フライングガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社フライングガーデン
FLYING GARDEN CO.,LTD.
株式会社フライングガーデン本社
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 3317
2004年3月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
323-0026
栃木県小山市本郷町三丁目4番18号
設立 1981年12月4日
業種 小売業
法人番号 5060001014864
事業内容 レストランチェーン事業
代表者 野沢八千万(代表取締役社長)
資本金 5億7990万円
(2016年3月期)
発行済株式総数 144万9168株
(2016年3月期)
売上高 72億1896万円(2016年3月期)
経常利益 2億5924万円(2016年3月期)
純利益 1億2350万円(2016年3月期)
純資産 12億4305万円
(2016年3月期)
総資産 31億7674万円
(2016年3月期)
従業員数 154人(2016年3月期)
決算期 3月31日
主要株主 野沢八千万 (社長) 28.73%
有限会社アクティヴ 8.35%
野沢卓史 4.56%
フライングガーデン持株会 4.37%
野沢通子 3.74%
(2016年3月期)
主要子会社 なし
外部リンク www.fgarden.co.jp
特記事項:出典[1]
テンプレートを表示
フライングガーデンつくば西平塚店
爆弾ハンバーグ 爆弾キング 和風ソース
フライングガーデン店舗分布図 2016年1月時点

株式会社フライングガーデンは、ファミリーレストランチェーンの「フライングガーデン」を運営する企業。

概要[編集]

栃木県小山市に本社を置き、爆弾ハンバーグと呼ぶ独特な形状のハンバーグを看板メニューにしている郊外型ファミリーレストランチェーンのフライングガーデンを展開する企業である。2016年1月時点において関東地方のうち茨城栃木群馬埼玉千葉の各県に62店舗を展開し、2016年3月期の年間来店客数は634万人である[2][1]

最盛期の2008年時点では、関東地方に直営店68店舗を展開していた。またパッケージ・ライセンス契約に基づいて株式会社幸楽苑が東北地方で運営する1店舗が、2010年から2012年までの間に存在した[3][4]

店舗の広告塔には2枚の看板を掲出していて、それぞれに「THE FLYING GARDEN」「爆弾ハンバーグ」と記載している。また売上高の38%を爆弾ハンバーグが占めている[1]

爆弾ハンバーグ[編集]

爆弾ハンバーグとは、「フライングガーデンで一番おいしいものは何か」という問いに答えるべく社長の野沢八千万(のざわ やじま)が自ら開発した、肉の挽き方などを工夫することによってつなぎを使わずに形状を保持できる牛肉100%のハンバーグである[5]

大きさは200gのクイーン、250gのキング、クイーンを2個合わせた400gのダブルがあり、ソースは和風ソースなど4種類の中から選ぶことができる[6]。かつては150gのゴールドも存在した。

来店客へ提供する際は、客の前で接客係が俵状のハンバーグを2つに切り分け、ソースをかけて供される。その際に肉汁やソースがはねるため、紙ナプキンでガードするなど注意するよう促される。

爆弾ハンバーグの製造は、栃木県河内郡上三川町テクノパークかみのかわに立地する自社工場の「栃木工場」で行っている[7][8]

店舗の特徴[編集]

  • 客席に呼び出しボタンを設置している。かつては人間的なホスピタリティを尊重するために設置していなかったが、顧客からの要望が多かったことから2015年4月より設置を開始し、2016年3月期中に全店舗へ設置する[9]
  • 店内にはドリンクバーが設置されている。これは、新しい顧客層の開拓を狙って2009年1月30日より各店舗へ順次導入されたものであり、事前に小山犬塚店で導入テストを行っている。導入以前もソフトドリンク類は一部を除いてお代わり自由だが、店員に申し出る必要があった[10]
  • 終日、ライスのお替り自由(平日・土曜11:00~16:00のランチメニューはランチスープも同様)。
  • 平日・土曜13:30~16:00の時間帯は、「ハッピータイムメニュー」が一部店舗で存在する。※「とろーりスパ」などのパスタ類とサラダデザート・ドリンク付。春日部南店や小山犬塚店など時期を変えてテスト導入されていた模様。[要出典]

歴史[編集]

創業[編集]

創業者であり2015年現在も社長を務める野沢八千万は、1947年に茨城県笠間市で生まれ、高校卒業後に上京、就職した東京都千代田区神田神保町の洋食店で2年間働いた。2件目に就職した店では、世界料理オリンピックの金メダリストである今井克宏の下で3年間働き経験を積んだ。そして29歳の誕生日である1976年11月29日に群馬県桐生市でピザとクレープの店「ノザワ」を創業した。当初の店舗は約40平方メートルの店内に24席の客席があった[11][12][13]

1980年代初頭に視察で米国を訪問した野沢は、日本においても郊外型レストランチェーンが受け入れられると考えた。1981年12月に株式会社ノザワハッピーフーズ事業本部を設立。フライングガーデンの1号店である「新桐生店」を開店したのは1984年8月であり、後に爆弾ハンバーグへと発展することになる「網焼きステーキハンバーグ」も投入された。そして1996年11月に社名を株式会社フライングガーデンへ変更している[5][14][15]

看板メニューである爆弾ハンバーグの試験導入は、すでに店のイメージが確立している既存店の周辺地区を避けて、既存店から離れた地区で1990年に開店したフライングガーデン 下戸祭店にて行われた[5]

当初の名称は「網焼き和牛100%ステーキ風ハンバーグ」であったが、鉄板上のハンバーグから煙が立ち上がる様子を見て爆弾を思い浮かべた野沢の発案によって、1991年に「爆弾ハンバーグ」へ改名された。改名に際してはイメージが悪いとして社員全員から反対されたが、周囲の反対を押し切って決断したものは大ヒットするという野沢の経営哲学に基づき改名された[16][15]

下戸祭店における爆弾ハンバーグの注文率は約60%を記録し、1993年には全店舗へ爆弾ハンバーグを導入している[5]

株式店頭公開[編集]

2004年3月に日本証券業協会の店頭売買有価証券市場「ジャスダック」へ株式の店頭登録を行い、12月にはジャスダックの証券取引所化に伴い、店頭登録を取消してジャスダック証券取引所へ上場した。これにより、新卒社員採用へ応募する学生が増えるなどの影響が出た[14][11]

株式の店頭公開以来、黒字決算を続けてきたフライングガーデンであったが、2008年3月期決算は原材料価格高騰などの影響で赤字になり3122万円の純損失を計上して、続く2009年3月期決算では赤字幅が広がり6億7545万円の純損失となった[17][18]

翌2010年3月期に黒字転換を果たしたものの、2011年3月期、2013年3月期、2014年3月期に再び赤字を計上している[19][20]

新業態の模索[編集]

2008年4月8日には新業態を模索する試みとして「カフェダイニング マリア・テラス」を開店した。主に女性や30代以上の客層を対象とする飲食店であり、店内は大人がくつろげるようにテーブルの間隔を広く取り、和室やテラス席、バーカウンターなどを設置してリゾートの雰囲気を7種類再現し、アジア、地中海など世界各国の料理70種類と、ドリンク100種類以上を提供する。投資総額は8000万円であり、フライングガーデン 西川田店(栃木県宇都宮市西川田町)の改装により開店した店舗であったが、目標未達のため11月30日に閉店した[17][18][21][12]

長期的には店舗数100店、売り上げ100億円の業態を複数作り、それらを持ち株会社の傘下とする目標を持っていた[21][12]

幸楽苑との提携[編集]

幸楽苑本社

2009年5月1日、ラーメンチェーン大手であり福島県郡山市に本社を置く株式会社幸楽苑との間で、パッケージ・ライセンス契約を締結したと発表した。これは、フライングガーデンが持っている商標権や店舗運営に関するノウハウなどを幸楽苑に提供し、福島県内での独占営業権を与えるものである[22]

2010年1月18日、契約に基づいて幸楽苑が経営する第1号店となるフライングガーデン 安積店が、郡山市において開店した。3000平方メートルの敷地内に80台の駐車場と広さ250平方メートルの建物が建つ店舗で、店内に客席88席を備える[23][24]

同店はフライングガーデンの福島県進出第1号店でもあり、株式会社フライングガーデンの直営店では爆弾クイーンと呼ばれている200グラムの爆弾ハンバーグを、地雷ハンバーグと命名するなどして独自性を打ち出している。なお2012年5月にこの第1号店は、サラダバーを導入するなどのリニューアルを行った上で店名をグリルガーデンに変更している[23][24]

幸楽苑の運営による店舗では、株式会社フライングガーデンが発行したサービス券などは利用できず、また逆に株式会社フライングガーデンが運営する店舗で、幸楽苑が発行したサービス券などを利用することもできない。

幸楽苑は、フライングガーデンを東北地方で6年以内に40店程度出店する計画を立てており、事業部の別会社化および上場も視野に入れている[23]

2013年2月から4月までの間に、幸楽苑公式HPの店舗情報からグリルガーデン 安積店が削除された[25]

撮影協力[編集]

フライングガーデン入間店

2012年に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ「ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日」の製作に際して、撮影に協力している。撮影はフライングガーデン 入間店にて行われ、7月28日に放送された第4話において、主人公の娘が思いを寄せている男性が働いているレストランとして登場している[26]

自社工場建設[編集]

2012年9月6日、栃木県河内郡上三川町のテクノパークかみのかわで自社工場の「栃木工場」竣工お披露目会を行った[8]

自社工場を建設する以前は茨城県内の食品加工業者に爆弾ハンバーグの生産委託をしていたが、生産設備が老朽化したため自社生産に切り替えることとして栃木工場を建設したものであり、生産委託から自社生産への切り替えは順次行い、2013年2月より全店舗で自社生産した爆弾ハンバーグの販売を開始した[8][27]

工場建設に伴う投資総額は3億5000万円であり、建物の大きさは2階建てで延べ床面積が957平方メートルとなっている。1日に12トンの爆弾ハンバーグを製造することができて、自社生産化により品質向上や生産強化を図る[7][8]

これに合わせて、従来よりも小さい爆弾ハンバーグをメニューに追加した。従来は200グラムと250グラムの爆弾ハンバーグを提供していたが、高齢者から大きすぎるという指摘があったことから150グラムを追加したもので、高齢者層の開拓を目的としている[8]

専門店への転換[編集]

2016年度までの3年計画においてはファミリーレストランから鉄板肉料理専門店への転換を企図し、食材の品質向上、サラダ・デザートの充実、爆弾ハンバーグのロゴ入り鉄板導入を進めて、店舗の改装ではテーブルの大型化や内装の更新を行う[28]

また6年ぶりとなる新規出店を2016年度に行う予定[28]

沿革[編集]

  • 1976年11月29日 - 野沢八千万が群馬県桐生市でピザとクレープの店「ノザワ」を創業[11]
  • 1981年12月 - 株式会社ノザワハッピーフーズ事業本部を設立[19]
  • 1983年7月 - 社名をノザワハッピーフーズ株式会社に変更[19]
  • 1984年8月 - フライングガーデンの1号店である新桐生店を開店[19]
  • 1990年 - フライングガーデン 下戸祭店の開店に合わせて爆弾ハンバーグを試験導入[16]
  • 1996年11月 - 社名を株式会社フライングガーデンに変更[19]
  • 2004年3月16日 - 日本証券業協会に株式を店頭登録(現在のジャスダック)[19]
  • 2008年4月8日 - 新業態店舗のカフェダイニング マリア・テラスを開店、11月30日閉店[21][18]
  • 2009年5月 - 株式会社幸楽苑とのパッケージ・ライセンス契約締結を発表[22]
  • 2010年1月18日 - パッケージ・ライセンス契約による第1号店として株式会社幸楽苑運営で安積店(福島県第1号店)が開店[23]
  • 2012年9月6日 - 栃木工場が竣工[8]

店舗[編集]

フライングガーデン公式HPの店舗案内を参照

閉店した店舗[編集]

フライングガーデン野田ウニクス店

フライングガーデン[編集]

  • 西川田店(栃木県宇都宮市西川田町913-1/リビングウエノ西川田店跡地) - 2007年11月11日閉店、ダイニングカフェ マリア・テラスへ改装[29]
  • 伊勢崎宮前店(群馬県伊勢崎市宮前町1427) - 2008年8月31日閉店[30]
  • つくば学園店(茨城県つくば市小野崎282-6) - 2010年3月期閉店[31]
  • 竜ヶ崎店(茨城県龍ケ崎市川原代町5579-1) - 2010年3月期閉店[31]
  • ビッグホップ印西店(千葉県印西市草深字原2085) - 2007年11月8日開店、2011年3月期閉店[32][33]
  • 神立店(茨城県かすみがうら市下稲吉3184-5) - 2014年5月6日閉店[34]
  • GLOBO蘇我店(千葉県千葉市中央区川崎町1-34) - 2008年7月26日開店、2014年9月20日閉店[30][35]
  • 守谷店(茨城県守谷市鈴塚292-1) - 2015年2月25日閉店[35]
  • 野田ウニクス店(千葉県野田市つつみ野1-1-3) - 2005年3月期開店、2015年10月25日閉店[36][37]
  • 熊谷新島店(埼玉県熊谷市新島12-4) - 2016年7月10日閉店[38]

マリア・テラス[編集]

  • ダイニングカフェ マリア・テラス(栃木県宇都宮市西川田町913-1) - 2008年4月8日開店、2008年11月30日閉店[17][18]

幸楽苑運営[編集]

  • グリルガーデン 安積店(福島県郡山市安積町荒井字南千保18-5) - 2010年1月18日開店、2013年閉店[39][25]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「有価証券報告書・第35期」 株式会社フライングガーデン2016年6月24日。
  2. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン−THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP。
  3. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン−THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP(インターネット・アーカイブ)。
  4. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン−THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP(インターネット・アーカイブ)。
  5. ^ a b c d 「企画/戦後60年 とちぎ産業史/8/外食産業/「高級な食」を大衆化/車社会着目、郊外に出店」『下野新聞』2005年8月6日付朝刊。
  6. ^ 期間限定「爆弾祭」実施のお知らせ」 株式会社フライングガーデン・IR情報2012年11月8日。
  7. ^ a b 「フライングガーデン、栃木・上三川町に新工場」『日刊工業新聞』2012年7月10日付。
  8. ^ a b c d e f 「フライングガーデン/爆弾ハンバーグ新商品/高齢者向け「小型」開発/上三川に自社工場完成」『下野新聞』2012年9月7日付朝刊。
  9. ^ 平成28年3月期4月度 月次業績のお知らせ」 株式会社フライングガーデン・IR情報2015年5月7日。
  10. ^ 平成21年3月期1月度 月次業績のお知らせ」 株式会社フライングガーデン・IR情報2009年2月9日。
  11. ^ a b c 「[元気な会社]「フライングガーデン」 野沢八千万社長56=栃木」『読売新聞』2004年4月8日付東京朝刊。
  12. ^ a b c 「企画/新わが社の戦略/44/フライングガーデン(レストランチェーン)/野沢八千万社長(60)/「新業態」で客層を拡大/目標は100店舗100億円」『下野新聞』2008年4月24日付朝刊。
  13. ^ 【飲食の戦士たち】in-職hyper(いんしょくハイパー)特別コラム 第392回 株式会社フライングガーデン 代表取締役社長 野沢八千万氏」in-職hyper公式HP。
  14. ^ a b 「有価証券報告書・第31期」 株式会社フライングガーデン2012年6月27日。
  15. ^ a b 「企画/開発者たち とちぎ・企業のチカラ/ファイル2/フライングガーデン/野沢八千万(のざわ・やじま)さん(59)/爆弾ハンバーグ/ネーミングで成功確信/1日10食、命懸けの試食」『下野新聞』2007年5月11日付朝刊。
  16. ^ a b 爆弾ハンバーグ フライングガーデン-THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP。
  17. ^ a b c 「有価証券報告書・第27期」 株式会社フライングガーデン2008年6月26日。
  18. ^ a b c d 「有価証券報告書・第28期」 株式会社フライングガーデン2009年6月26日。
  19. ^ a b c d e f 「有価証券報告書・第32期」 株式会社フライングガーデン2013年6月26日。
  20. ^ 「有価証券報告書・第33期」 株式会社フライングガーデン2014年6月26日。
  21. ^ a b c 「世界各国の料理提供/フライングガーデン/8日、新業態店オープン」『下野新聞』2008年4月5日付朝刊。
  22. ^ a b 株式会社幸楽苑とのパッケージ・ライセンス契約締結に関するお知らせ」 株式会社フライングガーデン・IR情報2009年5月1日。
  23. ^ a b c d 「フライングガーデン 郡山に東北1号店 幸楽苑が運営、出店拡大へ」『下野新聞』2010年1月26日付朝刊。
  24. ^ a b 四半期報告書 (第43期第1四半期) 株式会社幸楽苑」 株式会社幸楽苑・IRライブラリー2012年8月23日。
  25. ^ a b 店舗情報:福島「幸楽苑」」 Internet Archive公式HP。
  26. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン−THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP(インターネット・アーカイブ)。
  27. ^ 平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(非連結)」 株式会社フライングガーデン・IR情報2013年5月10日。
  28. ^ a b 「フライングガーデン/ファミレス転換 専門店に/差別化で顧客拡大狙う/6年ぶり新規出店再開へ」『下野新聞』2016年1月20日付朝刊。
  29. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン−THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP(インターネット・アーカイブ)
  30. ^ a b 爆弾ハンバーグ フライングガーデン−THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP(インターネット・アーカイブ)
  31. ^ a b 「有価証券報告書・第29期」 株式会社フライングガーデン2010年6月25日。
  32. ^ 平成20年3月期10月度 月次業績のお知らせ」 株式会社フライングガーデン・IR情報2007年11月9日。
  33. ^ 「有価証券報告書・第30期」 株式会社フライングガーデン2011年6月24日。
  34. ^ 平成27年3月期4月度 月次業績のお知らせ」 株式会社フライングガーデン・IR情報2014年5月7日。
  35. ^ a b 爆弾ハンバーグ フライングガーデン-THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP(インターネット・アーカイブ)。
  36. ^ 平成17年3月期決算短信(非連結)」 株式会社フライングガーデン・IR情報2005年5月10日。
  37. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン-THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP。
  38. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン-THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP。
  39. ^ 爆弾ハンバーグ フライングガーデン−THE FLYING-GARDEN」 株式会社フライングガーデン公式HP(インターネット・アーカイブ)

関連項目[編集]

関連項目[編集]

  • ハングリータイガー - 神奈川県横浜市を中心に展開するレストランチェーン。つなぎを用いず100%牛挽肉を炭火で焼く、従業員が客席でハンバーグを切り分けソースをかけるといった、当社の「げんこつハンバーグ」「おにぎりハンバーグ」とほぼ同様の製法である「オリジナルハンバーグステーキ」を1969年の創業時より提供している。
  • 炭焼きレストランさわやか - 静岡県を中心に展開するレストランチェーン。当社の「オリジナルハンバーグステーキ」に類似する「げんこつハンバーグ」「オリジナルハンバーグステーキ」を1988年より提供している。

外部リンク[編集]