大洗にも星はふるなり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大洗にも星はふるなり
作者 福田雄一
日本
言語 日本語
ジャンル 戯曲
初演 2006年 恵比寿・エコー劇場
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

大洗にも星はふるなり』(おおあらいにもほしはふるなり)は、福田雄一戯曲。劇団ブラボーカンパニーにより2006年12月に恵比寿・エコー劇場にて初演、2009年12月に同劇場にて再演された。

福田の脚本・監督によりコメディ映画として映画化され、2009年11月に公開された。

あらすじ[編集]

クリスマスが近づいたある日、自信過剰の勘違い男・杉本(山田孝之)のもとに、夏にアルバイトをしていた茨城県大洗の海の家「江の島」のマドンナ・江里子(戸田恵梨香)から「イヴの夜にあの海の家で会いたい」という手紙が届いた。誘いに乗って海の家に行ってみると、そこには同じ手紙を受け取ったサメマニアやハイテンションなおバカなど個性的な男たち 4人が。杉本を加えた 5人の男たちは「自分こそは本命」と信じ込み、熾烈なアピール合戦を始める。そこに弁護士・関口(安田顕)が現れ、事態を収拾しようとするが、関口もまた江里子への恋心に気付いてしまい男たちの争いはヒートアップ。更にそこに遅刻して来た林(白石隼也)も加わり…。果たして 7人の男たちの江里子をめぐるバトルの行方は?

登場人物[編集]

上演[編集]

初演[編集]

ブラボーカンパニープロデュース 天晴◎お気楽事務所第28回公演『大洗にも星はふるなり』

再演[編集]

ブラボーカンパニープロデュース 天晴◎お気楽事務所第31回公演『大洗にも星はふるなり』
  • 公演日 - 2009年12月9日 - 13日
  • 劇場 - 恵比寿・エコー劇場
  • 作・演出 - 福田雄一
  • 出演 - 佐藤正和、野村啓介、太田恭輔、鎌倉太郎、山本泰弘、古山憲太郎モダンスイマーズ

映画[編集]

大洗にも星はふるなり
監督 福田雄一
脚本 福田雄一
製作総指揮 馬場清
出演者 山田孝之
山本裕典
ムロツヨシ
戸田恵梨香
安田顕
主題歌 メロライド『ココニアル』
撮影 中山光一
製作会社 「大洗にも星はふるなり」製作委員会
配給 日活
公開 日本の旗 2009年11月7日
上映時間 103分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

福田雄一の脚本・監督、日活の配給により、2009年11月7日に公開された。キャッチフレーズは、“暴走の果てに待ち受ける、キセキの結末とは!?”

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画祭での先行上映[編集]

一般公開に先立って以下の上映あり。

関連商品[編集]

ノベライズ[編集]

DVD[編集]

  • 『大洗にも星はふるなり スペシャル・エディション』(2010年5月28日、ハピネット、BBBN-1013、本編103分+特典124分)
  • 『大洗にも星はふるなり』 スペシャルプライス版(2015年3月3日、ハピネット、FBBBN-1013、本編103分)

スピンオフDVD[編集]

スピンオフ企画となるショートコメディ集DVDが2009年12月25日に発売された。

  • タイトル:『大洗にも星はふるなり』 これって全力すぎてスピンオフじゃねえじゃんスペシャル
  • 監督・脚本:福田雄一
  • 製作:海の家「江の島」オーナーズ
  • プロデューサー:中澤サカキ小林智浩マツムラケンゾー
  • 制作:SEP
  • 出演:山田孝之、山本裕典、ムロツヨシ、白石隼也、佐藤二朗
  • 収録内容
    • メイキング(約20分)
    • 本編(約40分)
  1. 教える
  2. ハモる
  3. 運命の恋
  4. 湘南
  5. ハモる
  6. おめでとう

外部リンク[編集]