利勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

利勇(りゆう、生没年不詳[1])は、琉球最初の王統・天孫氏を滅ぼしたとされる人物。

史記における経歴[編集]

中山世鑑』によると、利勇は天孫氏25代のとき、幼少期より取り立てられて寵愛され、壮年になると国の政治を任され権威をほしいままにしたという[1]。それが高じて、主君から王位を奪うという野心が芽生え、ある日、主君にと偽った入りのを飲ませて殺害し、自ら中山王と称した[2]。この時、浦添按司の尊敦(後の舜天)は、この出来事を知り、義兵を起こし利勇のところへ向かった[3]。尊敦率いる軍の奇襲により、城内の兵士は慌てふためき、蜘蛛の子を散らすように逃げ惑い、中には降参する者もいた[3]。利勇は戦う姿勢を見せたが、尊敦の軍勢を抑えることができず、妻子を刺し殺し、自らの腹を切り絶命した[4]。そして、尊敦は民衆からの推薦により、王となり、舜天王統を築いたとされる[5][6]

中山世譜』によれば、琉球最初の王統とされる天孫氏は、丙午の年に25代まで続いたと記している[7][8]東恩納寛惇は、その「丙午」の年は舜天が即位した1187年淳煕14年)の前年にあたるとし、すなわち1186年(淳煕13年)を天孫氏が滅亡した年としたかと述べている[9]。史記によれば、利勇が滅ぼしたのは首里に居城を構えた天孫氏の末裔としているが、与並岳生は、もし利勇の起こした乱が真実ならば、王城は首里城ではなく浦添城で、また滅ぼしたのは王ではなく按司に他ならないとしている[10][出典無効]

『椿説弓張月』にみる利勇[編集]

『椿説弓張月』の利勇(左)。弓使いに長け、農民を的にして射ていた[11]。画・葛飾北斎[12]

椿説弓張月』に登場する「利勇」という人物は、琉球の国相・「利射(りしゃ)」の甥で[13]、琉球国天孫氏25代の王「尚寧王」から政権を奪った[14]。彼は、そのいとこで「尚寧王」の妃・「中婦君(ちゅうふきみ)」と共に国政を執ったが[15]、「曚雲(もううん)」という妖僧に「尚寧王」と「中婦君」は殺害され[16]、「利勇」は南風原へ逃亡、「陶松寿(とうまつじゅ)」を軍師にして「曚雲」討伐の機会をうかがっていた[13]。しかし、「陶松寿」と琉球に渡った「為朝」らは、殺された「毛国鼎(もうこくてい)」の子供である「鶴・亀」兄弟に父の敵として、「利勇」を討たせた[17]

曲亭馬琴作の『椿説弓張月』は、特に、1765年明和2年)に出版された徐葆光著『中山伝信録』の和刻本と、それを読みやすく抜き出して書き直した森島中良の『琉球談』(1790年寛政2年〕)の2つから、登場人物のモデルを多く採用している[18]。前述した『椿説弓張月』に登場する「利勇」は、天孫氏25代を滅亡させた利勇がモデルであるが、作中における最大の敵は彼ではなく、馬琴が作り上げた「曚雲」である[19]。琉球の血を排除した「舜天丸(すてまる)」が王位に就き、また、為朝が「曚雲」を倒した後に「帰郷(作中では霊に迎えられ雲の中へ消失)」するという『中山世鑑』と異なる設定をしているのは、『椿説弓張月』が大和による琉球征服を主題にしているからである[20]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 嘉手納宗徳「利勇」、『沖縄大百科事典 下巻』(1983年)、p.846
  2. ^ 『訳注 中山世鑑』(2011年)、p.52
  3. ^ a b 『訳注 中山世鑑』(2011年)、p.53
  4. ^ 『訳注 中山世鑑』(2011年)、pp.53 - 54
  5. ^ 『蔡鐸本 中山世譜 現代語訳』(1998年)、p.55
  6. ^ 高良倉吉「舜天」、『沖縄大百科事典 中巻』(1983年)、p.407
  7. ^ 『蔡鐸本 中山世譜 現代語訳』(1998年)、p.20
  8. ^ 小島瓔禮(「禮」は実際には、しめすへん「ネ」に「豊」)「天孫氏」、『沖縄大百科事典 中巻』(1983年)、p.865
  9. ^ 「注釈 1」、『蔡鐸本 中山世譜 現代語訳』(1998年)、p.22
  10. ^ 与並(2005年)、p.54
  11. ^ 平岩(1981年)、p.133
  12. ^ 平岩(1981年)、p.187
  13. ^ a b 椿説弓張月主要人物小事典「利勇」、平岩(1981年)、p.185
  14. ^ 椿説弓張月主要人物小事典「尚寧王」、平岩(1981年)、p.184
  15. ^ 椿説弓張月主要人物小事典「中婦君」、平岩(1981年)、p.185
  16. ^ 椿説弓張月主要人物小事典「曚雲」、平岩(1981年)、p.185
  17. ^ 平岩(1981年)、p.135
  18. ^ 島村(2015年)、p.392
  19. ^ 島村(2015年)、p.393
  20. ^ 島村(2015年)、pp.398 - 399

参考文献[編集]

関連項目[編集]