イオンモール与野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール与野
ÆON MALL YONO
AEON Yono SC 001.JPG
店舗概要
所在地 338-0004
さいたま市中央区本町西五丁目2-9[1]
座標 北緯35度53分26.5秒 東経139度36分53.1秒 / 北緯35.890694度 東経139.614750度 / 35.890694; 139.614750座標: 北緯35度53分26.5秒 東経139度36分53.1秒 / 北緯35.890694度 東経139.614750度 / 35.890694; 139.614750
開業日 2004年平成16年)12月15日[2]
施設所有者 三菱UFJ信託銀行株式会社[4]
施設管理者 イオンリテール株式会社

イオンモール株式会社
設計者 NTTファシリティーズ
敷地面積 55,256 m²
延床面積 134,204 m² (容積率243%)
商業施設面積 52,205[1]
中核店舗 ジャスコ与野店[4]

イオン与野店
店舗数 117
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 3,000台
前身 日本ピストンリング与野工場

イオン与野ショッピングセンター[3]
最寄駅 北与野駅さいたま新都心駅
最寄IC 与野出入口
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール与野(イオンモールよの)は、埼玉県さいたま市中央区に所在するイオンモール株式会社[5]が運営するモール型ショッピングセンター

概要[編集]

「ジャスコ与野店」を核店舗とする「イオン与野ショッピングセンター」[4]として2004年(平成16年)12月15日に正式に開業した[2]

もともと当地には2002年まで日本ピストンリングの与野工場が置かれていたが、同機能を岩手県一関市およびインドネシアに新設するグループ会社の工場へ移転することが決まり、2003年に日商岩井(現・双日)と日本土地建物特別目的会社である有限会社ネオパス・エフアイエスに70億円で売却された。ネオパスがショッピングセンター建物を開発し、イオンリテールへ賃貸させる形で開店。

建設中の仮称は「イオンさいたまショッピングセンター」であった。なお、日商岩井が取得した区画は長谷工コーポレーション施工の大型分譲マンション「ソフィアさいたま新都心」が分譲されている。

核店舗の「ジャスコ与野店」[4]2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[6]ことに伴って「イオン与野店」に改称した。

2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一[7]に伴い、同年11月21日に「イオン与野ショッピングセンター」から「イオンモール与野」に名称が変更された[3]

2013年(平成25年)11月からイオンリテールの運営していた大型ショッピングセンターをイオンモールの運営に委託することになった[7]ことに伴い、同社の管理運営に移行した。

主なテナント[編集]

イオン与野店を核店舗として117店舗のテナントが入居する。

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「フロアガイド」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “オープン情報=イオン「ジャスコ与野店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年12月15日)
  2. ^ a b “イオン与野ショッピングセンター 12月15日(水)グランドオープン 埼玉県さいたま市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2004年12月23日)
  3. ^ a b 『11月21日 (月) モール型SC名を「イオンモール」に名称統一します』 イオン (2011年10月27日)
  4. ^ a b c d e 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  5. ^ 2013年10月31日迄はイオンリテール株式会社
  6. ^ “新生イオン誕生控え、サティとジャスコが合同で「入社式」/茅ケ崎”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2011年2月28日)
  7. ^ a b “イオン、大型SCの運営を一元化 イオンモールに集約へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2013年10月24日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]