シナ語派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シナ語派
話される地域: 東アジア
言語系統: シナ・チベット語族
 シナ語派
下位言語:
ISO 639-5: zhx

シナ語派(シナごは)は、シナ・チベット語族の一語派で、チベット・ビルマ語派とともにこの語族を構成する。漢語派、漢・ペー語派ともいう。

シナ語派はしばしば広義の中国語官話粤語閩語等の総称)と同義語とされ、もう一方のチベット・ビルマ語派は言語系統というよりも中国語以外のシナ・チベット諸語の総称という側面もあった。しかし、1948年以降の研究の進展で、従来チベット・ビルマ語派とされてきたペー語が他のチベット・ビルマ諸語より中国語に近いとする説も唱えられるようになり、この説に従えばシナ語派は中国語とペー語から構成されることになる。

歴史[編集]

ペー語をシナ語派と仮定した場合、中国語とペー語はおおよそ上古漢語の時代(代)に分かれたと考えられている。

閩語は、中古漢語代)以前に他の中国語諸方言と分かれたと考えられている。これは閩語の音体系に、切韻の音体系と合致しない部分があるためである。

閩語以外の中国語諸方言の音体系は、いずれも切韻の音体系に合致しているため、中古漢語から分かれたと考えられている。

分類[編集]

下記の分類は一例である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]