消費者の権利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

消費者の権利(しょうひしゃのけんり)とは、1962年に、ジョン・F・ケネディによって提唱された、消費者が持っているとされるいくつかの権利である。

各々の権利[編集]

ケネディが提唱した権利は、以下の4つでこれらを消費者4つの権利と言う。

  • 安全である権利
  • 知らされる権利
  • 選択できる権利
  • 意見を反映させる権利

また1975年ジェラルド・R・フォードによって「消費者教育を受ける権利」が追加され、消費者5つの権利と呼ばれるようになる。現在は、1980年国際消費者機構(CI)が追加した「生活の基本的ニーズが保障される権利」「救済を求める権利」「健康な環境を求める権利」を含め、消費者8つの権利と呼ばれている。これらの権利は、2004年施行の消費者基本法にも明記され、日本国内において消費者が持っている権利であるということが明文化された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]