誠心物流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
誠心物流株式会社
誠心物流 イオン送迎バス
誠心物流「ゆめりあバス」の車両
イオン穂波ショッピングセンターシャトルバス
種類 株式会社
略称 ゆめりあバス
本社所在地 日本の旗 日本
823-0011
福岡県宮若市宮田1454-3
設立 1995年3月1日
業種 陸運業
法人番号 8290801014501 ウィキデータを編集
事業内容 貨物自動車運送事業
旅客自動車運送事業
旅行業
不動産業
児童福祉法に基づく障害児通所支援事業
代表者 代表取締役 岩見裕輔
資本金 1,000万円
従業員数 97名(2016年1月現在)
外部リンク https://yumeria-bus.com/
http://bus-tehaiya.jp/index.html
http://welfare-dream.com/
テンプレートを表示

誠心物流株式会社(せいしんぶつりゅう)は、福岡県宮若市宮田本社を置く企業である。貨物運送事業のほか、「ゆめりあバス」のブランド名で福岡県飯塚市を拠点にバス事業を行っている。そのほか旅行業、社会福祉施設の運営事業も行う。

概要[編集]

1970年3月に創業し、1995年3月1日に現社名へ変更。貨物運送事業では、長距離輸送、地場輸送、専属輸送事業を営んでいる。

2010年に観光事業部を開設し、バス部門として「ゆめりあバス」のブランド名で運行開始。同年に旅行業部門として「トリプル・エー・ツアーズ」のブランド名で営業開始した。飯塚市コミュニティバスのほか、宮若市のコミュニティバスを運行受託している。2014年までは鞍手町のコミュニティバスも受託していた。

2015年からは社会福祉事業に参入し、「ウェルフェアドリーム」のブランド名で放課後等デイサービス・相談支援事業を開始した。

事業所[編集]

  • 本社:福岡県宮若市宮田1454-3
  • バイパス営業所:福岡県飯塚市勢田2593-36

沿革[編集]

  • 1970年3月 - 創業。
  • 1995年3月1日 - 誠心物流株式会社へ社名変更。
  • 2002年2月 - 関連会社として、筑豊中小経営事業協同組合を設立。
  • 2004年11月 - バイパス営業所を開設、物流センターとして営業開始。
  • 2010年 - 観光事業部を開設。
    • 3月 - 観光事業部、バス部門として「ゆめりあバス」を運行開始。
    • 4月 - 観光事業部、旅行業部門として「トリプル・エー・ツアーズ」の運営を開始。
  • 2011年6月20日 - 買い物バス「宮若無料ぐるぐるバス」を運行開始。
  • 2014年9月30日 - 鞍手町コミュニティバスの運行受託を終了。西鉄バス筑豊へ移管。
  • 2015年4月1日 - 社会福祉事業部を設立。放課後等デイサービス・相談支援事業として「ウェルフェアドリーム」の運営を開始。

バス事業[編集]

ゆめりあバス」のブランド名で、福岡県飯塚市に拠点を置き、貸切バス及び乗合バス事業を営んでいる。

乗合バス[編集]

現行路線
過去の路線

送迎バスなど[編集]

  • 宮若無料ぐるぐるバス
    • 宮若市内で運行。「買い物弱者」を主な対象として、市内の団地やスーパーなどおよそ20キロの区間を所要時間58分で循環運行する。市内企業・事業所などの協賛金で運行し、赤字額は自社で負担する。正式には貸切運行扱い(送迎バスの一種)だが、誰でも乗車可能である[2]。土日祝日や盆・正月は運休。
  • イオン穂波ショッピングセンター無料シャトルバス
  • 九州工業大学スクールバス
    • 九州工業大学飯塚キャンパスと飯塚バスターミナル新飯塚駅を結ぶスクールバス。大学関係者でなくても乗車できるが、有料で専用利用券を購入する必要がある、1回利用券は100円、1か月利用券は2,400円。1回利用券は飯塚バスターミナル前の回春堂薬局、新飯塚駅西口に併設されているファミリーマートJR新飯塚駅店、九州工業大学生協内で販売される。通常は平日のみ運行、土日祝日は運休。大学の長期休暇期間中は減便して運行される。大学での行事開催日には、土日祝日も運行し無料で乗車できる。

貸切バス[編集]

一般貸切バス事業を行っている。かつては大手旅行代理店が主催する都市間ツアーバスの運行を受託していたが、2013年7月31日に新高速乗合バス制度の開始により撤退した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]