イオンのお葬式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオングループ > イオンリテール > イオンのお葬式
イオンライフ株式会社
AEON LIFE Co.,Ltd
Makuhari Techno Garden.jpg
イオンライフ株式会社が入居する
幕張テクノガーデンD棟(右側のビル)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
261-0023
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
幕張テクノガーデンD棟11階
設立 2014年9月1日
業種 サービス業
事業内容 葬祭斡旋業、シニア支援サービス事業
代表者 島田 諭(代表取締役)
資本金 6,500万円
主要部門 イオンのお葬式
永代供養
イオンのペット葬
イオンの終活
関係する人物 広原 章隆
外部リンク http://www.aeonlife.jp/
テンプレートを表示

イオンのお葬式(イオンのおそうしき)は、イオンライフ株式会社が展開している葬祭斡旋事業である。

概要[編集]

2009年9月、イオン独自の「葬儀サービス品質基準」を定め、それに沿った葬儀プランと費用を打ち出し、下請けの葬儀業者にそれを実施させている。葬儀業者や僧侶に対しては、研修セミナーを行っている。

葬儀プラン[編集]

火葬のみの火葬式、お通夜から火葬まで一連の流れで葬儀を行なう家族葬、時間がない人向けの1日葬、自宅で行なう自宅葬、家族葬をさらに大きな規模で行いたい人向けの家族葬セレクト、項目が自由に選べるフリープランがある。

沿革[編集]

  • 2009年9月1日、「イオンのお葬式」事業開始
  • 2010年5月、イオンのお葬式公式ホームページ上に「お布施額の目安」を掲載。これに対して全日本仏教会が「企業による宗教行為への介入」として公表の中止を要請
  • 2012年3月、関東限定で「イオンのペット葬」開始、以降近畿、北陸地方に拡大
  • 2012年5月、5つのセットプラン(火葬式・家族葬・1日葬・自宅葬・家族葬セレクト)開始
  • 2012年8月、分割払い開始
  • 2013年5月、東京国際フォーラムで開催された「GGコレクション」に出展
  • 2013年9月1日、「イオンの永代供養」開始[1]
  • 2014年9月1日、イオンライフ株式会社として分社[2]
  • 2017年12月8日、千葉市終活支援業務を受託[3]
  • 2019年5月17日、代表取締役が広原章隆から島田諭に交代[4]

不祥事[編集]

景品表示法違反

2017年12月22日、新聞広告に「追加料金不要」と掲載しながら、実際には追加料金が掛かるケースが全体の4割に上ったとして、消費者庁から景品表示法違反(有利誤認)で再発防止を求める措置命令を受けた[5]。また、これに関連して消費者庁は2019年4月12日に、同社に対し同法違反で課徴金179万円の支払いを命じた[6]。この問題を受け、イオングループ本社は2019年5月17日付で、広原章隆を代表取締役から更迭、グループ本社から島田諭を新たに代表取締役として指命した[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]