角砂糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
角砂糖

角砂糖(かくざとう)は、砂糖製品の一種で立方体に固めたもの。一個約3~4g[1]グラニュー糖立方体型に成形した白色のものがもっともポピュラーだが、白や茶・直方体ハート型など様々な形に成型したものもある。コーヒー紅茶一杯当たり2-3個を入れることが多い。

角砂糖の一個当たりのカロリー[編集]

カロリーはグラニュー糖と同じ100gあたり約387kcalであるので、一個約3~4gである角砂糖は、一個当たり11.61kcalから15.48である[2]

角砂糖の規格[編集]

日本国内で砂糖に規格が無いため、その成形品である角砂糖にも明確な規格が無い[3]

ただし、デファクトスタンダードとして、角砂糖とは原料たるグラニュー糖に純度の高い濃厚な砂糖液を少量加えて混合し、角砂糖成型機に入れて成型・乾燥させたものとされている[4]

重さはティースプーン一杯程度、3-4gである。

砂糖との比較[編集]

計量スプーン大さじ1杯はすりきりで約12gであるため、角砂糖4個程度が計量スプーン一杯程度である[5]

概ね、ティースプーン一杯=角砂糖一個=3グラムのスティックシュガー一個[6]が料理の目安とされている。

製法[編集]

グラニュー糖糖液を数%添加して湿り気を与え、成型機でプレスした後、乾燥した温風で乾燥してつくられる[7]

利用[編集]

糖の精製度が高くにおいがほとんどがないため、コーヒー紅茶のように香りを重視する飲料に使用されることが多い。グラムを計る手間が省けると、料理にも手軽に使用できる[8]

歴史[編集]

1908年 日本で最初の角砂糖は松江春次によって作られた。[9]

出典[編集]

  1. ^ グラニュ糖 - 三井製糖 2017年4月10日閲覧
  2. ^ グラニュ糖 - 三井製糖 2017年4月10日閲覧
  3. ^ お砂糖豆知識 最終更新日:2010年3月6日 - 農畜産業振興機構 調査情報部 2017年4月10日閲覧
  4. ^ お砂糖豆知識[2000年2月]最終更新日:2010年3月6日 - 農畜産業振興機構 調査情報部 2017年4月10日閲覧
  5. ^ グラニュ糖 - 三井製糖 2017年4月10日閲覧
  6. ^ お砂糖こぼれ話 - 北海道製糖 2017年4月10日閲覧
  7. ^ お砂糖豆知識[2000年2月]最終更新日:2010年3月6日 - 農畜産業振興機構 調査情報部 2017年4月10日閲覧
  8. ^ お砂糖研究所 - 日新製糖 2017年4月10日閲覧)
  9. ^ シュガーキングと呼ばれた男 - シュガーキング基金 2017年4月10日閲覧

関連項目[編集]

砂糖