呉語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
呉語
繁体字 吳語
簡体字 吴语
呉語ngu gniu
発音記号
呉語
ローマ字ngu gniu
呉語
吳語/吴语
話される国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
華僑(中国の呉語話者地域出身者)在住の国
地域 上海市
浙江省全域
江蘇省南部
安徽省南部
江西省広信区
江西省広豊区
江西省玉山県
福建省浦城県
香港北角
話者数 〜8700万人
話者数の順位 10 [1]
言語系統
表記体系 漢字
言語コード
ISO 639-1 zh
ISO 639-2 chi (B)
zho (T)
ISO 639-3 wuu
Idioma wu.png
テンプレートを表示

呉語(ごご、グニュ、Ngu-Gniu)または呉越語(ごえつご、グヨッニュ、Nguyoq-Gniu)は、シナ・チベット語族シナ語派言語の一つであり、呉越民系に使用されている言語である。主に中国の南部で使用され、上海市浙江省の大部分、江蘇省南部、安徽省南部および江西省福建省の一部で話される。呉語の主要なグループには太湖グループ(上海語蘇州語など)、甌江グループ(温州語など)などがある。北部が官話区と直接接しており、西は贛語区、南は閩語区に接している。上海語と蘇州語が代表的な北部呉語とみなされる。地形や歴史的事情により、呉語の大きな特徴として、異なるグループの違いが非常に大きく、ほぼ会話が通じないことにる。

1991年の調査によると、呉語の話者は8700万人と、母語話者数が世界第10位である。中華圏においては、漢語(8億8500万)に次いで話者数の最も多い言語であり、粤語よりも話者数が多い。しかしながら、標準語(官話/漢語)の普及運動により、現在、その言語は伝承の危機に直面しており、母語を使用できない呉語区の子供が非常に多い。

シナ語派及び中国以外の漢字語を使っている諸言語の中で、呉語は中古漢語の濁音子音を体系的に保存しており、且つ濁音、無気清音、有気清音の三者鼎立を保っている唯一の言語である。(日本語の呉音には濁音があるが、漢音との混用や、慣用音による清濁互換などがあり、体系的ではない。)

明清時代の呉語の通用語は蘇白であり、蘇州弁白話に近いが呉語文読の特徴を持つ総合的な共通語である。しかし、近代になってからは、通用語は上海弁に変わった。呉語の語彙と文法には独特な特徴がある。例えば、呉語で書かれた小説『海上花列伝』は呉語話者以外はその深い内容と意味を理解することがほぼ不可能であろうと考えられている。

分支(方言)[編集]

呉語と現代漢語(官話)の違いが非常に大きく、会話することがほぼできない。

呉語には主な分支が三つある。北、南、西の間、お互いに理解することは難しい。太湖片北呉語は共通度が比較的高く、同片の異なる地域の話者同士がほぼ不自由なく会話することができる。

以下のように、6つの「片」(あるいは6つの「方言」ともいえる)に分けることができる。

北呉語

  • 太湖片

南呉語

  • 金衢片
  • 台州片(「台」は簡体字ではなく、元の地名です)
  • 上麗片[1]
  • 甌江片

西呉語

歴史[編集]

古代、呉地域の住民は百越族であった。 中国の部族が南下し、古代中国語の中の呉越の土着言語が古漢語の影響を継続的に受けて徐々に古代呉語が形成されていった。 元時代末期から明時代初期にかけての『南村落録』は、呉語文学の音系を記録する初期の民間文献である。 明代の馮孟隆が編集した「山歌」を見ると、当時の呉語の語彙、文法が基本的に今日の輪郭を形成していることがわかる。

春秋戦国時代、中国南部には呉と越という2つの国が誕生した。 呉と越は2つの国でありながら、同じ言語と習慣を共有していた。 春秋戦国時代、呉や越の言葉は中原の言葉とは相容れないものとして、野蛮人とされていた。現在の呉語は古代の越語とは異なり、越語は東タイ語族に属する言語で、呉語は漢語族の言語です。この2つの言語は性質も起源も異なります。 やがて楚の国が長江に沿って下流に拡大していく過程で、呉も越も滅び、楚の言語がこの地域に入ってきた。

呉語は、秦や漢の時代に着実に発展した。 秦や漢の時代、郡ができて軍隊が駐屯するようになると、移民は主に呉(現・蘇州)、回族(現・紹興)、万齢(現・宣城)、茂霊(現・南京)などの重要な町に定住し、言葉もこれらの場所を中心に発展していた。

六朝時代は、呉の言葉が定着した時代です。 三国志の時代には、孫権が孫悟空を建国し、呉語圏である江東が政治の中心となった。 呉の言葉が話されていた江東の人々が政治の中心となり、江南の人々は呉の人々と呼ばれた。 "呉の人"、"呉の言葉"、"呉の方言 "という概念が初めて形成された。 この頃、建業(現在の南京)周辺はまだ純粋な呉語圏であり、南朝の音楽院では呉語で歌われ、典型的な呉語の歌詞「儂」が保存されていたのである。

また、南北朝時代の中古呉語は日本語に大きな影響をもたらしていた。漢字の呉音、南北朝時代の5世紀から6世紀にかけて、南方から直接、あるいは朝鮮半島(百済)を経由して日本に伝わったと一般的に考えられている。南朝は、現在の中国の揚子江の南側の地域に相当し、首都や支配の中心は揚子江デルタ、つまり呉の地にあった。 呉音は日本語に溶け込んでいたので(基本的な語彙によく使われていた)、古代には「和音」と呼ばれていた。後程の唐の時代の長安漢語の漢字音を基準にして「漢」と呼んだため、他の地域、特に長江以東の地域の音を「呉音」と呼んでいた。現代呉音と呉語には共通しているところが多い。例えば、「匣母合口字」(例:華、話)は呉音と現代呉語の大半の地域での子音はwだが、現代漢語(官話)ではhが多い。「日母字」(例:二、耳)は呉音と現代呉語の大半の地域での子音はnだが、現代漢語(官話)ではほぼ全てrである。

隋の時代、揚州の経済的・文化的な発展を成し遂げ、煬帝もそこで呉の言語を習得していた。 当時、呉語が使用されていたのは淮河流域に限られており、淮南を「呉越」と呼ぶことが多かった。 また、唐代の韻文集にも呉語の記録が散見される。 例えば、王仁礼の『刊謬補缺切韻』には、「髈,普浪反,髀,吳人云」があり、蘇州では今でも "脚"のこと「髈」(phang、音「胖」上聲)と呼ばれている。

唐の時代は、国が安定して繁栄していたため、呉語の定着と分化が進んだ。 開汀、開漳の時代になると、呉閩両言語の境界がはっきりしてきて、閩語の形成と定着が見られるようになる。

宋の時代には、呉語は統合されただけでなく、現在の北片と南片の対立をほぼ形成した。 靖康の乱で宋室が南に渡り、中国北部からの移民が大量に杭州に入ってきたため、杭州方言は漢語の訛りを帯びるようになり、白読が大量失われ、周辺の呉語との違いを開いた。

蘇州の経済と文化は徐々に発達し、明清の時代には全国に影響を与えるほどの繁栄を遂げた。 呉の話し言葉は、馮孟龍(1574-1646)が編纂した『山歌』などの文書記録に現れている。 最初の9巻は呉語で書かれていた。 呉の方言は他にも、馮孟龍の『三言』、梁晨雨の『浣紗記』、馮孟龍の『墨憨齋定本傳奇』、李煜の『清忠譜』などに見られる。明朝末期の中国では、呉語を話す人が人口の2割を占めていた。当時の呉語の話し言葉を記録したのが、呉語小説『道上之遊』です。 清朝末期から中華民国初期(19~20世紀)には、『海の花の伝説』や『九尾の亀』などの「蘇白小説」(「呉語小説」とも呼ばれる)や、『呉歌集』などの民謡集が数多く出版されました。 古代の書き言葉は文言(漢文、上古漢語)だったが、清朝末期に『海花伝』は初めて漢文と呉語の両方で書かれた。やがて、西呉語を話す地域は太平天国の乱を受け、人口を失ったため江淮官話に替わった例が多い。

中華民国時代に入ると、上海が都市として発達し、蘇州弁に代わって上海弁が呉語の代表的な言語となった。 また、『耶穌傳』のように呉語の話し言葉で書かれた本もある。 しかし、「国語」(北京語をベースとした官話)が普及し、学校でも国語で授業が行われるようになると、その影響力は低下していった。

今、呉語の存続はかつてないほどの困難に直面しています。 現在の中国大陸では、「普通話」の普及政策が常に言語の存続を抑圧しており、しかもかなり多くの人々が呉語を重要視していないため、使用者が減り、使用範囲が狭くなっているのである。 政治的な価値があるために大事にされていた広東語(対香港)や閩南語(対台湾)、あるいは北京語に近い北部の官話とは異なり、呉語の価値は長い間重視されていない。呉語は1990年代から放送やメディア、社会サービスでの使用頻度が低下していき、 これは、ほとんど呉語の言語教育を受けていない現地の子供たちや「外地人」が多数を占めていたため、一般の人々にとって、呉語での番組やサービスが受け入れられなかったことが原因となる。 「普通話政策」は中国語の代わりに呉語を使うことを禁止するものではなく、学校での呉語の使用を厳しく制限することで、言葉を理解しない、あるいはその存在さえ知らない若い世代を作るというねらいであった。 このアプローチは、「安楽死」の戦略とも批判されている。 現在、浙江省北部、上海、江蘇省南部を中心とした呉語圏は縮小の危機に瀕しており、人口の半分は北京語しか話せない。 また、これらの地域の若者の半数以上が、呉語でのコミュニケーションを全くしていないという調査結果も出ている。 浙江省の南呉語、西呉語もどんどん弾圧されている。 何かの対策を講じなければ、近い将来、元々の世界10位の話者数を持つ呉語が絶滅に陥ってしまうことが起こり得るであろう。


音韻[編集]

地方によって発音がかなり異なる場合があるが、たいていの場合、対立関係が一緒なので、同じローマ字で表すことができる。下の発音は、主に北呉語(太湖片)の主流の発音を準拠としている。

声母(子音)[編集]

調音部位 国際音声記号IPA 吳語ピンイン

(呉語学堂式)

吳語ローマ字 吳語ラテン式

注音法(法吳)

趙元任

吳語音韻

ローマ字

例字
脣音 p p p p b 包辺波八
ph ph ph p 喷飘破匹
b b b b bh 排皮步白
f f f f f 方飞费福
v v v v v 房冯微伏
m m m m m 忙米问木
舌面音 ʨ c(i) c(i) c j 京鬼交菊
ʨʰ ch(i) ch(i) ch ch 欺劝巧却
ʥ j(i) j(i) dj dj 棋群穷局
ɕ sh(i) sh(i) x sh 虚晓训血
ʑ r zh(i) j zh 如柔然入
ȵ gn (ni) gn gn 娘女宜肉
舌頭音 t t t t d 东低短跌
th th th th 汤天贪塔
d d d d dh 唐甜团达
n n n n n 南暖努纳
齒音 ʦ ts tz tz tz 糟猪战作
ʦʰ tsh ts ts ts 草妻穿拆
ʣ dz dz dz dz 才曹全族
s s s s s 山西生色
z z z z z 邪社儒宅
l l l l l 来连乱落
牙音 k k k k g 高姑瓜各
kh kh kh k 开宽肯哭
g g g g gh 共狂轧搿
ŋ ng ng ng ng 岸饿咬外
喉音 h h h h h 海火荒黑
ɦ gh gh r hh 孩效也月
喉音 ʔ 零表記 零表記 零表記 零表記 暗安愛悪
  • 清濁の対立 - 他の多くの地域で失われた中古中国語音韻体系における全濁音が保存されており、有声音声母 b-, d-, dz-, g-, v-, z-, ɦ- などが存在する(つまり、[t][tʰ][d]のように、無声無気~無声有気~有声という3系統の音が鼎立する)。そのほかの漢語系言語ではほとんど清音化された。呉語の濁音の数は中古漢語の特徴をほぼ保っている。そのため、呉語の子音の数は漢語系の中で最も多く、通常30個程度であるが、最も少ない閩南語は16個、広東語は17個しかない。
  • 歯擦音 - 多くの地域で歯茎音[s, z, ʦ, dz, ʦʰ]しか存在しない。
  • 蘇州の文読と杭州弁を除き、「日泥孃」(それぞれgnieq, gni, gnian)三子音は区別しない。通常はnで、/i//y/の後ろに来たら口蓋化して[ȵ](gn)になる。
  • 疑母は鼻音を保っており(/i//y/の後ろの「疑」ならgnに口蓋化し「泥」と混同)、「以」「影」「云」等は混同しない。(ʔとɦの対立)上海“鰐”[ŋʱoʔ2]≠“悪”[ʔoʔ5],“藝”[ȵʱi113]]≠“異”[ʱji113]
  • 「泥来」母(nとl)は混同しない(南方では呉語、一部の客家語と一部の粤語で「泥来」母が区別されている)
  • [l]、[m]、[n]、[ȵ]、[ŋ]には清濁の対立があり,それぞれ陰陽の声調に対応している。清濁対立の一部と見なすことができよう。

韻母[編集]

国際音声記号(IPA) 呉語ピンイン呉語学堂式 呉語協会呉語ローマ字

通用吴语拼音アーカイブ 2011年7月24日 - ウェイバックマシン

趙元任

吳語音韻羅馬字

a a a a
æ、ᴇ、ɛ ae ae an
æʔ aeq aeh aq
ɑʔ aq ah aq
ai ai ai
ɔŋ aon aon ang
ã、ɑŋ an an áng
ɔ au au ao
ᴇ、ɛ、e e e on
əʔ、ɪʔ、eʔ、iɪʔ eq eh eq
əi ei ei é
ən、ɪŋ、əŋ en en eng
ɤ、əɯ eu eu ou
ə̃、ẽ、ø̃ oen eun en
i i i i
iɛ、iɪ、iᴇ ie ie ien
iəʔ、iɪʔ iq ih iq
in、ɪɲ in in ing
y iu iu iu
yiəʔ、yiɪʔ iuq iuih iueq
yin、yɪɲ iun iuin iuing
o au(oo) o o
oʔ、ʊʔ oq oh oq
õ、oŋ、ʊŋ on on ong
əu ou ou ou
u u u u
ɿ y y y
ʮ yu yu ÿ
m m m m
n n n n
ŋ ng ng ng
əl er r el
太湖片上海音系吳語韻母表
開口呼(韻部) 合口呼(u介音) 斉歯呼(i介音) 撮口呼(iu介音)
      u   [u]

布婆夫符

  i   [i]

非姊低基

  iu   [y]

居渠虚羽

      yu   [ʮ]

知吹书时

  y   [ɿ]

资次师是

   
  a   [ɑ]

爸他洒卡

  ua   [uɑ]

哇娃

  ia   [iɑ]

借家写雅

   
  o   [o]

巴茶花哑

  uo   [uo]

瓜跨花话

  io   [io]

   
  ou   [əu]

租多土河

           
  e   [e]

班追丹改

  ue   [uᴇ]

关灰块弯

       
  oi   [ɔi]

排拉街蟹

  uoi   [uɔi]

怪快歪淮

       
  ei   [ei]

杯配内累

  ui   [ui]

归葵危回

       
  au   [æ]

包超刀高

      iau   [iæ]

苗焦刁要

   
  eu   [øʏ]

否州丢狗

      ieu   [iʏ]

九丘牛休

   
  aen   [æ]

蛮谈山间

  uaen   [uæ]

关宽环还

  ie   [iɪ]

边尖天也

   
  oe   [ø]

半专端甘

  uoe   [uø]

官宽欢换

  ioe   [iø]

捐原圆鸳

   
  en   [ən]

本春能根

  un   [uən]

滚昆混温

  in   [in]

宾平心英

  iun   [yən]

军群训云

  an   [ã]

浜张打硬

  uan   [uã]

  ian   [iã]

想良姜央

   
  aon   [ɑ̃]

帮糖康装

  uaon   [uɑ̃]

光狂荒汪

  iaon   [iɑ̃]

   
  on   [oŋ]

风东工翁

      ion   [ioŋ]

穷浓凶泳

   
  aeq   [aʔ]

袜杀搭鸭

  uaeq   [uaʔ]

刮甩滑挖

  iaeq   [iaʔ]

  iuaeq   [yaʔ]

  aq   [ɑʔ]

百拆客压

      iaq   [iɑʔ]

掠虐侠脚

   
  oq   [oʔ]

八足各恶

      ioq   [ioʔ]

觉曲局浴

   
  eq   [əʔ]

不哲得割

  uq   [uəʔ]

骨阔忽活

  ieq   [iəʔ]

笔即跌吉

  iuq   [yəʔ]

粤桔缺月

  r   [əl]

儿而

  n   [n]

  m   [m]

呒亩

  ng   [ŋ]

吴鱼五

  • 呉語の母音は単母音中心であるため、短母音は官話に比べて比較的多い。上海各地の呉語方言は平均的に10から16個有しており,20個まである方言もあり,それは世界中単母音最も多い言語である[3]。官話の漢字音のai,ei,ao,ou等は複母音であるのに対し,北呉語のそれと大体対応関係を為している[ɛ]/[ø] [e] [ɔ] [o]などは単母音である。
  • 蟹摂一、二等の韻は異なる、例えば山陰来[le 31] ≠頼[la 1]。
  • 咸、山摂見系一、二等韻は異なる、例えば上海“官”[kwø52]≠“関”[kwɛ52]
  • 梗摂二等字白読と梗摂三、四等、曾摂とは混同しない,例えば上海“撑”[ʦʰã335]≠“称”[ʦʰəŋ335]
  • “打”上海[tã335]の韻母は“冷”上海[lʱã113]と同じ、古音“德冷切”に合致する。
  • “大”の口語は“唐佐切”と読むことが多い,例えば上海[du113]山陰[do11]
  • 入声 - [-ʔ]として保存されている。入声韻尾の[p][t][k]の対立を全く失ったが、大多数の地方では入声と非入声とは混同しない。
  • 鼻韻尾 - 大半の地域では[m][n][ŋ]の対立が全く失い、条件異音として鼻母音と[ŋ]に合併された。一部の地域では[n][ŋ]を区別する。
  • [l]、[m]、[n/ȵ]、[ŋ]は自ら音節になることがある。

声調[編集]

単字調

  • 呉語の単字声調の種類数は8声調を基準とし、方言によっては増減あり。8声調系統は中古漢語の平上去入四声がそれぞれ更に声母の清濁によって陰陽に分ける。8声調備わった地域では(例えば紹興や常熟),中古音全濁上声と全濁去声とは混同せず,中古音次濁上声と同類合併して陽上となる。それ以外のほぼすべての漢語の分支では中古音濁音上声が2類に分かれ,その大多数が全濁上声→去声と変わった。(例えば「上」は全濁上声だったが、北京官話と広州粤語では清音去声となったのである。)
  • 多くの地域では合流が起こり,声調の数が8以下となった。上海では陽上、陽平と陽去が合併し、陰上と陰去が合併したため、五個の単字声調(陰平、陰去、陽去、陰入、阳入)しかない。慈渓周辺ではさらに少なく、四つに減った。
各地吳語調値表
太湖片

毗陵小片

陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

常州老派 44 213 334 512 224 5 23
常州中派 44 213 334 511 224 5 23
常州新派 44 213 334 51 24 5 23
宜興 55 13 52 45 424 31 5 2
宜興 55 223 51 24 324 231 45 23
溧陽 445 323 52 224 412 231 上55

下223

22
金壇溪崗鎮 31 35 323 44 4
金壇老派 435 31 33 22 35 24 45 32
丹陽 22 213 44 324 41

31

3 24
丹陽 33 24 55 11 3 5
丹陽老派 22 213 44 324 3 24
丹陽童家橋 42 31 324 45 113 5 24
靖江 433 223 334 51 31 5 34
江陰 51 31 45 435 223 5 12
通州金沙 24 213 44 52 31 32 24
海門 54 24 424 241 34 314 55 23
海門四甲 44 13 51 31 34 21 34 44
啟東 54 24 435 241 445 213 55 23
蘇滬嘉小片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

蘇州 44 24 41 513 331 4 23
蘇州 44 223 51 412 231 5 23
蘇州 44 13 52 412 31 5 2
蘇州 44 13 52 412 31 5 3
蘇州 44 23 52 412 31 5 23
吳江黎里鎮 44 24 全清51

次清334

32 全濁413

次濁324

213 上5

下34

23
吳江盛澤鎮 44 24 全清51

次清334

223 全濁413

次濁313

212 5 2
崑山 44 132 52 412 312 5 23
崑山老派 44 233 52 221 512 213 5 12
崑山中派 44 24 / 23 52 221 512 223 5 12
崑山新派 44 24 52 21 223 5 12
無錫 55 14 324 33 35 213 5 2
無錫 544 14 323 33 34 213 5 23
無錫 44 24 52 31 424 213 5 23
無錫 53 13 323 232 35 13 5 23
常熟 52 233 44 31 324 213 5 23
常熟 53 24 44 31 424 213 5 23
上海 53 3B 3A 34 14 5 2
上海 52 3B 3A 334 113 5 23
上海老派 52 3B 44 334 113 5 23
嘉定 53 31 34 13 5 2
寶山霜草墩 52 231 434 213 5 23
寶山羅店鎮 52 231 434 213 5 23
寶山羅店鎮老派 52 231 435 44 213 5 23
南匯新派 53 13 35 5 23
南匯周浦鎮 52 113 44 335 5 23
南匯周浦鎮老派 52 113 44 323 335 25 5 23
奉賢 53 31 334 113 5 3
松江 53 31 44 22 35 13 5 3
松江 52 231 44 22 335 113 5 23
青浦 53 41 44 35 13 5 2
崇明 55 24 424 242 33 313 5 2
嘉興 52 231 全清44

次清324

22 334 223 54 12
平湖 55 24 424 242 33 313 5 2
苕溪小片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

湖州 44 12 52 31 25 13 5 2
湖州雙林鎮 44 113 53 231 334 24 54 23
杭州小片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

杭州 323 212 51 334 113 5 2
杭州 323 212 51 334 113 5 12
蕭山

(方言1999.51)

44 23 34 13 53 31 5 2
臨紹小片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

紹興山陰 52 13 52 31 55 22 5 23
紹興 51 231 335 113 33 11 45 12
紹興老派 52 231 335 113 33 22 5 23
紹興新派 52 231 334 113 33 22 5 23
諸暨王家井 544 233 52 231 5 12
諸暨王家井老派 544 233 52 231 22 5 12
嵊縣崇仁鎮老派   523 313 42 223 325 14 45 12
嵊縣崇仁鎮中派 533 312 443 223 324 14 45 12
嵊縣崇仁鎮新派   533 312 443 22 324 14 45 12
嵊縣太平鄉   523 312 42 22 35 13 45 12
餘姚 324 435 52 113 5 23
餘姚中派 324 435 4 113 5 23
餘姚老派 324 231 435 44

52

113 5 23
桐盧縣 43 13 55 53 24 5 12
桐盧縣分水鎮   44 22 53 324 13 5 12
桐盧縣北鄉 433 23 55 13 54 22 51 12
桐盧縣上南鄉   434 112 44 55 34 5 12
桐盧縣下南鄉   433 232 545 434 23 4 2
桐盧縣新合鄉   433 23 554 22 55 212 5 1
慈溪 445 223 1A 1B 1A 1B 5 2
新昌 432 212 53 33 45 24 5 2
甬江小片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

寧波 52 255 325 44 113 5 23
寧波新派 52 3B 325 3B 113 5 23
鄞縣 53 22 34 44 13 5 12
舟山 53 22 35 24 44 13 5 12
定海城關老派 53 22 334 223 44 13 5 12
鎮海 53 221 35 13 44 13 5 2
嵊泗 53 342 334 223 53 113 4 2
台州片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

黃岩老派 433 / 423 311 / 312 533 / 523 44 213 5 12
黃岩中派 423 311 / 312 533 44 113 5 12
黃岩新派 231 533 44 113 5 12
溫岭 33 31 42 55 13 5 1
玉環鮮疊 33 31 45 34 42 22 213 212
婺州片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

金華 334 313 535 2A 55 14 4 212
金華老派 435 213 544 312 45 24 4 2
金華中派 435 213 / 324 544 45 24 4 2
金華新派 435 213 / 324 544 45 24 3 / 4 2 / 43
金華湯溪 24 11 523 13 52 242 4 2B
湯溪 24 11 535 113 52 341 55 2B
蘭溪 33 21 534 2A 45 24 34 12
浦江 33 213 53 31 445 13 334 223
義烏 33 213 53 31 55 13 1A 1B
東陽 33 113 55 22 53 13 434 212
東陽 334 113 54 14 45 1B 1A 1B
磐安 445 213 434 全濁244

次濁2A

52 14 2A 1B
磐安 44 113 334 2423 53 241 2A 1B
永康 44 22 35 13 52 241/24 2A 2B
永康 44 22 35 13 52 241 / 24 52 13
永康 44 322 434 324 54 214
武義 24 213 55 13 53 31 5 212
處衢片

處州小片

陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

麗水 24 11 544 全濁1B

次濁2A

52 231 5 23
松陽 51 31 214 22 35 13 5 2
宣平 24 323 44 223 53 31 5 2
縉雲 334 231 53 31 554 213 423 35
雲和 324 423 53 21 55 223 5 24
雲和

(方言1998.291)

315 424 53 21 55 22 5 24
雲和 324 423 53 全濁21

次濁2A

55 223 5 24
青田 334 211 354 243 33 22 43 32
青田 445 211 454 343 33 22 42 21
景寧 423 312 33 31 45 13 5 23
龍泉 335 211 52 2A 44 113 54 23
慶元 334 52 33 221 11 31 5 34
龍衢小片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

衢州 434 323 45 53 231 5 12
衢州 434 323 45 53 31 5 12
龍游 434 21 45 213 52 231 5 23
龍游 434 21 45 213 52 231 5 23
開化 45 341 53 全濁3B

次濁2A/3B

423 212 5 24
遂昌 55 221 52 13 334 212 5 23
遂昌 55 221 52 13 334 212 5 23
廣豐 445 231 52 214 424 223 5 23
廣豐 45 341 52 24 424 23 5 23
江山 44 313 343 33 52 31 5 3
江山 33 332 334 22 53 31 5 2
常山 45 341 52 24 423 212 5 34
常山 44 31 53 13 223 112 5 2
上饒 55 312 53 31 523 212 5 3
玉山 33 24 45 22 52 31 5 23
東甌片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

溫州 33 31 35 24 42 11 313 212
溫州 44 31 45 24 42 11 23 12
溫州 44 31 45 24 42 11 23 12
溫州 44 231 35 24 52 22 423 323
溫州 44 31 45 34 42 22 323 212
永嘉 44 31 454 243 42 22 34 213
樂清 44 31 45 24 42 22 323 212
瑞安 44 31 45 24 42 22 323 212
洞頭 44 31 45 34 42 22 323 212
洞頭 44 31 45 34 42 22 323 212
平陽 44 31 54 全濁243

次濁2A

42 22 34 213
蒼南 44 21 54 全濁45

次濁2A

42 22 24 213
文成 445 113 454 324 334 313 24 213
泰順 213 53 344 全濁31

次濁2A

35 22 5 2
浦城 35 213 44 全濁2B/3B

次濁54

423 21 32 4A
宣州片 陰平

1A

陽平

1B

陰上

2A

陽上

2B

陰去

3A

陽去

3B

陰入

4A

陽入

4B

高淳 55 22 33 全濁24

次濁1A

34 全濁24

次濁3A

33 13
涇縣茂林 55 3A 11 31 35 53
涇縣厚岸 11 3A 412 3B 35 31 5 31
寧國南極 55 全濁13

次濁11

325 214 31 5 全濁2B

次濁2A

連続変調

  • 呉語の連続変調現象は東アジアで最も豊かであると言われている语2つ以上の声調が連続すると、1つの連続単位を構成しており、その中の各々の字の声調はその単独声調とは異なる場合がほとんどである。特に北部呉語区の上海杭州寧波などの地域では声調よりも語頭子音の清濁と音節末の入声成分が重要視されるため、声調が音節の高低(ピッチ)という形でしか現れなく、いわゆる日本語のような「アクセント特性」が現れつつある[4]

呉語が話されるとき、文、またはフレーズの最初の単語だけが元の調を維持し、それ以降の単語は、最初の単語の調(多くの場合、最初の単語でさえも調を変えなければならない)と話し手が伝えたい意味によって、連続変調で変わる。 このような変化現象は広範囲にわたっており、つまり、文、フレーズ、単語といった音声の単位を超えている可能性があるため、「広式連続変調」と呼ばれています。 これは、これまで不均一だった音調を平坦にすると同時に、単語やフレーズの中の単語間のつながりを強め、全体として見えるようにする傾向がある(英語の単語や、複数の単語や語源から形成された新語を思い浮かべてみられたい)。

脚注[編集]

  1. ^ 曹志耘 (2002年9月) (中国語). 南部呉語語音研究. 北京: 商務印書館. ISBN 7-100-03533-3 
  2. ^ 蒋冰冰,《呉語宣州片方言音韻研究》.上海:華東師範大学出版社,2003.ISBN 9787561732991
  3. ^ 说"乡下话"不丢脸 奉贤"偒傣话"20个元音成世界之最 アーカイブ 2013年4月21日 - ウェイバックマシン,东方网,2012-04-12,2012-12-20导入。
  4. ^ 中国語の声調とアクセント (特集1 世界の声調・アクセント言語)、音声研究, 5(12): 18-27。金沢大学学術情報リポジトリ。

外部リンク[編集]