タンブラーグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牛乳を注いだタンブラー

タンブラーグラス: tumbler)は、シリンダー形のグラスで、通常、コップガラスコップ)と呼ばれているもの[1]。「タンブラー」の語源は『倒れるもの、転ぶもの』。その理由は、もともとはこの言葉が獣ので作られた器などを指していたからである。ハイボールグラス (Highball glass) とも呼ばれる。ハイボールソフトドリンクロングドリンク(ロングカクテル)を飲むのに用いられる。

容量はかなり幅があり、180ミリリットル(6オンス)から300ミリリットル(10オンス)といったところ。一般的にカクテルで出されるタンブラーグラスは8オンスタンブラーと呼ばれる240ミリリットルのものである。また、国際バーテンダー協会では10オンス(300ミリリットル)を標準としている。ホテルなど飲食業界では容量に合わせ、「○タン(○には数字が入る。例8タン(読・はちたん))」と略して呼称されているようである。

なお、レストランなどで単に「タンブラー」というときは水用のものを指す[2]

タンブラーグラスが主に用いられるカクテル[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『料理食材大事典』主婦の友社 p.245-246 1996年
  2. ^ 『料理食材大事典』主婦の友社 p.246 1996年

関連項目[編集]