清濁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清濁(せいだく)とは、伝統的な中国音韻学上、声母音節頭子音)が無声音有声音無気音有気音・それ以外のいずれであるかを表す用語である。

日本語仮名朝鮮語ハングルの分類にも用いられることがあった。現在の日本語の清濁については清音濁音を参照。

概要[ソースを編集]

中国の伝統的な音韻学では、五音を等しくする声母は、以下の4つに分類される。

この方法では無声摩擦音の /s//h/ が全清なのか次清なのかわからない。また /dz//z/ がどちらも全濁になってしまい、区別がつかない。それらの処理は文献によって異なる。『四声等子』は /z/ を「半清半濁」と呼んでいる。『古今韻会挙要』は /s/ を「次清次音」、/z/ を「次濁次音」という名で区別する。

本来「清濁」とは音楽用語で、清が高い音、濁が低い音を指した。後に音韻についても清濁を言うようになった。清濁が何を意味するかは文献によって異なっていたが、等韻学の発達にともなって声母の調音方法を指すようになった。

現代中国語の全濁の消滅と声調の関係[ソースを編集]

現代中国語(普通話)では、中古音にあった全濁声母が無声化したが、声調によって以下のように変化した。

  • 全濁声母は平声では無声有気音に、それ以外では原則として無声無気音になった。
  • 平声では声調の違いによって清音が陰平に、濁音が陽平に移動したために、区別が保たれている。
  • 全濁上声だったものは、去声に流入した。
  • もと入声だったものは、原則として全濁は陽平聲に、次濁は去聲に流入した。

全濁上声が去声になったため、「上声」の「上」の字が去声(shàng)になってしまったが、例外として「上声」のときだけ上声で呼ぶ(shǎng)。

参照[ソースを編集]