金光薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金光薬品株式会社
kanamitsuyakuhin Co.Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
710-0056
岡山県倉敷市鶴形1丁目2番25号
設立 1949年
業種 小売業
法人番号 5260001016659 ウィキデータを編集
事業内容 保険調剤、医薬品・化粧品及び関連品販売
代表者 代表取締役社長 藤岡康二
資本金 4500万円
発行済株式総数 865000株[1]
売上高 43億6900万円
(2021年3月期)[1]
営業利益 △1億5400万円
(2021年3月期)[1]
経常利益 △1億900万円
(2021年3月期)[1]
純利益 △1億4600万円
(2021年3月期)[1]
純資産 △2億2700万円
(2021年3月31日現在)[1]
総資産 29億9600万円
(2021年3月31日現在)[1]
従業員数 208名
決算期 3月31日
主要株主 ウエルシアホールディングス株式会社 100%[1]
外部リンク https://welcia-kanamitsu.com/
テンプレートを表示

金光薬品株式会社(かなみつやくひん)は、かつて岡山県南部にドラッグストア「金光薬品」・調剤薬局「金光調剤」のチェーン店を経営していた企業。マスコットキャラでもある3匹の親子、「あゆたん」がシンボルマークである。セガミメディクス(現・ココカラファインヘルスケア)と業務提携していたが、2019年(令和元年)6月にはウエルシアホールディングスの子会社となった。

ウエルシアグループの再編に伴い、2022年(令和4年)6月1日付でウエルシア薬局へ吸収合併され、解散した[1]

同社は、隣地の岡山県浅口市金光町に本部を持つ金光教と漢字では同一だが、関係はない。読みも同社は「カナミツ」、金光教および地名は「コンコウ」である。当社には浅口エリアに「金光店」が出店している。

沿革[編集]

  • 1934年昭和 9年) - 倉敷市で金光薬局創業。
  • 1949年(昭和24年) - 金光薬品株式会社設立、岡山駅前店・本社開設。
  • 1973年(昭和48年) - 多店舗化スタート。
  • 1987年(昭和62年) - ロードサイド型1号店舗・東岡山店オープン。
  • 1998年平成10年) - 調剤主体のドラッグストア型店舗を開設(金光調剤)。
  • 2009年(平成21年)- 関西地盤の大手、セガミメディクス(現・ココカラファインヘルスケア)と業務提携を開始。
  • 2013年(平成25年) - 8月頃より自社運営ポイントカードを廃止してTポイント(Tカード)に切り替えた。
  • 2019年令和元年)6月3日 - ウエルシアホールディングスの子会社となりウエルシアグループ入りした[2]
  • 2022年(令和4年)6月1日 - ウエルシア薬局へ吸収合併され解散[1]

店舗[編集]

2021年(令和3年)6月時点での店舗数は28店舗(うち、処方箋受付店19店舗)で、エリアごとの店舗数は以下の通り。

  • 倉敷エリア:15店舗(うち、処方箋受付店12店舗)
  • 岡山エリア:8店舗(うち、処方箋受付店4店舗)
  • 瀬戸内エリア:2店舗(全店舗処方箋受付店)
  • 浅口エリア:2店舗(うち、処方箋受付店1店舗)
  • 玉野エリア:1店舗(処方箋受付店なし)

倉敷エリアでは地域一番店であるなどドミナント方式での店舗展開を行っている一方、岡山エリアでは競合相手のくすりのラブマツモトキヨシ中四国販売が運営)やザグザグ(ナチュラルホールディングス傘下ではあるものの、当社と同じハピコムの加盟企業)、ひまわり(2021年12月1日付当社と同じウエルシアホールディングス傘下となる)でに後塵を拝している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 完全子会社間の合併に関するお知らせ ウエルシアホールディングス 2022年1月18日
  2. ^ グループ会社に関するお知らせウエルシアホールディングス株式会社 2019年6月3日

関連項目[編集]