アイロムロハス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社アイロムロハス
I'rom Lohas Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-0071
東京都千代田区富士見2丁目14番37号富士見イースト
設立 1952年10月
業種 小売業
事業内容 ドラッグストア、調剤薬局の展開
代表者 代表取締役社長 北浦昭博
資本金 8400万円
主要子会社 株式会社アポテカ
株式会社ウイング湘南
外部リンク http://www.irom-lohas.co.jp/ (リンク切れ)
テンプレートを表示

株式会社アイロムロハスは、かつて存在した東京都千代田区に本社を置く企業である。スローガンは「地域に密着した健康のコンシェルジュ」。

概要[編集]

SMO(治療施設支援機関)を中心とするアイロムグループの店舗事業であった。「ヒノミドラッグ」「ドラッグストアヒノミ」や調剤薬局24店舗を運営していたヒノミ薬品をアイロムが2005年子会社化し、同年12月に株式会社アイロムロハスに商号変更した。2006年には同じく医薬品販売を行う株式会社トリモを吸収合併している。2012年には株式会社ウィーズホールディングスを中心としたウィーズグループのSOARINVESTMENT株式会社の子会社である株式会社リーフ及び株式会社アポステータスに子会社2社を含めたアイロムロハスの事業は譲渡された。

ヒノミドラッグ[編集]

前述のとおり、ヒノミ薬品、アイロムロハス、リーフと運営会社は変遷しているが、ヒノミドラッグなど旧来の商号にて2017年現在も営業は継続されている。株式会社リーフはその後G&Gワークスホールディングスの子会社となっている。

外部リンク[編集]