消費者保護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

消費者保護(しょうひしゃほご)とは経済学用語の一つ。市場において自由取引が行われる社会では、消費者利益というものは侵害されやすい状態に置かれているが、このような消費者の脆弱性的な利益を守ろうとする公権力の事を言う。これは近代資本主義の発展などという、20世紀以降の科学技術の発展と共に行われるようになった大量生産や専門的なサービスと共に重要視されるようになった概念であり、その背景にはこれらと相まって消費者問題の深刻化や消費者運動の強力化などといった事柄が存在する。このことから消費者保護というのは現代国家においての重要な課題、政策の一つであると言える。

外部リンク[編集]