水谷邦久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みずたに くにひさ
水谷 邦久
本名 水谷 邦久
生年月日 (1948-03-08) 1948年3月8日(72歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県熱海市
身長 172 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
主な作品
テレビドラマ
金メダルへのターン
レインボーマン
江戸を斬るII
テンプレートを表示

水谷 邦久(みずたに くにひさ、1948年3月8日[2][3]- )は、日本の元俳優。本名同じ[1][2][3]

静岡県[1]熱海市出身[2][3]静岡県立熱海高等学校卒業[1][2]。田村企画に所属していた[1]

人物[編集]

高校卒業後、大学浪人中に俳優を志して文学座付属演劇研究所に入り、1968年劇団NLTに入団する[2][4][5]

NLTの先輩で、後年『金メダルへのターン!』『レインボーマン』で共演した俳優の長沢大は、初対面の印象として「いい意味で世間知らず。清々しい印象で、アドバイスに対しても一生懸命素直に聞いてくれた」と述懐している[4]。また、NLTで一緒だった伴大介は、水谷とともにNLTが千葉県で経営していた海の家で一緒に仕事をしたことがあるという[6]

1970年テレビドラマ金メダルへのターン!』にレギュラー出演[2]

1972年放送の特撮テレビドラマレインボーマン』では、主人公・ヤマトタケシを演じる。オーディションには多数の応募者がいたが、澄んだ瞳が決め手となり原作者の川内康範が選んだ[3][5]。放送開始時の紹介記事では「テレビドラマは、緊張の連続なので疲れます。不安だらけなので落ち着きません」と述べていたが[2]、放送中盤である1973年4月の紹介記事では「ほかの作品と違ってストーリーが連続しているのでやりがいがあります」と述べている[3]。また、『レインボーマン』プロデューサーの野口光一は水谷について「演技力もあり童顔なのでこの種の作品には向いている」と評している[5]

1972年末にNLTを退団。東宝テレビ部の専属となる[5][1]

趣味は読書で、1973年の記事では「文学から娯楽まで乱読ですが、文字に接しないと落ち着かないところがある」として、毎晩の読書は欠かさないと答えている[5]。特技は水泳柔道で、高校時代は水泳選手だった[2][3][5]


1979年放送の新五捕物帳 第58話「ふきっ溜りの青春」長三郎役を最後に、俳優業を引退して実家の稼業「カメラの水谷(熱海市)」を継いだ。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • 弾痕(1969年、東宝) - 活動家
  • 俺の選んだ女(1976年、東宝) - 高士

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'76』VIPタイムズ社、1976年、148頁。
  2. ^ a b c d e f g h 福島民報』1972年10月7日付朝刊8面。タレント「新鮮な演技、水谷邦久」
  3. ^ a b c d e f 河北新報』1973年4月10日付朝刊8面。タレント「水谷邦久」
  4. ^ a b 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全』双葉社、2002年7月30日、91-92頁。ISBN 4-575-29442-X
  5. ^ a b c d e f サンケイ新聞』1973年1月29日付ラジオ版。タレントスコープ「幼さ残る明るい青年、まじめで演技力に安定味 水谷邦久」
  6. ^ 『スイッチオン! 人造人間キカイダー〜ジロー、旅の途中で』伴大介角川書店、2001年、128頁。ISBN 4048836943