呉語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
呉語
繁体字 吳語
簡体字 吴语
呉語 ngu ngiu
呉語
吳語/吴语
話される国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
華僑(中国の呉語話者地域出身者)在住の国
地域 上海市
浙江省全域
江蘇省南部
安徽省南部
江西省広信区
江西省広豊区
江西省玉山県
福建省浦城県
香港北角
話者数 〜8700万人
話者数の順位 10 [1]
言語系統
表記体系 漢字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 wuu
Idioma wu.png
テンプレートを表示

呉語(ごご)または呉越語(ごえつご)は、シナ・チベット語族シナ語派言語の一つである。1991年の調査によると、呉語の話者は8700万人。

上海市浙江省の大部分、江蘇省南部、安徽省南部および江西省福建省の一部で話される。呉語の主要なグループには太湖グループ(上海語蘇州語など)、甌江グループ(温州語など)などがある。上海語と蘇州語が代表的な北部呉語とみなされる。

特徴[編集]

  • 声母
    • 清濁の対立 - 他の多くの地域で失われた中古中国語音韻体系における全濁音が保存されており、有声音声母 b-, d-, dz-, g-, v-, z-, ɦ- などが存在する(つまり、無声無気~無声有気~有声という3系統の音が対立する)。
    • 歯擦音 - 多くの地域で歯茎音[s, z, ʦ, dz, ʦʰ]しか存在しない。
  • 韻母
    • 鼻韻尾 - [n][ŋ]の区別があるが、[m]はなく[n]に合流している。[ŋ][n]に合流する傾向にある。
    • 入声 - [-ʔ]として保存されている。
  • 声調 - 一般的には六つないし七つ。ただし、上海の若年層では急減して五つとなっており、慈渓周辺ではさらに少なく、四つに減った。
    • 連続変調 - 多音節語では連続変調が発生する。特に北部呉語区の上海杭州寧波などの地域では声調よりも語頭子音の清濁と音節末の入声成分が重要視されるため、声調が音節の高低(ピッチ)という形でしか現れなく、いわゆる日本語のような「アクセント特性」が現れつつある[1]

分支[編集]

呉方言は主な三つ分支があります。北、南、西の間、お互いに理解することは難しい。西呉語を話す地域は太平天国の乱を受け、人口を失ったため江淮官話に替わった例が多い。

北呉語

  • 太湖片

南呉語

  • 金衢片
  • 台州片(「台」は簡体字ではなく、元の地名です)
  • 上麗片[2]
  • 甌江片

西呉語

脚注[編集]

  1. ^ 中国語の声調とアクセント (特集1 世界の声調・アクセント言語)、音声研究, 5(12): 18-27。金沢大学学術情報リポジトリ。
  2. ^ 曹志耘 (2002年9月) (中国語). 南部吴语语音研究. 北京: 商务印书馆. ISBN 7-100-03533-3 
  3. ^ 蒋冰冰,《吴语宣州片方言音韵研究》.上海:华东师范大学出版社,2003.ISBN 9787561732991

外部リンク[編集]