建甌語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
建甌語
Gṳ̿ing-é-dī / 建甌事
発音 IPA: [kuiŋ˧˧ ɪ˥˦ ti˦˦]
話される国 中華人民共和国の旗 中国
地域 福建省南平市建甌市
話者数 200万(1992年)
言語系統
表記体系 漢字
建州ローマ字
言語コード
ISO 639-3
テンプレートを表示

建甌語(けんおうご、閩北語の発音:[kuiŋ33 ɪ54 ti44]、ローマ字:Gṳ̿ing-é-dī、漢字:建甌事)は、閩北語東片の代表的な方言である。通用地域は福建省南平の建甌市一帯。閩北語の標準発音とされている。建甌語の標準的な発音は一般的には建甌(芝城)の城関話とされ、建甌全域で通じる。建甌語の下には建安話と甌寧話の二つの方言がある[1]

発音[編集]

建州八音』(1795年編纂)の記載によれば、建甌語の声母は15個、韻母は34個、声調は7つである。 ただし、福建の学者による1984年の調査によれば、今日残っている声調は6つのみである[2]

声母[編集]

左側には国際音標記号(IPA)。例字に続き、かっこ内は建寧ローマ字の書法である。

建甌語の声母
  唇音 歯茎音 軟口蓋音 声門音
鼻音 m 問埋 (m) n 日乃 (n) ŋ 語艾 (ng)
破裂音 無声無気音 p 邊拜 (b) t 直蹄 (d) k 求介 (g) ʔ 鶯埃 (不標)
無声有気音 坡派 (p) 他替 (t) 氣概 (k)
摩擦音   s 時細 (s) x 非瞎 (h)
破擦音 無声無気音   ts 曾在 (c)  
無声有気音   tsʰ 出差 (ch)  
接近音   l 柳來 (l)  

韻母[編集]

左側には国際音標記号(IPA)。例字に続き、かっこ内は建寧ローマ字の書法である。

建甌語の韻母表
開韻尾 母音韻尾 鼻音韻尾
開口呼 a 鴉茶 (a) ɪ 歐茅 (e) ɛ 壓臍 () œ 而兒 () ʊ 禾梅 (o) ɔ 荷峨 () [ai] 矮犁 (ai) [au] 襖柴 (au) [aŋ] 含南 (ang) [aiŋ] 恩田 (aing) [eiŋ] 音人 (eng) [œyŋ] 云種 (e̤ng) [ɔŋ] 溫囥 (o̤ng)
斉歯呼 i 衣時 (i) [ia] 野舍 (ia) [iɛ] 熱㓟 (ie) [iɔ] 約茄 (io̤) [iau] 腰橋 (iau) [iu] 優油 (iu) [iŋ] 煙年 (ing) [iaŋ] 營正 (iang) [ieiŋ] [iɔŋ] 央陽 (iong / io̤ng)
合口呼 u 烏吳 (u) [ua] 窩過 (ua) [uɛ] 哀麻 (uoi) [uai] 歪發 (uai) [uiŋ] 安蟠 (uing) [uaŋ] 汪黃 (uang) [uaiŋ] 凡販 (uaing) [uɔŋ] 文放 (uo̤ng)
撮口呼 y 威魚 () [yɛ] 銳蛇 (ṳe) [yiŋ] 彎園 (ṳing)

声調[編集]

清代中頃の建甌語には7つの声調があったが、今日残るのは6つのみである。百数十年の変化を経て、今日の建甌語では、陽平調が陰去調に合流しており,平声から陰・陽の区分がなくなっている。

以下が6つの声調である。例字の出典は『建州八音』(1795年編纂)。

建甌語の声調
《建甌県志》の声調番号 1 2 3 4 5 6
声調名 平声(陰平) 上声 陰去 陽去 陰入 陽入
調値 [˥˦] (54) [˨˩] (21) [˧˧] (33) [˦˦] (44) [˨˦] (24) [˦˨] (42)
『建州八音』の表記 五環 三環 二環
八環 四環 七環
建寧ローマ字の声調記号
ˊ (á) ˇ (ǎ) ̿ (a̿)
ˆ (â)(陽平)
- (ā) ̆ (ă) ˋ (à)
例字 芝依居 指椅舉 志意貴 字易脆 即益菊 集實巨

この表では『建甌県志』の声調番号を採用した。『福建省志・方言志』での対応する声調番号は次の通り。1、3、5、6、7、8。

建甌語には明確な連続変調や軽声は存在しない。

上声(声調番号:2)の文字が二つ連続するときに、前の字が陰去調(3)に変わることがある。例えば、「老虎」は「[lau˨˩]+[k'u˨˩]」だが、「[lau˧˧k'u˨˩]」とすることも可能である。ただし、普遍的なルールはなく、原調(本来の声調)での発音も可能である。

名詞語尾の「仔」([tsiɛ˨˩])は必ず軽声で発音されるが、この文字の原調である上声(2)の調値とは明瞭な差異はない[3]

文白異読[編集]

その他の閩語方言と同様に、建甌語にも文白異読現象は豊富に存在する。

近年は、現地の政府が普通話(標準中国語)政策を強力に進めており、建甌語は普通話と南平官話の影響を強く受けてきた。数多くの字詞の「老派文読」(古い時代の文読)が「新派文読」(新しい時代の文読)に取って代わられている。

建甌語の文白異読は以下のように分類できる。

  • 声母の異読:「雷」の字は文読で/lo˧˧/、白読で/so˧˧/。苗字に使うときは文読。「響雷」では「雷」は白読。
  • 韻母の異読:「西」の字は文読で/si˥˦/、白読で/sai˥˦/。「西瓜」では文読。「東西」では白読。
  • 声調の異読:「稻」の字は文読で/tʰau˦˦/、白読で/tsau˨˩/。「水稻」では文読。「截稻」では白読。
  • 声母・声調とも異読:「高」の字は文読では/kau˥˦/、白読では/au˨˩/。苗字に使うときは文読。形容詞を作るときは白読。
  • 韻母・声調とも異読:「臍」の字は文読で/tsi˨˩/、白読で/tsʰɛ˧˧/。「臍帯」では「臍」は文読。「腹臍」では白読。
  • 声母・韻母・声調の全て異読:「婦」の字は文読で/xu˦˦/、白読で/py˦˨/。「婦女」の「婦」は文読。「新婦」の「婦」は白読。

文字[編集]

1795年(清の乾隆60年)、福清の人、林端材が閩東語福州話の音韻書『戚林八音』にならって音韻書『建州八音字義便覧』(略称『建州八音』)を編纂し、建寧府で刊行した。これは歴史上、初の建甌語の音韻書である。

1900年、西洋の宣教師が『建州八音』を参照して建甌語表記のための「建寧府土腔羅馬字」(Gṳ̿ing-Nǎing-Hǔ Gâ̤ Tǔ-kióng Lô̤-mǎ-cī)(「建寧府口語ローマ字」)を作成した。しかし、その他の数多くの教会ローマ字と同様に、建寧ローマ字も教会の圏内を出て使用されることはなく、人々から忘れられたままになっている。

参考文献[編集]

  • 『建甌方言詞典』(現代漢語方言大詞典分巻),李栄主編,李如龍、潘渭水編纂,江蘇教育出版社,1998年出版。ISBN 7-5343-3411-X
  • 『建甌県志》(「第三十六篇 方言」節)

脚注[編集]

  1. ^ 《建甌県志》(“第三十六篇 方言”の節を参照)
  2. ^ 建甌県志·第三十六篇·第一節 声韻調
  3. ^ 《建甌方言詞典・引論》,第7頁

外部リンク[編集]