ザ・プライス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・プライスの店舗(東松山店)

ザ・プライス (THE PRICE) は、株式会社イトーヨーカ堂が運営するディスカウントストアである。また、このディスカウントストアで販売されるプライベートブランド商品の名称でもある。

歴史[編集]

ザ・プライス千住店外観。イトーヨーカドーの看板がはっきりと確認できる。

1980年代初頭、株式会社イトーヨーカ堂(旧法人)がディスカウントストア業態に参入、店舗ブランド名を「ザ・プライス」とし、既存の総合スーパー「イトーヨーカドー」を転換する形で日本各地に4店舗を出店した。

2000年代に入ると業績不振や店舗施設の老朽化などもあって、当初出店していた4店舗はいずれも閉店したが、2008年8月29日にイトーヨーカドー西新井店を業態転換した西新井店が新生1号店としてオープン、続いて2008年11月14日にイトーヨーカドー川口駅前店を業態転換し、2号店として川口店がオープンし[1]、この2店舗でザ・プライスを実験的に営業をし続けた上で、2009年には再び首都圏を中心に小規模のイトーヨーカドー店舗の業態転換による出店が相次いだ。その後3年ほど出店を停止し運営体制を見直した上で、2013年に出店を再開した[2]。ただし、せんげん台店と野田店は旧店舗を完全に解体した跡地に新築出店している他、湘南台店は初の他系列店舗の居抜き出店として、富士ガーデン跡に2013年3月7日にせんげん台店以来3年ぶりの出店[2]

新店舗のロゴタイプは、これまでに閉店した4店舗のものと同じものを採用している。屋上看板はイトーヨーカドーとは異なりセブン&アイ・ホールディングスのロゴがない店舗もある。その中でも北千住駅近くにあった千住店はイトーヨーカドー発祥の地(1号店)ということもあり、ザ・プライスに転換後もイトーヨーカドーの看板を残していた[3]

再展開にあたっては消費者の節約志向が高まっている背景を受け、イトーヨーカドーよりも食品衣料品を25%から30%安く販売する方針である。再展開当初は基本的な取り扱い商品はすべてナショナルブランド商品で、「セブンプレミアム」などのプライベートブランド商品は取り扱わないということであったが、実際には当初の時期から一部の「セブンプレミアム」を取り扱っている。

衣食住全般を扱う店舗があれば、食料品・日用品のみ取り扱う店舗も存在する。

2009年6月22日からはプライベートブランドを展開している。プライベートブランドとしての「ザ・プライス」は「セブンプレミアム」よりも低価格帯の商品を取り扱っている。

ネットスーパーはザ・プライスの店舗では導入していなかったが、2010年3月29日から鶴ヶ峰店を手始めに開始した。

2010年9月には、川口店と同一の建物内に「セブンホームセンター川口店」が入居した[4]。セブンホームセンターがザ・プライスとの併設店舗となるのはこれが初のケースであったが、2015年5月にセブンホームセンターは「イトーヨーカドー アウトレット」に改装された。

ポイントカード・電子マネー[編集]

ザ・プライスではアイワイポイントカードの付与・利用はできない。イトーヨーカドーからの業態転換直後は利用が可能で、その後2か月程度の移行期間を経て、電子マネーnanacoとともに利用できなくなっていたが、現在は再びnanacoでの支払いが可能になっている。ただし、nanacoポイントの付与はない。なお、セブンカード(旧・アイワイカード)のクレジット払いでのみ、ポイントがつく。しかしながら、イトーヨーカドーのポイントカードがあれば、ザ・プライスにおいても「ぴゅあウォーター水」を一日で3.8リットル汲むことは可能である。

店舗一覧[編集]

2009年11月に開業したせんげん台店
(埼玉県越谷市、「セブンタウンせんげん台」のメインテナント)

2016年11月現在、首都圏に8店舗を展開している。 詳細は公式サイト「イトーヨーカドー 関東の店舗」(各業態共通)を参照。

閉鎖店舗[編集]

赤羽店
  • 東京都北区赤羽一丁目19番12号
  • 1961年10月開店のイトーヨーカドー旧赤羽店(初代)を改装し1982年 - 1983年頃開店、1995年1月8日閉店。1995年11月10日に開業した2代目イトーヨーカドー赤羽店とは別店舗。
  • 閉店後、マインマート赤羽店を出店した。3 - 5階は、かつての日本住宅公団(現・都市再生機構)が建設した市街地住宅(赤羽一丁目団地)である。現在は土地所有者等へ譲渡済みである。
  • 閉店時のイトーヨーカドー旧赤羽店では食料品は扱っていなかったが、ザ・プライス開店後しばらくは食料品を扱っていた。服飾・雑貨・宝飾品・スポーツ用品・住居関連商品などが中心の品揃えであった。
  • 開店時から、当時あまり普及していなかったバーコード読取り式のレジを導入していた。
溝ノ口店
長岡店(ザ・プライス丸大
  • 新潟県長岡市大手通二丁目2番地6
  • 「イトーヨーカドー丸大長岡店」が長岡駅前へ1988年に移転したのに伴い、「丸大長岡店」の旧店舗を改装し1989年9月開店、2000年8月閉店。
  • 建物は2001年から長岡市が賃借し、同年10月1日に市役所分庁舎と市民交流施設を併設した「ながおか市民センター」としてオープンした[6]。建物は「株式会社丸大」が所有しているため、建物正面に「株式会社丸大」の銘板がある。
琴似店
  • 北海道札幌市西区琴似2条1丁目2番1号
  • 1976年7月に開業したイトーヨーカドー旧琴似店(初代)を改装、2003年8月31日閉店。後に近隣のエスパ琴似店が2代目イトーヨーカドー琴似店に転換された。
  • 2004年7月に日本ユニテックが運営する「5588KOTONIショッピングセンター」としてオープンした。
鎌ケ谷店
  • 千葉県鎌ケ谷市富岡1丁目1番3号
  • 「イトーヨーカドー鎌ケ谷店」として2006年1月15日まで、「食品館イトーヨーカドー鎌ケ谷店」として2006年4月20日から2009年3月16日まで営業した後、2009年3月20日に開業した店舗。
  • 建物の老朽化を理由に、2012年4月19日をもって閉店した。
  • 跡地には「ショッピングプラザ 鎌ヶ谷」が建設され、2013年11月22日開業[7]。キーテナントとして食品館イトーヨーカドーが開店するため、事実上のイトーヨーカドーとしての再出店である。
鶴ヶ峰店
  • 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰1-7-10
  • 1984年に「イトーヨーカドー鶴ヶ峰店」として開店し、2009年6月19日に転換した。
  • 2014年2月23日をもって完全閉店した。
  • 店舗跡には三和ザ・ダイソーなどが入居している。
千住店
  • 東京都足立区千住3-2
  • 1945年12月に「羊華堂」として開店。のちに「イトーヨーカドー千住店」となり、2009年7月25日に転換した。
  • 上記の通りイトーヨーカドーの1号店である。
  • 建物の老朽化のため2016年4月10日をもって閉店。建物は取り壊され、2019年に新たに建てられる複合施設に業態を変更して再出店予定。
蕨店
東松山店

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この2店は、転換前に開業したアリオの近辺にある。
  2. ^ a b セブン&アイ、格安店再開日経ビジネス(2013年1月11日)2016年12月30日閲覧。
  3. ^ 東京芸術センター内にあるハローワーク足立(公共職業安定所)から両方の看板が掲げてあるのが見える。
  4. ^ 9/30(木) 『セブンホームセンター川口店』 開業 ディスカウントストア「ザ・プライス」との初の併設型店舗 (PDF) - イトーヨーカ堂ニュースリリース 2010年9月16日
  5. ^ 大規模小売店舗立地法に基づく廃止の届出 (PDF, 川崎市公告第183号 2002年7月8日)
  6. ^ 長岡市中心市街地活性化基本計画 p.4に「事業名:市民センターの運営 事業期間:H13~ 実施主体:長岡市 概要:空きビルを賃借して設置しているながおか市民センターの運営を行う。」の記述あり
  7. ^ “『食品館イトーヨカドー鎌ヶ谷店』と 21 の専門店 11/22「ショッピングプラザ 鎌ヶ谷」グランドオープン!!” (プレスリリース), イトーヨーカ堂, (2013年10月31日), http://www.itoyokado.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/pdf/2013/20131031.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]