ラム・ダイアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラム・ダイアリー
The Rum Diary
監督 ブルース・ロビンソン
脚本 ブルース・ロビンソン
原作 ハンター・S・トンプソン
製作 グレアム・キング
ジョニー・デップ
アンソニー・ルーエン
クリスティ・デンブロウスキー
ロバート・クラヴィス
ティム・ヘディントン
製作総指揮 パトリック・マコーミック
ジョージ・トビア
ビル・シヴリー
A・J・ディックス
グレッグ・シャピロ
コリン・ヴェインズ
出演者 ジョニー・デップ
アーロン・エッカート
マイケル・リスポリ
アンバー・ハード
リチャード・ジェンキンス
ジョヴァンニ・リビシ
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 キャロル・リトルトン
製作会社 GKフィルムズ
インフィニタム・ニヒル
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルム・ディストリクト
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年10月28日
日本の旗 2012年6月30日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $23,947,544[1]
9500万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ラム・ダイアリー』(原題: The Rum Diary)は、2011年アメリカ合衆国伝記映画。米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を原作としている。

ストーリー[編集]

主人公ポール・ケンプはNYから来た作家志望者で プエルトリコの米国新聞社に偽りの履歴書で入社 嘘と見破られるが、仕事を始める事になる ある日、空港にマイアミ市長を迎えに行くと サンダーソンに声をかけられ、家に招かれる事に 家に着くと、昨夜裸で海を泳いでいたシュノーに再開、更に彼女の魅力に引き込まれて行く そして、サンダーソンから執筆の依頼をされるのだが、胡散臭い話なので少し躊躇していたが、ある日 小競り合いから逮捕されてしまい、その日の内に裁判に。そこへサンダーソンが現れ保釈金を出して釈放される。恩義を少し感じたケンプは執筆を引き受ける事に。然し話はホテルを建てる土地詐欺で住民達を騙す記事を書かせる為だった。そして、ある祭りのよる酔った勢いでシュノーが現地人の集まるディスコに行くと聞かないので、渋々サンダーソンも行くことに。 シュノーは酔いが廻って勢いづき、地元の男性に色気で絡んでしまう、サンダーソンが止めようとすると、地元民に暴行を受けケンプ共々追い出されてしまいシュノーは行方不明…サンダーソンは、 ケンプを逆恨みして、全ての話は流れてしまう。 シュノーは数日後、ケンプの住み家に戻るが更に数日後、100$と手紙を置いてNYへ帰国してしまう。 更に、会社は夜逃げ最後の新聞を作ろうと立ち上がるが、機械を差し押さえられ、友達と別れ サンダーソンのボートを盗みNYに帰る事になる。 その後、シュノーと結婚、アメリカで最も尊敬 されるジャーナリストになることになる。

Template:あらすじ

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

アメリカのジャーナリスト[3]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]