山田庄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田庄一(やまだ しょういち、1925年9月25日[1]ー )は、古典演劇の製作者、評論家。

略歴[編集]

大阪生まれ。水落潔は実弟[2]。1947年京都帝国大学医学部薬学科卒。岐阜薬科大学助教授、毎日新聞記者をへて、66年国立劇場勤務。演出室長、芸能部副部長、調査養成部長、82年国立劇場理事。国立文楽劇場理事を務めた[3]

著書[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 松島奈巳『歌舞伎座の快人』34p
  3. ^ 『上方芸能今昔がたり』著者紹介