近江兄弟社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 近江兄弟社
OMI Brotherhood, Ltd.
Omi Brotherhood Company Headoffice.JPG
近江兄弟社本社(2015年10月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
523-0867
滋賀県近江八幡市魚屋町元29
設立 1920年(大正9年)12月6日
創業は1910年12月
業種 製造業
事業内容 医薬品等製造販売・不動産賃貸
代表者 代表取締役社長 山村 徹
資本金 9,600万円
従業員数 約200名
主要株主 公益財団法人近江兄弟社
関係する人物 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ
外部リンク 近江兄弟社ホームページ
テンプレートを表示
ヴォーリズ像と本社ビル

株式会社近江兄弟社(おうみきょうだいしゃ、OMI Brotherhood, Ltd.)は、滋賀県近江八幡市に本社をおく医薬品メーカー。軟膏薬『近江兄弟社メンターム』で知られる。

概要[編集]

軟膏薬「近江兄弟社メンターム」を中心に、医薬品・医薬部外品・化粧品等のスキンケア商品を製造販売している。

明治38年(1905年)に創業者W・M・ヴォーリズがキリスト教の伝道を志し、近江商人の士官学校と言われた滋賀県八幡商業学校に英語教師として赴任。 ここで近江商人を目指す若き青年たちと出会うことになる一方、課外で自主的に開催していたバイブルクラスに生徒が数多く集うようになったことが、仏教の色濃い地域との宗教的な対立を生むことになった。 これが原因で2年後の契約更改時に教師の職を解かれることになってしまう。

しかしW・M・ヴォーリズは、1964年(昭和39年)5月7日、83歳の生涯を終えるまで近江八幡に留まり、キリスト教伝道とその主義に基づくさまざまな事業展開を行った。

まず、翌年の明治41年(1908年)には、建築家レスター・チェーピンと共に再来日。商業学校を卒業したばかりの吉田悦蔵と3人で、キリスト教伝道のかたわら生活の糧を得るために建設設計の仕事をスタートさせた。 明治43年(1910年)には、宣教活動の為に確固とした経済的基盤を築くため、村田幸一郎吉田悦蔵らとともに「ヴォーリズ合名会社」を創業。大正9年(1920年)に設立した「近江セールズ株式会社」(後に、現社名へ変更)が「近江兄弟社メンターム」で知られる製薬事業の始まりである。なお、近江セールズ株式会社は、ハモンドオルガンの輸入代理業務を行っていたことでも知られている。

キリスト教の信仰に基づいた社業では、「近江兄弟社メンターム」など皮膚薬のトップメーカーとして着実な業績を挙げている一方、グループ各企業では、建築設計病院、老人保健施設、学校なども経営している。

本社は滋賀県近江八幡市魚屋町元29。企業理念は「Operations on Mission Industry ~「信仰と商売の両立の実践」~ 」。

社名の由来は創業者ヴォーリズの愛した『近江』の地名と、クリスチャン精神に基づき目的に向かって心を一つにする仲間という意味を持った『兄弟』を合わせて命名された[1]

メンソレータムとメンターム[編集]

近江兄弟社の以前の主力商品は、メンタームではなくメンソレータムであった。メンソレータムは、アメリカ合衆国の「メンソレータム社」の製品であり、同社の創始者アルバート・アレキサンダー・ハイド氏とヴォーリズの出会いが縁で日本での販売権が与えられた。ハイド氏は、この他にも、当時の日本でキリスト教伝道のために尽力するヴォーリズの働きを資金面で助けたかけがえのない恩人となったといわれる。実際、メンソレータムの販売はヴォーリズの各事業を資金面で大きく支え、自給自足での事業運営と「事業を通じて神の証をする」という近江兄弟社の理念実現を後押しした。

また当時、メンソレータムを世に広めたきっかけとして、佐藤安太郎の働きがあった。佐藤安太郎は、東京九段で文部省御用商人を主業とする老舗の佐藤商店を手広く経営していたが、吉田との出会いを契機に商店の経営を後身に譲り渡して近江兄弟社に入社、同時にメンソレータムの販売を任された。最初の頃は佐藤だけで伝票も小包も発送も受け持つ程度であったが、何とかして一包でも多く消費者に届けたいと思い立ち、1オンス瓶入りのメンソレータムと伝道誌「湖畔の声(現在もなお続刊されている)」を携えて、大阪や京都の薬問屋を訪問しては取次ぎを頼んで回った。 また、佐藤は日本全国の基督教会へ呼びかける案を立て、事実その通りに全国の教会、婦人部を訊ねて、ハイド氏とメンソレータム、ヴォーリズと吉田らの志、近江ミッションの設立からメンソレータムの売上金の幾らかを伝道のために献金することを説いて回った。このようにして、全国の教会の婦人達の手により、教会の資金を生み出すため熱心にメンソレータムの取次ぎが行われ、同時に薬問屋でも広く取次ぎが拡大し、メンソレータムの名が全国的に広く知られるようになった。

しかし、創業者ヴォーリズの亡きあと、原材料費の高騰に加えて競合品との市場競争が熾烈を極めた。また不動産部門の採算悪化と1973年の第一次オイルショックの影響もあって経営が苦しくなり[2]、自主再建を断念し、1974年12月24日に会社更生法を申請。これにより、メンソレータムの販売権を失うこととなった。(その後、翌年の1975年4月22日にメンソレータムの販売権はロート製薬が取得、さらに1988年にはメンソレータム社本体もロート製薬に買収された。)

近江兄弟社は大鵬薬品工業(現在は東証1部上場企業で大塚HDの傘下)の協力を得て再興を模索したが、メンソレータム社からの「生産継続の交渉をする意思はない」という返答を受けてメンソレータムの継続生産が出来ず、一度は再建の道が閉ざされかけることとなった。このため、メンソレータムの製造設備を利用したオリジナルの類似製品を販売することとして、メンソレータムの略称として従前より商標登録してあった「メンターム」を商品名として用いた(メンタームの商標は1965年7月27日に出願され、1967年10月3日付で登録(第757274号)されている)。1975年9月12日より、新たに主力商品として「メンターム」(当時の商品名は「メンタームS」だった)の製造を始め、自主再建の足がかりをつかんだ。

同月16日に発売を開始し、この「メンターム」を自社主力ブランドとして育て、その他にもメンタームの効能効果を派生させたリップクリームやスキンケアクリームのほか、日焼け止めや虫よけ・かゆみ止めを製造販売する医薬品メーカーとして今日に至っている。


なお、メンソレータムの販売権を失った近江兄弟社の自主再建にあたり、大鵬薬品工業の小林幸雄社長(当時)から〝善意〟として1,000万円が同社に贈呈され「薬業史飾る男のロマン」と報じられた[3]。近江兄弟社はこの資金を運営費に充てず「大鵬基金」として定期預金。「善意に応えなければ」という再建に取り組む社員の心の支えとなり7年後に黒字転換、1982年7月20日、小林社長に対して〝報恩感謝〟の業績報告を果たしている。[4]。また、この小林社長の〝善意〟は「困窮の時に助けて頂いた私達が、今度は社会で困っておられる皆様に恩返しをする」という近江兄弟社のニコニコ活動の原点となった。

ニコニコ活動は再建から40余年経った現在もなお、チャリティバザーの開催や地元地域への献金活動のほか、災害地への復興支援として継続されている。

沿革[編集]

  • 1907年明治40年) – 近江八幡YMCA会館建設。「近江ミッション」設立
  • 1908年(明治41年) – 京都三条YMCAの一室に、建築設計監督事務所開業(後のヴォーリズ建築事務所)
  • 1910年(明治43年) – ヴォーリズ・村田幸一郎・吉田悦蔵により「ヴォーリズ合名会社」設立。建築設計・建築関連資料輸入など(ヴォーリズ宣教活動支援の為)
  • 1918年大正 7年) – 結核診療所「近江療養院」(近江サナトリアム 現ヴォーリズ記念病院)開設
  • 1920年(大正 9年) – 「ヴォーリズ合名会社」解散。「W・M・ヴォーリズ建築事務所」及び「近江セールズ株式会社」設立。メンソレータム輸入販売開始
  • 1922年(大正11年) – 清友園幼稚園創立(現・近江兄弟社幼稚園
  • 1933年昭和8年) – 「近江勤労女学校」(現・近江兄弟社高等学校)創立。「近江家政塾」発足
  • 1934年(昭和 9年) – 「近江ミッション」を、「近江兄弟社」に改称。「湖畔プレス社」設立
  • 1936年(昭和11年) – 「満州セールズ株式会社」設立。ヘレン・ケラー、近江兄弟社女学校来校
  • 1941年(昭和16年) – 「財団法人近江兄弟社」設立、「ヴォーリズ建築事務所」を「一柳建築事務所」に改称
  • 1944年(昭和19年) – 「一柳建築事務所」解散、近江セールズ株式会社を「株式会社 近江兄弟社」に改称
  • 1946年(昭和21年) – 近江兄弟社建築部復活
  • 1961年(昭和36年) – 「株式会社 一粒社建築事務所」が、近江兄弟社建築部から独立
  • 1962年(昭和37年) – 「近江オドエアーサービス株式会社」設立
  • 1963年(昭和38年) – 大阪営業所開設
  • 1964年(昭和39年) – 5月7日ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 召天
  • 1971年(昭和46年) – 名古屋営業所開設
  • 1974年(昭和49年) – 12月24日、会社更生法申請
  • 1975年(昭和50年) – 9月16日、「近江兄弟社メンターム」」(当時の商品名はメンタームS)
  • 1984年(昭和59年) – 札幌出張所開設
  • 1986年(昭和61年) – 九州出張所開設
  • 1987年(昭和62年) – 信越出張所開設
  • 1989年(平成 1年) – 仙台出張所開設
  • 1990年(平成 2年) – 広島出張所開設
  • 1995年(平成 7年) – 青森出張所開設
  • 2007年(平成19年) – 上海近兄貿易有限公司設立
  • 2009年(平成21年) – 近江兄弟社ビル竣工(大阪)

グループ[編集]

  • 株式会社 近江兄弟社(医薬品製造販売『メンターム』)
  • 株式会社 一粒社ヴォーリズ建築事務所(建築設計)
  • 近江オドエアーサービス株式会社 (消臭剤・嗅覚測定法器材の製造販売)
  • 公益財団法人 近江兄弟社(管財・伝道・出版・病院等)
  • 学校法人ヴォーリズ学園
  • 社会福祉法人 近江兄弟社地塩会
    • ケアハウス信愛館

代表的な商品[編集]

  • 近江兄弟社メンターム(時代を超えて愛用されている家庭の常備薬。傷、手あれ、カミソリ負け、虫さされなど幅広く使用できる。)
  • EXプラス(かゆみを伴う乾燥性皮ふ(老人・成人の乾皮症、小児の乾燥性皮ふ)うるおいを与えて、保湿成分(尿素)が、かゆみやカサカサの原因である乾燥肌を治療する。)
  • U20クリーム(乾燥して硬くなった肌を、尿素・グリチルリチン酸二カリウム・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)の3つの配合成分が改善する。)
  • メディカルクリーム(新陳代謝、保護、肌荒れ防止、適度な油分と水分補給の4つの効果で肌をすこやかに保つ。2015年@COSME(アット・コスメ)ベストコスメ大賞・ハンドケア部門第1位。)

..

  • 薬用スティックレギュラー(薬用リップのスタンダード。ロングセラーの人気商品。2013年@COSME(アット・コスメ)ベストコスメ大賞・リップケア部門第1位。)
  • モイスキューブリップ(オリーブスクワラン25%、椿オイル5%配合。唇に素早くなじみ、つやとうるおいを与える高保湿リップ。)
  • 口紅がいらない薬用リップ(塗るとピンク色に変わる薬用リップ。高度に精製され、なめらかにのびるピュアオイルベースにうるおい成分ホホバ油・オリーブ油が配合。色づきが美しい。)

..

  • メンタームザサン(日焼け止めブランドの新商品。7種の植物エキスが配合され肌に優しい。すーっとなじんで白残りしない、ウォーター感覚のみずみずしさが心地よい。)
  • サンベアーズ(日焼け止めブランドの一つ。業界有数のシェアを誇る。水・汗に強く落ちにくい。白残りしない透明タイプでレジャーやアウトドア、ゴルフにも最適。)

かつての提供番組[編集]

真珠の小箱 土曜の朝に

出典[編集]

  1. ^ マークの由来|会社案内|近江兄弟社 / OMI http://www.omibh.co.jp/company/mark.html
  2. ^ 読売新聞1975年12月2日 8面「再建企業・不況下のいま・・・ 若さと熱と努力で 近江兄弟社」
  3. ^ ドラッグトピックス1975年8月23日「大鵬、近江へ1千万円贈る・・・再出発へ〝はなむけ〟」
  4. ^ ドラッグトピックス1982年7月24日「近江兄弟社、大鵬基金で生き返る。~〝恩人〟小林社長と対面~」

外部リンク[編集]