上林春松本店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有限会社上林春松本店
種類 有限会社
本店所在地 日本の旗 日本
611-0021
京都府宇治市宇治妙楽38番地
設立 1952年9月
(永禄年間創業)
業種 食料品
法人番号 2130002026210
事業内容 製茶
代表者 代表取締役 上林春松
外部リンク https://www.shunsho.co.jp/
テンプレートを表示

有限会社上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)は、京都府宇治市にある問屋。創業 永禄年間。現在の当主は、第14代上林春松。

茶の加工と販売を主な事業とし、茶道の家へ茶を納めるほか、百貨店などにも販路を持ち、インターネット上でオンライン販売も行う。品揃えは、抹茶玉露から番茶までをそろえている。

製茶工場では見学を受け付けている。

また、宇治市宇治橋通りに「宇治・上林記念館」を開き、茶の資料や製茶道具を公開している。

所在地[編集]

茶問屋 有限会社上林春松本店
  • 〒611-0021 京都府宇治市宇治妙楽 38
製茶工場
  • 〒611-0021 宇治市宇治蔭山9番地
上林記念館
  • 〒611-0021 京都府宇治市宇治橋通り一丁目

歴史[編集]

1558年1569年(永禄年間)創業。江戸時代は、「御物茶師」(ごもつちゃし)として宇治を仕切る。1952年昭和27年)に有限会社となる。

宇治・上林記念館[編集]

宇治・上林記念館

宇治・上林記念館(うじ かんばやしきねんかん)は、宇治橋通りにあるお茶の資料館。茶の資料や 製茶道具を展示する。建物自体も歴史的なものである。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 上林春松・上林秀敏『宇治茶と上林一族』宮帯出版社、2017年。

外部リンク[編集]