華屋与兵衛 (レストラン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社華屋与兵衛
HANAYA YOHEI CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 108-0075
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
設立 1986年(昭和61年)3月
業種 小売業
事業内容 和食専門チェーンの経営
代表者 代表取締役社長 長谷川龍哉
資本金 1億円(2015年3月現在)
発行済株式総数 6600万株(2015年3月現在)
売上高 143億97百万円(2015年3月期)
総資産 49億58百万円(2015年3月現在)
従業員数 正社員 141名、従業員総数 3,189名(2014年3月現在)
決算期 3月31日
主要株主 ゼンショーホールディングス 100%
関係する人物 清水信次(創業者)
外部リンク http://www.hanayayohei.co.jp/
テンプレートを表示
ロードサイド店舗
メニュー例
ヒレカツ膳(税込み1,458円)

華屋与兵衛(はなやよへい)は、関東地方を中心に店舗展開する和食ファミリーレストランチェーンである。

概説[編集]

「華屋与兵衛」は、ライフコーポレーション会長である清水信次によって設立され、現在はゼンショーホールディングス連結子会社である。チェーン名称の由来となった華屋与兵衛江戸時代後期の寿司職人で、握り寿司の始祖とされる人物である。ファミリーレストランチェーンとしては珍しく、江戸前寿司手打ちうどん・各種和定食・和を主力メニューとしており、デザートあんみつ抹茶アイスクリームかき氷(季節メニュー)など和風のものが中心である。年末にはおせち料理の予約販売も行っている。全店内に座敷席を設けており、個室としての予約利用や宴会も受け入れている。2008年よりメニューから江戸前寿司を外し価格を下げた別業態の店舗も展開している。「ごはん処 華の家」は定食・丼もの・蕎麦が中心。「和食よへい」は定食・丼もの・蕎麦の他特定メニューの食べ放題やケーキなど洋風デザート類、ドリンクバーを導入している。特定メニューの食べ放題は2014年より「華屋与兵衛」でも提供されているほか、麺類のメニューについては2014年より「華屋与兵衛」では蕎麦、「和食よへい」では手打ちうどんに切り替えている。

店舗[編集]

東京都埼玉県神奈川県千葉県茨城県長野県に149店(2016年7月現在)

  • 華屋与兵衛 135店舗
  • 和食よへい 14店舗

内訳[編集]

  • 東京都 華屋与兵衛46店舗、和食よへい3店舗
  • 埼玉県 華屋与兵衛32店舗、和食よへい5店舗
  • 神奈川県 華屋与兵衛31店舗、和食よへい3店舗
  • 千葉県 華屋与兵衛18店舗、和食よへい1店舗
  • 茨城県 華屋与兵衛8店舗
  • 長野県 和食よへい2店舗

会社沿革[編集]

  • 1986年3月 - エル・フードサービス株式会社としての設立。実験店舗での検証を行う。
  • 1986年12月 - 千葉県松戸市新松戸に「華屋与兵衛」第1号店を開業。
  • 1996年8月 - 株式会社華屋与兵衛に商号を変更。
  • 2008年5月 - 東京都江戸川区瑞江駅前に、「華屋与兵衛」を改装して「ごはん処 華の家」第1号店を開業。ライフ瑞江店の近隣ではあるが同店内ではない。
  • 2008年7月 - 東京都足立区江北駅前のライフ江北駅前店内に「ごはん処 華の家」第2号店を開業。
  • 2008年10月 - 株式会社ゼンショー(現・株式会社ゼンショーホールディングス)が、清水家資産管理会社の日本青果株式会社及び暉青物産有限会社の2社から54.91%の株式を12億円で取得し、連結子会社化。
  • 2010年12月 - 「ごはん処 華の家」2店舗とも閉店。
  • 2012年11月 - 埼玉県狭山市の華屋与兵衛狭山店をリニューアル、「和食よへい」第1号店として開業。
  • 2013年10月 - 関東地方以外の地域に初出店となる「和食よへい」上田しおだ野店(長野県上田市)、「和食よへい」信州中野店(長野県中野市)を開店。
  • 2014年4月 - ロゴマークを変更。
  • 2014年7月 - 「華屋与兵衛」・「和食よへい」全店共通スタンプカード「小判通帳」 ポイントサービス開始。
  • 2015年5月 - 「小判通帳」 をリニューアルし、スタンプカードに変更。
  • 2016年3月 - 株式会社ゼンショーホールディングスが株式交換により完全子会社化。

外部リンク[編集]