ラム・ダイアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラム・ダイアリー
The Rum Diary
監督 ブルース・ロビンソン
脚本 ブルース・ロビンソン
原作 ハンター・S・トンプソン
製作 グレアム・キング
ジョニー・デップ
アンソニー・ルーエン
クリスティ・デンブロウスキー
ロバート・クラヴィス
ティム・ヘディントン
製作総指揮 パトリック・マコーミック
ジョージ・トビア
ビル・シヴリー
A・J・ディックス
グレッグ・シャピロ
コリン・ヴェインズ
出演者 ジョニー・デップ
アーロン・エッカート
マイケル・リスポリ
アンバー・ハード
リチャード・ジェンキンス
ジョヴァンニ・リビシ
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 キャロル・リトルトン
製作会社 GKフィルムズ
インフィニタム・ニヒル
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルム・ディストリクト
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年10月28日
日本の旗 2012年6月30日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $23,947,544[1]
テンプレートを表示

ラム・ダイアリー』(原題: The Rum Diary)は、2011年アメリカ合衆国伝記映画。米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を原作としている。

ストーリー[編集]

主人公ポール・ケンプはNYから来た新聞記者である。 仕事で夏のプエルトリコに滞在していたのだが、宿泊先のホテルは部屋が散乱状態で昨日自分に何があったのかわからないまま物語は進んで行く。 しかし、仕事先の潰れかけの新聞社は個性が強い面々ばかりで、神経質な上司に使えない部下たち、さらには島を牛耳るサンダーソンの愛人まで出て来て物語はますます複雑になって行く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Rum Diary (2011)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]