ファミール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ファミール(Famil)とは、セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン&アイ・フードシステムズが運営するファミリーレストランチェーン、ならびに2007年8月31日までこれを運営していた企業(株式会社ファミール)。2007年9月1日にセブン&アイ・フードシステムズがデニーズジャパン・ファミール・ヨーク物産の3社を吸収合併したことに伴って同社の店舗網となった。イトーヨーカ堂各店の社員食堂も運営している。

概要[編集]

ヨーカ堂の外食部門として設立[編集]

イトーヨーカ堂グループの外食部門の一つとして、1972年11月21日にヨークフードサービスが設立され、(1981年にファミールへ商号変更)主にイトーヨーカ堂のフードコート・レストラン街、ヨーカ堂社員食堂などの外食事業を運営した。同グループのデニーズとの差別化のため、洋食・和食・和膳メニューに強みのあるレストランとして、よりファミリー客層にマッチしたメニューの充実などが図られた。ヨーカ堂の勢力拡大と共に出店地域も増え、1980年代のファミリーレストラン全盛期には郊外型ロードサイド店舗も独自出店し、勢力を拡大した。

デニーズとの競合[編集]

同グループのデニーズジャパンが、1984年アメリカ合衆国デニーズ社からパテント・商標を買い取り、メニューの独自展開が開始されて、今まで控えていた日本風洋風メニューの強化・和食分野へのメニューが増加した。これによって、メニュー差別化することによって同一商圏で展開していた首都圏の同グループ郊外型店舗同士が事実上競合することになった。

バブル経済崩壊後のファミリーレストラン業界全体の不振に見舞われた1990年代前期、ファミールは郊外型ロードサイド店舗運営からの撤退、本来のヨーカ堂内フードコート・コントラクト事業へ回帰する事業戦略を発表、1994年同グループ内のデニーズジャパンへ郊外型店舗の売却を実施した。

新業態への参入[編集]

1994年に設立した芝のらーめん屋さんから新業態の取り組みを開始。ビュッフェ形式のファミールダイニングなど近年のビュッフェレストランの人気・消費者ニーズに合わせた展開を始めた。

  • 1972年設立 - 『レストランファミール(ふぁみーる)』
  • 1994年設立 - 『芝のらーめん屋さん』
  • 2001年設立 - 『パスタランテ』
  • 2003年設立 - 『ファミールダイニング』

セブン&アイ・ホールディングスの外食事業統合[編集]

2007年1月9日、セブン&アイホールディングスグループの外食事業の新会社を発表。セブン&アイ・フードシステムズを同年1月10日に設立。ロードサイド型レストランが主力のデニーズ、コントラクトフード事業・イトーヨーカ堂内のフードコート内レストラン運営のファミール、イトーヨーカ堂内ファーストフード事業を運営するヨーク物産の3社を同年3月1日に子会社化、同年9月1日に合併した。[1]統合後のファミールブランド名称は継続して使用される。

ドリンクバーの導入[編集]

2007年現在、レストランチェーン事業のファミールではドリンクバー、デザートバーなど一部の店舗で導入を開始。地域の需要・競合店の状況に合わせて順次導入されている。ヨーカ堂の集客に頼ったビジネス形態からよりファミールへのリピーター率を向上させる対応を実施している。

沿革[編集]

  • 1972年11月21日 - イトーヨーカ堂100%出資により株式会社ヨークフードサービス設立。
  • 1972年 - ファミール1号店出店。
  • 1981年 - 商号を株式会社ファミールへ変更。
  • 2007年3月1日 - 株式会社セブン&アイ・フードシステムズの子会社となる。
  • 2007年9月1日 - 株式会社セブン&アイ・フードシステムズが株式会社ファミールを吸収合併。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セブン&アイHD、デニーズなど外食3社を9月に統合 ロイター2007年1月9日

外部リンク[編集]