平岸高台公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高台公園の頂上から市街地を望む(合成)
初秋の高台公園(合成)
平岸高台公園の位置(札幌市内)
平岸高台公園
札幌市内の位置

平岸高台公園(ひらぎしたかだいこうえん)は、北海道札幌市豊平区平岸4条13丁目にある公園である。

概要[編集]

1974年成人式「はたちのつどい」で「札幌に緑を」との声が上がり、整備された公園である[1]

面積は9595m2。公園そのものがなだらかな芝生の斜面(東から西に向かって下っている)になっている。冬季にはスキーを楽しむことも可能で、毎年冬になるとスキーやソリのジャンプ台が作られる。シーソーブランコ滑り台砂場などの遊具も完備している。

展望台から澄川や平岸の町並み、そして札幌市の中心部を眺望できる。

施設[編集]

水曜どうでしょう[編集]

HTB制作の番組やCMでの撮影に使われる事が多く、特に『水曜どうでしょう』がこの公園で前枠・後枠(番組本編の前後にあるワンコーナー)を撮影してからは、番組ファンの中で「聖地」として取り上げられ、「巡礼」の対象となった[2]

2005年秋に真駒内公園(札幌市南区)で開催されたイベント「どうでしょう祭」の際は、開催期間の3日間だけでも公園に5000人程度の人出があったと見られ、ディレクター嬉野雅道の「日記」(番組ウェブサイト)によれば、「その影響によってか芝生がすっかり根元から寝てしまった」とのこと。

また、北海道新聞の公園特集ではサッポロさとらんど(札幌市東区丘珠)や百合が原公園(札幌市北区)、モエレ沼公園(札幌市東区丘珠)といった大規模な公園とともに「札幌を代表する公園」として掲載された。

その他[編集]

  • 災害時において、札幌市が避難所に指定している。
  • 園内には、札幌市がゴルフを禁止する旨の看板を立てている。
  • 頂上の高さは、公園裏にあるHTB(北海道テレビ放送)社屋の高さと同じである。公園とHTB社屋の間にある道路は掘割構造になっている。
  • サッカー日本代表試合中継の際、HTB独自制作CMの撮影にも使われている(アナウンサー谷口直樹が出演)。
  • 『水曜どうでしょう』に出演する鈴井貴之映画監督初作品『man-hole』では、ロケ地のひとつとして登場している。
  • 西部警察 PART-II』の北海道ロケのイベントで使用され、その様子が第26話「-北都の叫び- カムバック・サーモン」で放送された。劇中では「カムバック・サーモン」というイベントが開催されて人が集まっていることになっている。

周辺[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 園内に、当時の経緯を記した碑文が設けられている。
  2. ^ 当公園至近のHTB正面玄関にある、HTBショップ案内地図に「水曜どうでしょう聖地」と表記されている。

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度01分36秒 東経141度22分30秒 / 北緯43.026673度 東経141.374876度 / 43.026673; 141.374876