シオノギヘルスケア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シオノギヘルスケア株式会社
SHIONOGI HEALTHCARE & CO., LTD.
種類 株式会社
略称 シオノギHC
本社所在地 日本の旗 日本
541-0041
大阪府大阪市中央区北浜二丁目6番18号
淀屋橋スクエアビル7階
設立 2016年1月15日
業種 医薬品
法人番号 8120001195737
事業内容 一般用医薬品医薬部外品、管理医療機器、健康食品などのヘルスケア商品の開発・製造販売
代表者 代表取締役社長 平野格
資本金 1,000万円
従業員数 約80名(2016年4月1日現在)
主要株主 塩野義製薬株式会社 85%
ロート製薬株式会社 15%
外部リンク シオノギヘルスケア
テンプレートを表示

シオノギヘルスケア株式会社英文:SHIONOGI HEALTHCARE & CO., LTD.)は、一般用医薬品医薬部外品、管理医療機器、健康食品等の製造・販売を行う日本製薬会社塩野義製薬株式会社の子会社である。

会社概要[編集]

塩野義製薬株式会社から、コンシューマーヘルスケア部門(一般用医薬品医薬部外品事業)を分社化する形で、2016年(平成28年)1月15日に設立、同年4月1日から営業を開始した。本社は親会社の塩野義製薬と同じく、大阪府大阪市中央区北浜二丁目に置く。

社章も、塩野義製薬と同じ分銅マークを使用するが、当社の社名フォントは、塩野義製薬の公式略称である「シオノギ製薬」のものとは異なる。なお、当社のフォントを用いたパッケージは「パイロンPL顆粒」が初である。

2019年1月には、宝酒造株式会社などを傘下に持つ宝ホールディングス株式会社のグループ会社が担っていた健康食品事業を、株式譲渡と事業承継によって引き継ぎ、通信販売向けの健康食品を取り扱うようになった。

沿革[編集]

  • 2016年(平成28年)
    • 1月15日 - 塩野義製薬株式会社が販売していた一般用医薬品・医薬部外品の販売事業会社として「シオノギヘルスケア株式会社」を塩野義製薬の100%出資により設立。
    • 4月1日 - シオノギヘルスケア株式会社の営業開始。塩野義製薬からコンシューマーヘルスケア部門(一般用医薬品・医薬部外品などの製造・販売)を承継。
    • 4月9日 - 一般向けの「イソジン」シリーズの販売を開始[1]
  • 2018年(平成30年)
    • 6月25日 - ロート製薬株式会社との間で協業に向けた資本提携が発表され、塩野義製薬株式会社が保有していた当社株式の15%を同社が取得した[2][3]
  • 2019年(平成31年)
    • 1月1日 - 宝ホールディングス株式会社から同社子会社の宝ヘルスケア株式会社の全株式を譲受、同社子会社のタカラバイオ株式会社の健康食品事業を吸収分割により承継[4]
    • 1月2日 - 宝ヘルスケア株式会社を吸収合併し、ダイレクト販売本部を新設[5]
    • 1月4日 - 健康食品の通販サイト「TaKaRa健康通販」を「シオノギ健康通販」に改め、通信販売向け健康食品の取り扱いを開始[5]
    • 3月28日 - 代理店業務を行う滿貫(亞太)集團有限公司(タイクーンアジアパシフィックグループ社)との間で販売契約が締結され、ビタミンB1主薬製剤「べリックス・ネオ」を「疲力消尼奥」の現地名で香港での販売を開始。当社で初の海外販売となる[6]

主要事業所[編集]

本社
大阪府大阪市中央区北浜二丁目6番18号 淀屋橋スクエアビル7階
東京営業オフィス
東京都品川区東品川四丁目12番1号 品川シーサイドサウスタワー4階
大阪営業オフィス
大阪府大阪市住吉区長居東四丁目10番9号
札幌営業オフィス
北海道札幌市中央区北3条西1丁目1番1号 日本生命札幌ビル20階
仙台営業オフィス
宮城県仙台市青葉区柏木一丁目2番45号 フォレスト仙台ビル6階
名古屋営業オフィス
愛知県名古屋市中区三丁目2番3号 名古屋日興證券ビル4階
広島営業オフィス
広島県広島市中区鉄砲町10番12号 広島鉄砲町ビルディング12階
福岡営業オフィス
福岡県福岡市中央区長浜一丁目1番35号 新KBCビル9階
大阪物流センター
大阪府茨木市藤の里二丁目1番7号 三菱倉庫茨木3号配送センター内
東京物流センター
埼玉県三郷市インター南一丁目4番1号 三菱倉庫三郷2号配送センター内

提供番組[編集]

CM出演者[編集]

注釈[編集]

  1. ^ “イソジンシリーズ販売開始のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), シオノギヘルスケア株式会社, (2016年4月8日), http://www.shionogi-hc.co.jp/whatsnew/pdf/20160408_isodine.pdf 2016年4月13日閲覧。 
  2. ^ “ロート製薬との協業に向けた資本提携について” (PDF) (プレスリリース), シオノギヘルスケア株式会社, (2018年6月25日), http://www.shionogi-hc.co.jp/whatsnew/pdf/20180625.pdf 2018年6月25日閲覧。 
  3. ^ “シオノギヘルスケア株式会社との資本提携について” (プレスリリース), ロート製薬株式会社, (2018年6月25日), http://www.rohto.co.jp/news/release/2018/0625_01/ 2018年8月1日閲覧。 
  4. ^ “連結子会社の異動を伴う株式譲渡に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 宝ホールディングス株式会社, (2018年9月20日), https://ir.takara.co.jp/ja/Filing/Filing-3014235244853807080/main/0/teaserItems1/04/linkList/0/link/release_180920.pdf 2019年1月9日閲覧。 
  5. ^ a b “宝ヘルスケアの吸収合併、タカラバイオの健康食品事業の承継完了および、「シオノギ健康通販」の開設について” (PDF) (プレスリリース), シオノギヘルスケア株式会社, (2019年1月7日), http://www.shionogi-hc.co.jp/whatsnew/pdf/20190107.pdf 2019年1月9日閲覧。 
  6. ^ “香港市場での「疲力消尼奥」(国内販売名:ベリックス・ネオ) 販売開始のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), シオノギヘルスケア株式会社, (2019年3月28日), http://www.shionogi-hc.co.jp/whatsnew/pdf/20190328_bneo.pdf 2019年4月17日閲覧。 
  7. ^ パイロンPL顆粒サイト | シオノギヘルスケア

外部リンク[編集]