汪応祖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 汪応祖
琉球国南山王
在位 1403年? - 1413年
全名 汪応祖
居城 島尻大里城
出生
死去 1413年
王世子 他魯毎
子女 別記
王朝 大里王統
父親 汪英紫
テンプレートを表示

汪応祖(おうおうそ、? - 1413年 在位:1402年または1403年 - 1413年)は琉球国の歴史書に登場する王である。

概要[編集]

大里王統の3代目であり、先代の汪英紫の次男である。14世紀末から15世紀初めの間に、豊見城(とみぐすく)を築いた。

の南京に留学した経験があり、明で見た龍舟を造って5月の始めに城下の江で競渡をしたのが爬竜ハーリー)の始まりという説がある。

1413年に、弟の栄華を恨んだ実兄の達勃期によって殺された。

系譜[編集]

  • 父:汪英紫(第2代?山南王)
  • 母:不詳
    • 兄(長男):達勃期(?〜1414?)
    • 弟(三男):屋富祖
  • 妃:不詳
    • 世子:他魯毎(第4代?山南王)
    • 次男:阿衡基・南風原按司守忠(阿姓前川家祖)[1]
    • 男子:豊見城按司
    • 男子:国吉大屋子(母は玉城家の娘)
    • 男子:座波掟(母、座波ヌルの長男)(淇姓座波家祖)
    • 男子:座波之子(母、座波ヌルの次男)(淇姓座波家祖)
    • 男子:上与座按司(子孫に屋比久仁屋三男金蔵大主・東風平筑登親雲上:敖氏に養子入り)[2]

参考文献[編集]

  1. ^ 沖縄門中大辞典・那覇出版社
  2. ^ 沖縄門中大辞典・那覇出版社

関連項目[編集]