セブンドリーム・ドットコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社セブンドリーム・ドットコム
7dream.com Co.,LTD
GazouBoshu.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ドリーム
本社所在地 日本の旗 日本
102-8455
東京都千代田区二番町8-8
設立 2000年平成12年)2月1日
業種 小売業
事業内容 インターネット事業
ベンダー(卸売り)事業
セブン-イレブン・チケットサービス
セブン&アイHLDGS.グループ各社サイトの運営
代表者 代表取締役社長:三竿 誠一
資本金 50億円
決算期 3月31日
主要株主 株式会社セブン&アイ・ネットメディア 68%
日本電気株式会社 13%
株式会社野村総合研究所 13%
三井物産株式会社 6%
外部リンク http://www.711net.jp/
特記事項:株式会社セブン&アイ・ネットメディアは、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの100%子会社
テンプレートを表示

株式会社セブンドリーム・ドットコムは、セブン&アイ・ホールディングスグループのインターネット事業の会社である。

概要[編集]

2000年(平成12年)2月1日セブン-イレブン・ジャパンNECなど8社の合弁企業として株式会社セブンドリーム・ドットコムが設立。社名の由来はセブン-イレブンの「セブン」と、協力会社7社との夢が実現するという意味がある[1]。同年7月1日より事業開始。インターネット通販向けの企画および販売と、セブン&アイ・ホールディングスグループ向けの映像商品の卸売り、チケットサービス、ホームページメールマガジンの運営をする。インターネット通販サイトの「セブン-イレブンネット」(旧 セブンドリーム・ドットコム)を運営。

現在では、セブン&アイ・グループのIT関連事業を統括するための株式会社セブン&アイ・ネットメディアの設立に伴い、セブン-イレブン・ジャパンが保持していた株式がセブン&アイ・ネットメディアに移転されている。

セブン-イレブンネット[編集]

2008年(平成20年)7月8日、既存のECサイトであるセブンドリーム・ドットコムと、そのサイト内で運営していたお取り寄せ便のコンテンツを拡充・集約し、新たに「セブン-イレブンネット」と名称を変更してリニューアルオープンした[2]。実際には、セブンドリーム・ドットコムのリニューアル(セブン-イレブンネットのプレオープン)は同年6月24日、セブン-イレブンネットのオープンは7月8日となる。

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年)
    • 2月1日 - 株式会社セブンドリームドットコム設立
    • 11月30日 - タッチパネル式液晶端末「セブンナビ」を店舗に設置し、運営開始(2002年(平成14年)10月終了)
  • 2008年(平成20年)
    • 7月8日 - 「セブンドリーム・ドットコム」サイトを「セブン-イレブンネット」としてリニューアルオープン
    • 7月11日 - セブン&アイ・ホールディングスが、セブン&アイ・ネットメディアを設立、セブン-イレブン・ジャパンが所有する株式をセブン&アイ・ネットメディアに譲渡し、同社の子会社となる

補足[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]