甘溝語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
甘溝語
甘沟话
話される国 中国
地域 青海省民和回族トゥ族自治県
話者数 1万2000人(1990年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-3
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

甘溝語(かんこうご)はモングオル語(土語)やアムド・チベット語の影響を強く受けた官話に属する言語である。近隣の少数派言語の影響を受けた青海省の農村部を代表する漢語の一種である[1]

甘溝語は甘粛省に近く、青海省の東部の民和回族トゥ族自治県で話されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Feng Lide and Kevin Stuart, "Interethnic cultural contact on the Inner Asian frontier: The Gangou people of Minhe County, Qinghai." Sino-Platonic Papers 33 (1992), pp 4–8.[1]