吉野梅郷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉野梅郷の中心、青梅市梅の公園

吉野梅郷(よしのばいごう)は、東京都青梅市にある園。2014年に梅の木が全て伐採されるまでは関東地方で有数の観梅の名所であった。

概要[編集]

青梅市の中心部よりやや西部に位置する、日の出山から伸びる丘陵と多摩川との間の長さ4kmほどの地域に25,000本の梅が植えられていた。青梅市梅の公園後述参照)のほか、一帯には個人の梅園が多く点在する。

東京都内ではあるが、都心部より標高がやや高いほか、丘陵の北面に位置するため、都心部より遅く見ごろを迎える。

2009年4月に、植物防疫法の法令検疫対象のプラムポックスウイルスの感染が梅の木としては世界で初めて確認され[1]、2010年に123本が伐採された。その後も調査で見つかった感染木を毎年処理していたが、2013年11月に農林水産省が「プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令」を改正し、感染木の周囲の木も伐採するように定められたため、一般の入園を2014年4月3日をもって終了し、翌4月4日から5月30日までの間に園内の梅1,266本を全て伐採することとなった。今後、梅を植樹するには、この伐採から3年間に付近で新たな感染が無いことが条件となっている[2]

2015年、梅の里再生を目指し、NPO法人「青梅吉野梅郷梅の里未来プロジェクト」が設立された。

主な施設[編集]

梅郷の東南端に位置する。120品種、1,500本の梅が植えられていたが、青梅市がプラムポックスウイルスの防除に失敗したため梅は全て伐採されてしまった。
公園は、市が1972年に整備した。入園料は無料だが、開花期(おおむね3月中)のみ有料となる。

イベント[編集]

毎年2月下旬から3月31日まで「梅祭り」が開かれていたが、梅の木がすべて伐採されてしまった為、2015年は「吉野梅郷花まつり」と名称を変更している。様々なイベントが催されるが、その中でも3月中旬の日曜日が最も賑やかで、周辺の家々が露店を出したり、日向和田駅吉野街道を結ぶ道路(都道199号)を練り歩くイベントがある。2016年は「梅の里再生まつり」として、巨大モザイクアートの展示やパレードが行われ、グルメマルシェも開かれた。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 青梅の梅 見納め 「梅の公園」1260本も伐採へ”. 東京新聞社 (2014年3月1日). 2014年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月16日閲覧。(インターネットアーカイブ)
  2. ^ 吉野梅郷の梅1266本、4日から全部伐採 東京・青梅 朝日新聞 2014年4月3日

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度47分9秒 東経139度13分13秒 / 北緯35.78583度 東経139.22028度 / 35.78583; 139.22028