警視監

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

警視監(けいしかん、英称:Senior Commissioner)は、警察法第62条に規定される日本の警察官階級の一つ。上から2番目。地方警務官たる警視監の定員は38名[1]警察庁職員たる警視監の定員は警視長と合わせて41名[2]

階級の位置と役割[編集]

警視監の階級は、警察法第62条に規定され、上位には警視総監があり、下位には警視長警視正警視警部警部補巡査部長及び巡査巡査長含む)が定められている。

警視監への昇任[編集]

キャリアとして警察庁に入庁し、警視長に昇任した者は、他省庁に転じない限り全員が警視監に昇任する[注釈 1]。ノンキャリアでも、警視庁の部長(階級は警視長)クラスまで昇任した者は、退職日付で警視監に昇任する場合がある(例:2008年2月25日発令、警視庁生活安全部長が退職日付で任警視監)。

警視監の役職[編集]

警察庁内部部局
警察庁地方機関
警察庁附属機関
警視庁
道府、主要指定県及び一部の県警察本部

主な人物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ たとえば、警察キャリアであった佐々淳行は、警察庁警備局参事官を最後に防衛庁に移り、防衛施設庁長官で退官したため、警察官としての最高階級は警視長(佐々淳行『わが上司 後藤田正晴』文藝春秋文春文庫)、2002年、403 - 413頁、「エピローグ」)。

出典[編集]

  1. ^ 警察法施行規則(昭和29年総理府令第44号 最終改正: 平成30年内閣府令第14号)別表第一。
  2. ^ 昭和44年6月30日警察庁訓令第6号 最終改正:平成30年3月30日警察庁訓令第4号)
  3. ^ 日本全国の刑事のドンといわれている人物で暴力団対策に尽力。暴力団対策法施行に伴い全国中の暴力団という暴力団の一斉取締り運動を強化させ日本中の暴力団から恐れられた。刑事局暴力団対策部長、警視庁公安部長、同副総監を歴任。平成12年8月退官。
  4. ^ 警察批判の著書『わが罪はつねにわが前にあり』を出版。

外部リンク[編集]