イオンコンパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イオンコンパス株式会社
AEON compass Co., Ltd.
ワールドビジネスガーデン
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
261-7105
千葉県千葉市美浜区中瀬2丁目6-1
ワールドビジネスガーデン・マリブイースト5階[1]
設立 1971年2月(ジャスベル株式会社)[1]
業種 サービス業
法人番号 2040001008549 ウィキデータを編集
事業内容 旅行業(海外旅行・国内旅行)[1]
代表者 代表取締役社長 城友美
資本金 3億4,800万円[1]
純利益 ▲2億4095万5000円
(2022年02月28日時点)[2]
総資産 20億5978万9000円
(2022年02月28日時点)[2]
従業員数 300名[1]
決算期 毎年2月末
主要株主 イオンディライト株式会社(親会社)
イオン株式会社
イオンフィナンシャルサービス株式会社
外部リンク www.aeoncompass.co.jp/
特記事項:観光庁長官登録旅行業第239号
テンプレートを表示

イオンコンパス株式会社 (AEON compass Co., Ltd.) は、千葉県千葉市美浜区に本社を置くイオングループ旅行会社である[1]1971年昭和46年)2月に大阪府大阪市福島区ジャスベル株式会社として設立[1]2008年平成20年)8月、イオン株式会社の完全持株会社移行に伴い、サービス事業の管轄に入り[1]2012年平成24年)9月に現社名へ商号変更[1]。同年10月にイオンディライト株式会社子会社となった[1]

概要[編集]

主な業務内容は旅行代理店として、日本国内旅行や海外旅行の取扱業務を行う[1]。登録番号は観光庁長官登録旅行業第239号[1]

日本旅行業協会 (JATA) 正会員[1]旅行業公正取引協議会会員[1]。また日本旅行業協会正会員である旅行会社が加入を定められている「弁済業務保証金制度」に加え、さらに消費者保護を拡充するため、旅行会社の倒産などに備えて任意加入する「ボンド保証制度」[3]に正会員として加入し[1]、消費者への弁財額を高めている[3]

本業の旅行代理店としてのツアー業務のほか、出張やイベントなどのマネジメント業務、販促・プロモーション企画・イベント運営、採用・研修サポート、国際交流・グローバルインターンシップボランティア活動サポート、労働組合活動サポート(主に組合行事の運営代行)など、業務内容は多岐にわたる。

2012年3月には、ビルの一室を利用した事前予約制の貸会議室事業を開始。千葉市幕張を皮切りに、大阪駅前、名古屋駅前、東京駅前(八重洲)、名古屋笹島交差点と順次開設し、5か所を運営する。

2015年より、シャトルバス運行支援「スマート・シャトルバス」サービスを開始した[4]イオンモールなどイオングループの大型ショッピングセンターへのシャトルバス運行の窓口となり、地域のバスタクシー事業者へ運行を委託している[4]。またイオングループの商業施設以外にも、地域のコミュニティバス、企業や工場への通勤送迎バススクールバスマンション巡回バスなどの運行について、企業や施設の担当者に代わりバス事業者への委託業務代行を行っている[5]

沿革[編集]

主な事業内容[編集]

ツアー・マネジメント事業[編集]

ツアー・イベント事業

40年以上にわたり流通視察ツアーに専門特化している。小売・流通に関する知識や最新の情報・ノウハウを有しており、ニーズに合った視察先や、移動に負担のない視察先を提案している。またトレンドの店づくり手法や商品を学んだり、アメリカで注目されている店舗の視察など、最新の小売・流通の情報がなければできないツアーを提供することで定評がある。米国をはじめ、ASEAN中国欧州などに2名から催行可能な視察ツアーを提案しており、自社単独の米国視察研修ツアーを組みたい、若手社員に小売業を勉強させたい、といったニーズに応えている。品質の高いツアーとして顧客の支持を受けており、イオングループのみならず、一般小売業からも広く受注している。

流通視察ツアー以外にも、社会貢献ツアーとして日本国内外で植樹ツアーを中心としたエコツアーを毎年企画・実施している。イオン環境財団が国内外で企画する植樹祭を中心に、植樹活動に参加をするツアーを数多く企画・実施している。

マネジメント事業

流通視察ツアー、エコツアーの他にも、ビジネストラベルマネジメント (BTM) 事業を行う。BTM事業では、出張業務の一括アウトソーシングを提案し、出張に関わる手配を一元管理することで企業の負担を軽減し、コスト削減と業務効率の向上を実現する。

またMICE(マイス)事業を展開している。MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関や団体、学会等が行う国際会議 (Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を取った造語頭字語)で、これらのビジネスイベントを総称する語である[11]。当社のMICE事業では、人々が集まるビジネスシーン時に発生する会場や宿泊、交通等の多岐にわたる手配を一括代行するとともに、研修や会議、セミナー等が最大の効果を発揮するよう運営全般をサポートしている。

イベント事業

イベント事業では「旅」を通じて蓄積してきたノウハウをもとに、顧客企業の目的に合わせた各種イベントのトータルサポートを提案する。周年イベント、フェア、展示商談会などをトータルサポートする「イベント事業」、旅の懸賞企画など、目的別に最大限の効果を提案する「トラベル事業」、国・地域の観光・交流を目的とした「地域交流イベント事業」を行っている。その他にも「イオンからはじまる旅の新スタイル」を提案し、イオンの駐車場にマイカーを停めて観光バスで行く「パーク&ライド」、イオンの駐車場に停めてJALの旅客機へ搭乗する「パーク&フライ」といった、イオンならではの旅を提供している。

シャトルバス事業[編集]

イオンコンパスでは、シャトルバス運行支援「スマート・シャトルバス」サービスを「地域密着型シャトルバス」と位置づけ、「地域の足として、大切な方々を正確・安全に輸送する」「都市型・高齢化社会を助ける地域密着型の交通手段」と銘打っている[4][5]

元は各地のイオンモールなど、イオングループの大型商業施設へのシャトルバス運行のために始まったサービスである[4][5]。特に地方で多店舗展開するイオングループでは従来から、店舗と鉄道駅などを結ぶ「買い物バス」としてシャトルバスの運行例が多数みられた。実際にイオンの店舗と地域を結ぶシャトルバスが、民間によるコミュニティバス的な機能を担っている地域もみられる[注釈 1]。イオンの店舗へのシャトルバス運行で培ったノウハウを活かし、イオングループの施設にとどまらず他社の商業施設や企業送迎、スクールバスやコミュニティバスなどへの応用と発展を図ったものである[4][5]

イオングループの大型商業施設のシャトルバスの例

「スマート・シャトルバス」サービスでは、以下のようなシャトルバス運行に関するあらゆる業務を請け負い、バス事業者への委託業務全般を代行している[5]

  • 運行バス会社の選定、運行経路とダイヤ時刻表の作成とそのための調査
  • バス停留所等の乗降場所のサイン制作
  • 毎日の乗降調査・集計、運行記録の制作管理
  • 毎月の運行管理、運転者の指導監督、運行実態調査員の派遣、運行事業者への交通安全講習会の実施
  • 乗務員の定期研修(四半期に1回)
  • 管理担当者による巡回指導、事故の際の調査業務
  • 運行事業者協議会の開催、三者間協議会の実施
  • 緊急時スタッフ派遣、イベントスタッフ派遣(オプション)
  • シャトルバス運行に関する告知媒体の制作・配布(オプション)

また、GPSを利用した独自のバスロケーションシステム「BUS SEARCH(バスサーチ)」を導入し、車両の位置情報を一括管理するとともに、利用者へ運行情報を配信することができる[15]。またこのシステムはシャトルバスのオプションとしてだけでなく、自社車両の運行管理などのためシステム単体のみ導入することも可能としている[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 地方に限らず首都圏でもそうした例は見られ、一例として東京都東久留米市では行政主導による乗合バスとしてのコミュニティバスは運行されていないが、イオンモール東久留米と東久留米駅や市役所、周辺の団地などを結ぶシャトルバスがコミュニティバス的な形態で運行されている。詳細は西武バス滝山営業所#イオンモール東久留米シャトルを参照。なお東久留米市はデマンド型交通くるぶー[12]2020年3月16日より運行開始したが[13]、利用は事前登録した市民に限られる[14]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 会社概要・沿革 イオンコンパス株式会社、2021年12月14日閲覧。
  2. ^ a b イオンコンパス株式会社 第52期決算公告
  3. ^ a b ボンド保証制度とは コトバンク
  4. ^ a b c d e f スマート・シャトルバスサービスを開始 イオンコンパス株式会社 ニュースリリース、2015年12月24日
  5. ^ a b c d e 地域密着型シャトルバスサービス「スマート・シャトルバス」 イオンコンパス株式会社、2021年12月14日閲覧。
  6. ^ ENDO堺筋ビル内に貸会議室がオープン イオンコンパス株式会社 ニュースリリース、2015年6月15日
  7. ^ [1] イオンコンパス株式会社 ニュースリリース、2016年4月4日
  8. ^ 東京駅前会議室がOPENいたしました! イオンコンパス株式会社 ニュースリリース、2016年4月25日
  9. ^ イオン(株)共同のインターンシップ事業について イオンコンパス株式会社 ニュースリリース、2018年5月23日
  10. ^ 新型コロナウイルスワクチン職域接種サポートサービスの提供開始について イオンコンパス株式会社 ニュースリリース、2016年6月2日
  11. ^ MICEとは 日本政府観光局
  12. ^ デマンド型交通 東久留米市、2021年12月14日閲覧。
  13. ^ 東久留米市デマンド型交通「くるぶー」の出発式を開催しました”. 東久留米市 (2020年(令和2年)3月19日更新). 2021年12月14日閲覧。 “東久留米市デマンド型交通「くるぶー」の運行開始に伴い、「くるぶー」の出発式を令和2年3月16日(月曜日)に東久留米駅西口ロータリーで開催しました。”
  14. ^ デマンド型交通「くるぶー」の利用登録申請がインターネット上で出来るようになりました 東久留米市、2021年(令和3年)4月7日更新、2021年12月14日閲覧。
  15. ^ a b バスロケーションシステム「BUS SEARCH」 イオンコンパス株式会社、2021年12月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]