メヒコ (レストラン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メヒコ商事株式会社
MEXICO Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
111-0042
東京都台東区寿2-10-13
設立 1970年(昭和45年)
業種 サービス業
法人番号 7010501025819
事業内容 レストラン事業
代表者 代表取締役社長 江原秀光
外部リンク http://www.mehico.com/
テンプレートを表示

メヒコは、シーフード料理を主力とするレストラン

概要[編集]

1970年、メヒコ商事が福島県いわき市カニピラフを主体とする「メヒコ フラミンゴ館」を出店。これを皮切りに福島県と茨城県を中心に、東北・関東圏にシーフードレストラン「メヒコ」を展開。東京都沖縄県台湾に出店するなどの店舗展開を行った。レストラン事業のほかに、ラン栽培にも進出し、多角化を進めていた[1]

2005年9月30日に、東京地裁に民事再生の開始手続きを申し立てを行った[1]。その後、2006年に株式会社イーケーシーの100%子会社となり、本社を福島県から、親会社と同じ場所(東京都台東区寿)に移して、レストランの運営を継続。現在は福島県・茨城県・東京都に店舗網を絞って営業を続けている。

主な特徴[編集]

シーフードを得意とするレストランで、看板メニューはカニピラフで、蟹がピラフの上に殻のまま乗った状態で提供されるというのが特徴的で、客は殻から身をほぐしながら食べることとなる。なお、カニピラフはテイクアウトが可能である。過去にはネット通販や一部のスーパーマーケットで、冷凍のものを販売していたが、メヒコ店舗でのつくりたて折詰のみとなっている。

南国を意識している「フラミンゴ館」とよぶ店舗(6店舗)がある。「フラミンゴ館」では店内でフラミンゴが飼育されており、フラミンゴを見ながら食事ができる。「フラミンゴ館」では、テーブルには『フラミンゴQ&A』がある。創業者がメキシコに行ったときにフラミンゴの群れを見て感動したのが、飼育するきっかけ[2]。フラミンゴの寿命は50年から60年程度である。過去にはフラミンゴだけでなく、サルを見ながら食事ができる「モンキー館」も存在した。

他にも熱帯魚を見ながら食事ができる「水族館」もある。「いわき水族館」店は東日本大震災の影響のため休業中である[3]。「東京ベイ有明館」店には8mの水槽を有する[4]。2015年4月15日にオープンした足立区役所店には、店舗の入口には正面には幅3メートル、高さ1メートル、奥行き65センチメートルの大型アクアリウム(熱帯魚水槽)が置かれている[5]

メニュー[編集]

以下に代表的なメニューの一部を挙げる。

メヒコのカニピラフ

店舗展開[編集]

レストラン事業 15店舗を展開している。

フラミンゴ館[編集]

水族館[編集]

  • いわき水族館 (福島県いわき市) ※東日本大震災の影響のため休業中
  • 東京ベイ有明館 (東京都江東区)

その他の店舗[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b メヒコ商事が民事再生 県内2店舗営業は継続”. 琉球新報 (2005年10月4日). 2015年8月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月24日閲覧。
  2. ^ “「フラミンゴレストラン」地元茨城で人気”. 日テレNEWS24. (2019年4月10日). http://www.news24.jp/articles/2019/04/10/07427663.html 2019年4月11日閲覧。 
  3. ^ メヒコいわき水族館
  4. ^ レストラン メヒコ 有明店
  5. ^ 区庁舎の展望レストランに大型アクアリウム登場 4月15日オープン (2015/02/13)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]