鈴木敏文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき としふみ
鈴木 敏文
生誕 (1932-12-01) 1932年12月1日(84歳)
日本の旗 日本 長野県埴科郡坂城町
国籍 日本の旗 日本
出身校 中央大学経済学部
職業 実業家
子供 鈴木康弘
受賞 勲一等瑞宝章
藍綬褒章
紺綬褒章
中央大学名誉博士

鈴木 敏文(すずき としふみ、1932年(昭和7年)12月1日 - )は日本の会社経営者で実業家である。株式会社セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長、経済団体連合会副会長、日本チェーンストア協会会長、学校法人中央大学理事長等を歴任。勲一等瑞宝章受章。

略歴[編集]

株式会社セブン&アイ・ホールディングスの有価証券報告書[1]、セブン-イレブン・ジャパンの「沿革」を元に構成[2]

  • 長野県埴科郡坂城町出身[3]
  • 1952年 長野県小県蚕業高等学校(現在の長野県上田東高等学校)卒業[4]
  • 1956年 中央大学経済学部卒業、東京出版販売(現トーハン)に入社[5]
  • 1963年9月 株式会社イトーヨーカ堂入社。
  • 1971年9月 株式会社イトーヨーカ堂取締役。
  • 1973年11月 セブン-イレブンを展開する米サウスランド社と提携し株式会社ヨークセブン(のちの株式会社セブン-イレブン・ジャパン)を設立、専務取締役に就任。
  • 1974年5月 セブン-イレブン1号店を東京都江東区に出店。
  • 1975年6月 福島県郡山市でセブン-イレブンの24時間営業を開始。
  • 1977年9月 株式会社イトーヨーカ堂常務取締役。
  • 1978年1月 株式会社ヨークセブンを株式会社セブン-イレブン・ジャパンに改称。
  • 1978年2月 株式会社セブン-イレブン・ジャパン代表取締役社長。
  • 1983年4月 株式会社イトーヨーカ堂専務取締役。
  • 1991年3月 米サウスランド社の経営権を取得[6]
  • 1992年10月 株式会社イトーヨーカ堂代表取締役社長。
  • 2003年5月 株式会社イトーヨーカ堂代表取締役会長、同社最高経営責任者(CEO)、株式会社セブン-イレブン・ジャパン最高経営責任者(CEO)。
  • 2005年9月 株式会社セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長、同社最高経営責任者(CEO)。
  • 2006年3月 株式会社イトーヨーカ堂(新設会社)代表取締役会長、同社最高経営責任者(CEO)。
  • 2016年5月 株式会社セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問。

トーハンでは副会長、取締役を務めた[7]。母校の中央大学では2005年11月から2008年5月まで理事長を務めた[8]

コンビニ業態の育ての親として[編集]

周囲の反対を押し切って創業[編集]

鈴木は1973年、日本初のコンビニエンスストア[9]「セブン-イレブン」を立ち上げた。当時の親会社イトーヨーカ堂は大規模小売店「イトーヨーカドー」の出店スピードを上げている時期で、アメリカに倣ったコンビニエンスストア業態の導入は時期尚早との意見が強かった。しかし鈴木は中小小売店の経営を近代化すれば大型店との共存共栄は可能だと考えた[10]

ドミナント戦略[編集]

セブン-イレブンの出店に当たってはドミナント戦略を徹底している。地域に集中的に出店することで、専用工場や専用配送センターの使用率を上げている[11]

POSシステムを導入[編集]

1982年10月、セブン-イレブンにPOS(販売時点情報管理)システムを導入した。全店に導入したのは1983年。 アメリカではPOSシステムが普及しつつあったが、当時のPOSはレジの打ち間違いなどを防止するのが主な目的だった。鈴木はPOSから得た情報をマーケティングに使うことを考えた。これは世界でも初の試みだった[12]

セブン銀行を設立[編集]

2001年4月、株式会社アイワイバンク銀行(のちの株式会社セブン銀行)を設立。 周囲からは「素人が銀行をやっても上手く行かない」と止められた。しかしセブン-イレブンでは電気・ガス料金の収納代行を1980年代から行っており、コンビニ店内で夜中も日曜もお金を下ろせれば便利だろうと考えた[13]

オムニチャネルの構築[編集]

2013年9月、セブン&アイグループ各社の幹部社員約50名をアメリカに派遣。グループを挙げてオムニチャネルを構築することとした[14]

座右の銘[編集]

鈴木の座右の銘は「変化対応」である[15]。鈴木は中学1年のときに太平洋戦争の敗戦を経験、戦争には勝つと思っていたのが玉音放送の1日で全てが覆った。社会は変化するから適応していかなければならない、しかしどう変化するかは常にわからない。だから他人に依存せず自分を大切にすることが出発点になる、と考えている[16]

セブン&アイ・ホールディングスの役職を退任[編集]

2016年2月15日、鈴木はセブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一に対して退任を内示。一旦は井阪から了承を得た。しかし後に井阪が態度を変える。鈴木は3月に取締役候補の指名・報酬委員会を設置、ここで社長交代を提案する。しかしセブン-イレブンの業績が好調だったことなどから、同委員会委員を務めていた社外取締役の伊藤邦雄一橋大学特任教授及び米村敏朗警視総監が反対[17]。鈴木は社長交代案を取締役会にかけることにした。

取締役会での採決方法は挙手を予定していたが、社外取締役から異論が出て無記名投票に変更。取締役会の雰囲気は一変する。投票結果は賛成7票、反対6票、白票2票。賛成が総数15票の過半に届かなかったため否決された[18]。同日記者会見を開いた鈴木は引退を表明。「反対票が社内から出るようなら、票数に関係なく、もはや信任されていない」旨を述べた。創業家伊藤雅俊名誉会長との確執も示唆した[19]。引退表明を受け、セブン&アイは当初、鈴木に「最高顧問」の肩書で名誉職を用意する方針であったが、社外取締役や井阪隆一が難色を示し、調整の結果、名誉顧問に就くことになった[20]

著書[編集]

  • 『鈴木敏文語録 イトーヨーカ堂社長・セブンーイレブンの生みの親 「自分を変える」「人間の心理をつかむ」』増補版 緒方知行責任編集 1999年 祥伝社文庫
  • 『鈴木敏文経営を語る』江口克彦著 PHP研究所、2000年 のち文庫 
  • 『商売の原点』緒方知行編 講談社、2003年 のち+α文庫 
  • 『商売の創造』緒方知行編 講談社、2003年
  • 『鈴木敏文考える原則』緒方知行編著 2005年 日経ビジネス人文庫
  • 『なぜ売れないのかなぜ売れるのか』講談社、2005年
  • 『商売の創造』緒方知行編 2006年 講談社+α文庫 
  • 『鈴木敏文語録集によるマーチャンダイジング教科書 セブン-イレブンの商品開発と品揃え革新を支える原点 いま最大の経営課題競争優位と顧客支持力づくりの決め手!!』月刊『2020 value creator』編集部編 緒方知行監修 オフィス2020新社、2006年
  • 『鈴木敏文語録「チャンスは君のそばにある」』国友隆一著 あさ出版、2006年
  • 『図解鈴木敏文の「商売の人間学」 なぜ、買うのか売れるのか』勝見明著 大和書房、2006年 のち文庫 
  • 『なぜ買わないのかなぜ買うのか』 講談社、2006年
  • 『挑戦我がロマン 私の履歴書』 日本経済新聞出版社、2008年
  • 『朝令暮改の発想 仕事の壁を突破する95の直言』 新潮社、2008年 のち文庫 
  • 『鈴木敏文の実践!行動経済学 経営学』勝見明構成  朝日新聞出版、2012年 朝日おとなの学びなおし!

共著[編集]

  • 宮内義彦、自由企業研究会共著『沈んでたまるか』 日経BP社、2001年
  • 齋藤孝共著『ビジネス革新の極意』マガジンハウス、2006年

主な関連書籍[編集]

  • 勝見明『本当のようなウソを見抜く(語録集)』 プレジデント社、2005年
  • 緒方知行『鈴木敏文に学ぶリーダーの条件』 大和出版、1997年
  • 信原尚武 『鈴木敏文逆説の経営』 文藝春秋、1995年
  • 角田裕育『セブン-イレブンの真実~鈴木敏文帝国の闇~』 日新報道、2009年

脚注[編集]

  1. ^ 第10期有価証券報告書 株式会社セブン&アイ・ホールディングス
  2. ^ 沿革|セブン‐イレブン セブン-イレブン・ジャパン
  3. ^ セブン鈴木会長辞任へ 県内でも功績評価 信濃毎日新聞 2016年4月8日
  4. ^ 長野県上田東高等学校同窓会 平成24年度事業内容
  5. ^ セブン鈴木敏文会長インタビュー〈前編〉「いつも転機の連続だった」 日経トレンディネット 2016年04月11日
  6. ^ 株式会社セブン&アイ・ホールディングス 事業概要2014
  7. ^ “人事、トーハン”. 日本経済新聞. (2010年6月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNMSJR00701_Z20C10A6000000/ 2015年4月6日閲覧。 
  8. ^ “中央大理事長に鈴木氏 セブン&アイの会長”. 共同通信. (2005年11月12日). http://www.47news.jp/CN/200511/CN2005111201003925.html 2015年4月6日閲覧。 
  9. ^ コンビニの親、突然の退場=鈴木セブン&アイ会長 時事ドットコム 2016年4月7日
  10. ^ 企業情報 フランチャイズシステムの採用 株式会社セブン-イレブンジャパン
  11. ^ ドミナント出店戦略にこだわり続けていなかったら、今日のセブン―イレブンはなかった Value Creator 2015年4月27日
  12. ^ なぜ、セブンはビッグデータ分析する他社より日販が高いのか【1】 dot. 朝日新聞出版 2014年1月13日
  13. ^ 「無茶だ」社内猛反発 セブン&アイで最も反対されたこと President Online 2014年1月6日
  14. ^ インタビュー:セブン&アイHD会長が仕掛ける「オムニチャネル」 ロイター 2013年12月19日
  15. ^ 長野県上田東高等学校同窓会 しだれ桑 第48号
  16. ^ 【鈴木敏文】「変わらなければ、大事なものも守れない」日経ビジネス 2015年1月14日
  17. ^ 田原総一朗「「常に顧客目線だった『流通の神様』に何が起きたのか」」週刊朝日2016/4/22
  18. ^ 検証 セブン人事案、緊迫の取締役会(その1) 毎日新聞 2016年4月14日
  19. ^ セブン&アイ鈴木会長退任へ 会見の一問一答 日本経済新聞 2016年4月7日
  20. ^ “セブン&アイ、鈴木氏は名誉顧問に 存在感残る”. 日本経済新聞. (2016年5月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO02739070U6A520C1TI5000/ 2016年5月28日閲覧。 

関連項目[編集]

先代:
中内功
中内功
日本チェーンストア協会会長
第11代:1994年 - 1995年
第16代:2000年 - 2001年
次代:
二木英徳
岡田元也