内藤はるみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

内藤 はるみ(ないとう はるみ 、1955年7月26日 - )は、日本の元女性歌手岐阜県岐阜市出身。堀越高等学校卒業。 一時期、朝月 愛(あさづき あい)名義で活動したこともある。

1973年に放映された『ドラえもん』の主題歌を歌ったことで名前が知られている。

来歴[編集]

1967年、小学校六年生の時『日清ちびっこのどじまん』に出場しチャンピオンになる。これをきっかけにコロムビア・レコードにスカウトされ、歌手デビューを果たす。 デビュー後は同番組内で堀江美都子かおりくみこしまざき由理らとともに「ちびっこ歌手」として活動する。番組内でコーラスを勤めたり、「ちびっこ」シリーズで数枚シングルレコードをリリースする。

1973年日本テレビアニメドラえもん』の主題歌の歌手として抜擢される。

その後もコロムビアの専属歌手として活動を続けていたが、高校卒業をきっかけに大人向けの唄を歌いたいと考え始め、「朝月 愛」と改名する。 改名後の1975年、春の新ドラマ『影同心』の主題歌「風の女」を歌うことになった。

なお、現在は歌手活動は行っていない。

エピソード[編集]

  • 二歳ごろから町内の集まりがあると、美空ひばりのものまねをよくしていた。本人によればこの頃から根っからの歌好きだった[1]

主な歌手活動[編集]

内藤はるみ名義[編集]

※「ちびっこのどじまん」シリーズ

  • ちびっこ遊星人
  • 夕やけじぞうさん

※「ちびっこポップス」シリーズ

  • 若い太陽

※「ジュニアポップス」シリーズ

  • 純愛一路/花咲く乙女達

朝月愛名義[編集]

  • 風の女/女の坂道(テレビドラマ「影同心」主題歌シングル)
  • 京都なみだ町

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「北国新聞」1975年6月18日夕刊のインタビュー記事より。

関連人物[編集]