江淮官話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主な分布地域

江淮官話(こうわいかんわ、簡体字: 江淮官话、英語:Lower Yangtze Mandarin)は、中国語の北方方言(官話とも呼ばれる)の一種で、主に中国東部の江蘇省の中部、安徽省の中部、湖北省の東部、江西省の北部で話されている。呉語贛語中原官話西南官話からの影響を多く受けていた。下江官話、下江方言とも呼ばれる。

統計によれば、江淮官話の話者人口はおよそ7000万人で、呉語広東語の話者人口数にほぼ相当する。

分布[編集]

下位方言[編集]

下位方言として以下の3個が挙げられる。

特徴[編集]

  • 大部分の官話と違い、入声が残っている。通泰片と洪巣片の大部分では声門閉鎖音[-ʔ]として現れる。黄孝片など他の地域では声調の調値の違いだけが残っている。
    • 通泰片では入声が陰入と陽入の2つに分けている。
  • 他の官話方言と同様に、清音濁音の区別が存在しない。中古音の全濁声母の一部が有気音で発音する。
  • 西南官話と同じように、軟口蓋鼻音ŋ末尾はピンイン「i」,「e」の後ろでは保たれず、 歯茎鼻音nと発音される。ピンイン「b」「p」「m」「f」の後の「eng」は「ong」と発音される。
  • 多くの地域では歯茎音s, ʦ, ʦʰそり舌音ʂ,ʈʂ, ʈʂʰの区別が存在しない。普通話で区別のある字はいずれも歯茎音で発音する。
  • 江蘇省揚州市郊外と塩城市、湖北省の武穴市黄梅県蘄春県などの地域以外は歯茎鼻音n歯茎音lを区別しない。ただし、「i」の前だけで区別する地域もある。
  • 多くの地域では声母の軟口蓋鼻音ŋ三十六字母の疑母)と声門閉鎖音ʔ(三十六字母の影母)の混同が見られる。ピンイン「a」、「o」の前ではŋ、「i」、「u」の前ではʔと発音する地域もある。
  • 黄孝片では成音節子音円唇化有声そり舌摩擦音[ʐ̩ʷ]が見られる。(「魚」「菊」など)
  • 通泰片・洪巣片の多くの地域では二重母音単母音化が見られる。
  • 多くの地域では連続変調が起こる。
  • 通泰片・黄孝片では去声が陰去と陽去の2つに分けている。

参考項目[編集]