今竹七郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今竹 七郎(いまたけ しちろう、1905年10月5日 - 2000年2月26日)は日本デザイナーグラフィックデザイナー)、画家。日本のモダンデザインの父と呼ばれる。

来歴・人物[編集]

兵庫県神戸市に生まれる。戦前には大丸百貨店や高島屋の宣伝部に勤務するも、戦後に独立。1929年には中山岩太らと神戸商業美術研究会を発足させ、1937年には「プレスアルト」の発起人となる。特に、関西のデザイン界を戦前戦後を通じて牽引する役割を担う。

輪ゴム(共和ゴムの「オーバンド」)のパッケージデザイン、メンタームの少年とメンソレータムの看護婦の少女のデザイン、南海ホークスのシンボルマーク、関西電力の社章デザイン等身近なものにも有名な作品がある。

自らのおしゃれにもこだわり、そのメガネフレームは左右非対称のデザインであった。2000年2月26日死去。享年94。

参考文献[編集]

  • デザインのモダニズム 今竹七郎(兵庫県立近代美術館と西武百貨店(池袋)のザ・コンテンポラリー・アートギャラリーで1989年に開催された展覧会のカタログ)
  • 昭和のモダニズム 今竹七郎の世界(西宮市大谷記念美術館で1998年に開催された展覧会のカタログ)
  • グラフィックデザイン、モダン絵画の先駆者 今竹七郎とその時代(今竹七郎の記録編集員会・編、誠文堂新光社、2003年)

関連項目[編集]