軍鶏鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
軍鶏鍋

軍鶏鍋の概要
テンプレートを表示

軍鶏鍋(しゃもなべ)は、鶏の一種である軍鶏を使った鍋料理である。

概要[編集]

これといった定義はなく、軍鶏の肉が入っていれば軍鶏鍋と呼ばれる。

一例として、坂本龍馬が好んだとされる軍鶏鍋は出汁醤油で作った割り下にんにくを入れて煮込んだものとされる[1]司馬遼太郎の小説「竜馬がゆく」においては、近江屋事件の当日に龍馬が軍鶏鍋を注文するも料理屋から届く前に暗殺されてしまう様子が描かれている[2]

フィクションにおけるものとしては、池波正太郎鬼平犯科帳シリーズに出てくる軍鶏鍋屋「五鉄」の軍鶏鍋がある。軍鶏のもつ(内臓)を使うのが特徴で、みりん醤油、水を合わせて濃い目の割り下を作り、ささがきの牛蒡と軍鶏のもつを鉄鍋で煮込んだもの、ということになっている。鍋料理であるにも関わらず夏でも登場人物に食べさせており、粉山椒唐辛子をかけつつ、汗を拭いながら食べるのが快味だという。なお、東京深川には五鉄の軍鶏鍋に似た料理を出す店が現存する。

軍鶏鍋がヒントとなって、軍鶏料理屋・玉ひでで考案されたものが親子丼である。

脚注[編集]

関連項目[編集]