水谷邦久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずたに くにひさ
水谷 邦久
本名 水谷 邦久
生年月日 (1948-03-08) 1948年3月8日(70歳)
出生地 日本の旗, 静岡県
民族 日本人
身長 172cm
職業 俳優
主な作品
テレビドラマ
レインボーマン』、『江戸を斬るII

水谷 邦久みずたに くにひさ1948年3月8日 - )は、日本俳優。本名同じ[1]静岡県出身[1]静岡県立熱海高等学校卒業[1]

来歴・人物[編集]

高校卒業後、文学座付属演劇研究所を経て、劇団NLTに入団[2]

東宝テレビ部に所属し[1]、1970年、テレビドラマ『金メダルへのターン!』にレギュラー出演。本作を経て、1972年放送の特撮テレビドラマ『レインボーマン』の主人公・ヤマトタケシ役を演じる。劇団NLTの先輩であり、『金メダルへのターン!』『レインボーマン』でも共演した長沢大は、「アドバイスも素直に受け止めるのでよく面倒を見た」と語っている[3]

1970年代後半に芸能界を引退。現在は、静岡県熱海市にて、カメラとスイーツの専門店「プロムナードミズタニ」を経営している。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 弾痕(1969年、東宝) - 活動家
  • 俺の選んだ女(1976年、東宝) - 高士

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑'76』 VIPタイムズ社、1976年、148頁。
  2. ^ 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全』(双葉社・2002年)91頁
  3. ^ 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全』91 - 92頁