尚忠王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 尚忠王
琉球国中山王
在位 1440年 - 1444年
全名 尚忠
居城 首里城
出生 1391年
死去 1444年12月3日(享年54歳)
埋葬 1444年
天山陵(後に読谷尚巴志王三代の墓改葬)
王世子 尚思達王
子女 尚思達王
王家 第一尚氏
王朝 第一尚氏王統
父親 尚巴志王
母親 眞鍋金(伊覇按司一世の長女)
テンプレートを表示

尚 忠王(しょう ちゅうおう、1391年洪武24年) - 1444年12月3日正統9年10月24日))は、琉球王国の第一尚氏王統・第3代国王(在位:1440年 - 1444年)。第2代琉球国王

尚巴志王の次男。尚巴志王が今帰仁城攀安知(はんあんち)を滅ぼして北山王の領土を併合すると、初代北山監守となった。1439年に尚巴志王の死去により即位した。尚忠王は使者を派遣し馬、貢物を入貢した。またジャワにも使者を派遣し、胡椒蘇木を買わしめたり、南方貿易にも力を入れた。在位わずか5年、54歳のとき崩じた。