山田珠樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 珠樹(やまだ たまき、1893年2月26日 - 1943年11月24日)は、日本のフランス文学者東京帝国大学の助教授および司書官を務めた。フランス文学者として、辰野隆鈴木信太郎らと東大仏文科を興し、司書官として、関東大震災後の東大図書館の復興に力を尽くした。また、森茉莉の最初の夫としても知られる。

略歴[編集]

1893年明治26年)、東京市芝区(現在の港区)に生まれる。父の山田暘朔は商館の小僧から一代で身代を築いた人物で[1][2]、輸入商会の経営者。

1911年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。第一高等学校を経て、1917年大正6年、24歳)、東大文学部哲学科を卒業。この年、東京高師附属中時代からの2歳後輩である鈴木信太郎らと同人誌『ろざりよ』創刊。

1919年森鴎外の長女茉莉と結婚し、の二子を得るも、1927年昭和2年)、茉莉の意思で離婚。その理由の一つは山田の芸者遊びであり[3]、離婚したとき、山田は茉莉に「お前たち(茉莉と杏奴)が社会へ出られないようにしてやる」[4]と脅迫したという。茉莉はまた「夜の夫が十分健康でなかった」とも述べている[5]

1921年(28歳)、4月、文部省在外研究員としてフランスに留学し、パリモンマルトルに逗留。ソルボンヌ大学で心理学を学び、ついでフランス小説を研究し、宿望のスタンダールの文献を集めた。ヨーロッパ諸都市を巡り、1923年8月帰国。

1924年(30歳)、1月、東京帝国大学附属図書館事務取扱を嘱託され、4月(31歳)、同助教授文学部勤務を命じられ、さらに1925年6月兼任司書官となり、姉崎正治館長の片腕として、関東大震災罹災後の東大図書館の復興に務め、10年間に80万冊の図書を整理した。その傍ら、仏文科でフランス小説史を講じた。1930年昭和5年)仏文科専任となり、辰野隆、鈴木信太郎らとともに教室を支えた。学位論文として「スタンダール研究」を執筆したが、思うところあって底に蔵し、それは没後、嗣子により出版された。

1934年(昭和9年、39歳)、肺結核のため東大を休職し、1936年3月退官。鎌倉西御門の自邸を離れ、七里ヶ浜小坪のサナトリウムで養生する。 1943年11月24日、50歳にて死去。

著書[編集]

単著[編集]

  • 現代仏文学研究(1926年)
  • 流派の歴史写実主義(岩波講座世界文学1)、岩波書店(1932年)
  • ゾラ(岩波講座世界文学1)、岩波書店(1932年)
  • 東門雑筆、白水社(1939年)
  • フランス文学覚書、白水社(1940年)
  • 小展望 六興商会出版部(1942年)
  • 中世佛蘭西文學、六興出版部(1943年)
  • ゾラの生涯と作品、六興出版社(1949年1月)
  • スタンダール研究、河出書房(1948年11月)

訳書[編集]

家族[編集]

  • 父 - 山田陽朔
  • 兄弟 - 姉に幾子、愛子、弟に俊輔、豊彦、妹に富子
  • 先妻 - 森茉莉 - 2人の結婚生活をモデルに小説『記憶の繪』を執筆。
  • 後妻 - 山田浜子

脚注[編集]

  1. ^ 『貧乏サヴァラン』森茉莉、筑摩書房, 1998
  2. ^ 『明治人ものがたり』森田誠吾、岩波書店, 1998
  3. ^ 森類『鴎外の子供たち』p.121(ちくま文庫、1995年)
  4. ^ 森類『鴎外の子供たち』p.127(ちくま文庫、1995年)
  5. ^ 森類『鴎外の子供たち』p.128(ちくま文庫、1995年)