ミズ (ドラッグストア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ミズ
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
840-0054
佐賀県佐賀市水ヶ江1丁目1番11号
設立 1966年
業種 小売業
法人番号 4300001000964
事業内容 ドラッグストア、調剤薬局の展開
代表者 代表取締役会長 溝上泰弘
資本金 7800万円
売上高 105億(2015年7月期)
純利益 4億6986万3000円(2018年07月31日時点)[1]
総資産 64億0249万円(2018年07月31日時点)[1]
従業員数 463名
外部リンク http://www.miz-pharmacy.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ミズは、佐賀県福岡県を地盤に、ドラッグストア、調剤薬局を運営する企業

概要[編集]

店名は「溝上薬局」という。また、調剤専門薬局を幅広く展開しており、現在の主力事業となっている。その他、化粧品専門店の「my cosmetic house miz」や漢方薬専門店「みず堂」がある。なお、化粧品専門店は「東京小町」の屋号で関東地方にも展開している。

2014年にはローソンと提携してフランチャイジーとなり、コンビニエンスストアと調剤併設型ドラッグストアを1つにまとめた「LAWSON+MIZ(ローソンミズ)」をオープンさせた。当然、薬剤師が居ない時間は要指導・第1類の医薬品は販売できない。

沿革[編集]

  • 1910年(明治43年) 佐賀県有明町に薬局開業
  • 1935年(昭和10年) 佐賀県白石町に支店開設
  • 1959年(昭和24年) 医薬品卸売業 溝上薬品株式会社設立。
  • 1966年(昭和39年) 溝上薬品から薬局事業が独立して、「溝上薬局」を開局
  • 1987年(昭和62年)8月 有限会社「健勝堂薬局」設立
  • 1988年(昭和63年)4月 溝上薬局本社ビル落成、店舗屋号を現在の「MIZ」に改称。
  • 1992年(平成4年)
    • 7月 「溝上薬局 小郡店」の開局により福岡県へ進出。
    • 8月 溝上薬局を株式会社ミズに改組。
  • 2002年(平成14年)11月 「MIZフレスタ佐世保店(現・MIZえきマチ1丁目佐世保店)」の開店により長崎県に進出。
  • 2010年(平成22年)
    • 2月 株式会社漢方みず堂を設立。
    • 11月 「ひがしやかた店」の開局により熊本県に進出。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 「おへそ保育園」を開園。
    • 8月 株式会社フォーウエストを合併。
  • 2012年(平成24年)9月 株式会社ミズ長崎を設立。
  • 2014年(平成26年)6月 コンビニエンスストアと調剤併設型ドラッグストアを兼ねるハイブリッド業態「ローソンミズ」1号店の木原店を開店、介護福祉事業「ミズケア」を立ち上げる。

店舗[編集]

2018年4月現在、76店舗を展開する。全体の7割以上にあたる55店舗が調剤専門薬局で、調剤併設型やコンビニエンスストア併設業態を含めたドラッグストアは7店舗と少数である。

九州地区
  • 佐賀県 - 37店舗
    • 佐賀エリア(佐賀市内) - 23店舗(「溝上薬局(調剤専門)」17店舗、「溝上薬局(調剤併設型ドラッグストア)」2店舗、「MIZ」3店舗、「ローソンミズ(コンビニエンスストア併設型ドラッグストア)」1店舗)
    • 佐賀西エリア - 11店舗(全店舗「溝上薬局(調剤専門)」)
    • 佐賀東エリア - 5店舗(全店舗「溝上薬局(調剤専門)」)
  • 福岡県 - 22店舗(「溝上薬局(調剤専門)」16店舗、「漢方みず堂」3店舗、「ローソンミズ」3店舗)
「漢方みず堂」は2店舗が調剤併設型店舗、1店舗は同業他社が運営する調剤薬局内に出店する漢方専門店
  • 長崎県 - 5店舗(「溝上薬局(調剤専門)」4店舗、「MIZ」1店舗)
長崎市内の調剤専門薬局はミズ長崎の運営。佐世保市の「MIZえきマチ1丁目佐世保店」は化粧品専門店ではなく、調剤を併設しない一般型のドラッグストアである。
  • 熊本県 - 3店舗(「溝上薬局(調剤専門)」2店舗、「漢方みず堂」1店舗)
関東地区
関東地区の店舗は化粧品専門店「東京小町」のみ。また、複合施設(ラゾーナ川崎ららぽーとイオンモール)内に出店する。
  • 神奈川県 - 2店舗
  • 東京都 - 1店舗
  • 埼玉県 - 1店舗
その他の地区
その他の地区の店舗は漢方専門店「漢方みず堂」のみ。
  • 沖縄県 - 2店舗
  • 静岡県 - 1店舗

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]