日本旅行業協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般社団法人日本旅行業協会
Japan Association of Travel Agents
団体種類 一般社団法人
設立 2011年4月1日
所在地 東京都千代田区霞が関3丁目3番3号
全日通霞が関ビル[1]
法人番号 1010005016700
主要人物 会長 田川博己[1]
活動地域 日本の旗 日本
会員数 正会員:1,191社
協力会員:430社
賛助会員:97社
在外賛助会員:453社
(2017年3月24日現在)[1]
ウェブサイト http://www.jata-net.or.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人日本旅行業協会(にほんりょこうぎょうきょうかい、英文名称Japan Association of Travel Agents、略称JATA)は、旅行代理店業界団体である。全国旅行業協会に比べて年会費が高額であるため、会員は第1種・第2種の比較的大規模な旅行代理店が多い[2]。以前は国土交通省所管の社団法人だったが、公益法人制度改革に伴い、2011年4月1日一般社団法人に移行。

業務内容[編集]

沿革[編集]

  • 1959年(昭和34年)6月10日 - 国際旅行業者協会発足
  • 1963年(昭和38年)11月 - 社団法人としての認可を受ける
  • 1972年(昭和47年)4月5日 - 運輸大臣指定の旅行業協会となる
  • 1975年(昭和50年)10月1日 - 日本旅行業協会に名称変更
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 一般社団法人に移行

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本旅行業協会のあらまし”. 一般社団法人日本旅行業協会. 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ 旅行業登録ナビ
  3. ^ 二階俊博事務所

外部リンク[編集]