英慈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

英慈(えいじ、1268年咸淳4年)? - 1313年10月10日皇慶2年9月20日)?)は琉球の歴史書に登場する王。在位:1308年または1309年 - 1313年。

概要[編集]

英祖王統の3代目であり、先代の大成の次男であり、次代の王である玉城は英慈の三男である。また、弟には、勝連城主として即位していた勝連(勝連王子)がいる。

家族[編集]

(系譜は伝記による[1]

  • 父:大成
  • 母:不詳
  • 妃:不詳
  • 世子:玉城(英慈王四男、中山世譜では三男とする)
  • 長男:浦添王子
  • 次男:西原王子
  • 三男:中城王子
    • 孫:昔中城按司
      • ひ孫:昔中城按司
        • 玄孫:昔中城按司
          • 来孫:昔中城按司
            • 昆孫:先中城按司
              • 仍孫:先中城按司
                • 雲孫:安谷屋城主
                • 雲孫:国頭世主
                • 雲孫:中城若按司
                • 雲孫:具志頭世主
                • 雲孫:八重瀬按司
                • 雲孫:名護世主
                • 雲孫:座喜味子
                • 雲孫:羽地世主

脚注[編集]

  1. ^ 東江長太郎「古琉球三山由来記集」(1989年) 那覇出版社、通俗琉球北山由来記の系譜

関連項目[編集]