バイゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ドラッグストアバイゴー
Baigoome.JPG
バイゴー本部藤橋店
(現・セイムス青梅藤橋店)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
198-0022
東京都青梅市藤橋2-561-4
業種 小売業
事業内容 ドラッグストア・調剤薬局のチェーン経営
代表者 佐々木桂一・藤垣孝典
資本金 9,870万4千円
売上高 166億円(2013年3月期)
従業員数 1.430名(正社員300名)
主要株主 富士薬品 (2007年11月同社の傘下入り)
テンプレートを表示

バイゴーは、かつて東京都多摩地域および埼玉県に展開していたドラッグストア・調剤薬局のチェーン店。2007年に同業のドラッグセイムスを運営する富士薬品により買収された[1]。名称は、創業者である前社長の出身地、青梅市西部にある吉野梅郷の梅郷(ばいごう)に由来する[2]。店舗は、東京都においては西多摩地方が中心で、かつては80を超える店舗を有し静岡県にも出店していた。2013年10月には富士薬品に吸収合併され、法人としては消滅している[3]。また店舗も、買収後のリニューアルによって順次「セイムス」ブランドへと改称され、2019年現在では「バイゴー」ブランドの店舗は消滅している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 富士薬品が中堅ドラッグストアのバイゴーを買収”. 薬事日報社 (2007年10月22日). 2017年8月12日閲覧。
  2. ^ バイゴー企業情報 沿革 - 1971年10月、東京都青梅市梅郷に梅郷薬品を設立[リンク切れ]
  3. ^ 株式会社ドラッグストアバイゴーの吸収合併に関するお知らせ - 富士薬品プレスリリース(アーカイブ)

外部リンク[編集]