奈良ドラッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社奈良ドラッグ
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
536-0021
大阪府城東区諏訪3丁目7番25号
設立 1965年8月
業種 小売業
法人番号 2120001162965
事業内容 ドラッグストアの経営
代表者 松井 秀夫(代表取締役社長
(大木ヘルスケアホールディングス
 代表取締役会長 兼 社長)
資本金 1000万円
売上高 約8億6千2百万円(2014年度)
従業員数 約65名(うちパートタイマー38名)
決算期 3月
主要株主 大木ヘルスケアホールディングス
外部リンク 奈良ドラッグ
テンプレートを表示

株式会社奈良ドラッグは、奈良県大阪府東部を地盤としてドラッグストアを展開する小売企業。医薬品卸売の大手大木ヘルスケアホールディングスの連結子会社。

概要[編集]

店舗名は「エムズドラッグ」といい、丸みを帯びたMの文字を際立たせている。Mは前身企業の増田薬品のMでもあり、「まごころ」も表す。また、ブランドカラーのオレンジ色は公式サイトによるとクチナシ色であるという。クチナシ色は古くは尼僧が着る高貴な色であったと同時に、薬用としても重宝されたことから、会社のコーポレートカラーに選ばれた。店舗、とりわけ看板のMの字にもこのクチナシ色を用いた店舗が半数を占める。

なお、旧社名のヤクショーは薬粧(医薬品と化粧品)に因み、元々医薬品の卸売業を主としていた名残である。

店舗[編集]

2016年7月1日時点、大阪府に1店舗、奈良県に6店舗(うち調剤薬局併設1店舗)であり、主な地盤となっているのは奈良県である。
増田薬品が運営していた頃の店舗数は18であったが、事業再建などで不採算店を次々に閉鎖していった。
ローカルチェーンとして地元客相手のカウンセリング販売に重点をおき、一部店舗では宅配サービスも行っている。
商品構成は広範囲で医薬品・健康食品・化粧品・日用雑貨のほか介護用品や一部店舗については日配品や煙草・酒類まで取り扱う。

沿革[編集]

  • 2008年 - 医薬品卸売りの株式会社大木の子会社となり社名をヤクショーから奈良ドラッグへ改名。

外部リンク[編集]