尚賢王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尚賢王
琉球国中山王
在位 1641年 - 1647年
全名 尚賢
出生 (1625-10-16) 1625年10月16日
死去 (1647-10-19) 1647年10月19日(満22歳没)
埋葬 1647年
琉球国首里玉陵
王世子 尚質王
配偶者 玉寄按司加那志
  真壁阿護母志良礼
子女 なし
王家 第二尚氏
王朝 第二尚氏王統
父親 尚豊王
母親 西之按司加那志
テンプレートを表示

尚賢王(しょうけんおう、1625年10月16日天啓5年9月15日) - 1647年10月19日順治4年9月22日))は琉球王国第二尚氏王統の第9代国王(在位:1641年 - 1647年)。生誕時から薩摩で育つ。しかし、17歳で即位後、「遠見番」をつくり、烽火の制を定めた。また、黒糖、ウコンの専売制はこの時代に始まった。

家族[編集]

  • 父 - 尚豊王
  • 母 - 西之按司加那志
  • 妃 - 玉寄按司加那志:童名・真加戸樽金、号・花囿。1630年12月22日(崇禎3年11月19日) - 1666年2月13日(康煕5年1月10日)。父は向氏浦添殿内五世越来按司朝則。
  • 妻 - 真壁阿護母志良礼:童名・真加戸樽金、号・制心。1628年1月23日(天啓7年12月17日) - 1707年5月12日(康煕46年4月11日)。 父は毛氏支流七世真壁親雲上盛辰。