田の集大成ともなっており、聖飢魔IIの初期代表曲が多く入っている。さらに前作より加入のジェイル大橋のコンポーザーとしての才能も開花し、次作への布石となった。

本作収録の「JACK THE RIPPER」は、聖飢魔II結成以前にRAYというバンドで「衝動殺人者」という曲名で披露されていたが、歌詞等を変更し切り裂きジャックをモチーフとした楽曲として収録されている。両者は歌詞の一部(主にタイトル部分)を差し替えただけであり、基本的には同じ曲である。

また、アルバムのタイトルにもなっている「THE END OF THE CENTURY」も、聖飢魔II結成以前に「CENTURY END」という曲で披露されていた。こちらはメインとなるリフ自体はほぼ同じなものの、メロディや曲展開において異なる部分が多数あり、改名ではなくリメイクに近い。

このアルバムは1990年代後半以降長らくの間多くのソニー期のアルバムと同じく廃盤であったが、2013年7月17日にリマスターで復刻された。

収録曲[編集]

  1. 聖飢魔IIミサ曲第II番「創世紀」 (作曲:ダミアン浜田
  2. THE END OF THE CENTURY (作詞・作曲:ダミアン浜田)
  3. DEMON'S NIGHT (作詞:デーモン小暮、作曲:ジェイル大橋
  4. 悪魔の讃美歌 (作詞・作曲:ダミアン浜田)
  5. JACK THE RIPPER (作詞:ダミアン浜田・デーモン小暮、作曲:ダミアン浜田)
    「蝋人形の館」のB面曲。
  6. 人形の館 (作詞・作曲:ダミアン浜田)
  7. 怪奇植物 (作詞・作曲:ダミアン浜田)
  8. FIRE AFTER FIRE (作詞:デーモン小暮、作曲:ジェイル大橋)

M1、M5はレコード未収録

演奏者[編集]

  • SAYOKO TAKAHASHI, CHIHO KOJIMA - Chorus
  • "NAZO NO BAKABON" TSUDA - Synthesizer, Piano