メディカル一光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社メディカル一光
Medical Ikkou Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
514-0035
三重県津市西丸之内36番25号
設立 1985年4月17日
業種 小売業
法人番号 2190001001175
事業内容 調剤薬局事業、ヘルスケア事業、医薬品卸事業、不動産事業、投資事業
代表者 代表取締役社長 南野利久
資本金 9億1700万円
発行済株式総数 2,035千株
(自己株式118千株を含む)
売上高 連結293億5百万円
(2016年2月期)
営業利益 連結14億26百万円(2016年2月期)
経常利益 連結14億58百万円(2016年2月期)
純利益 連結9億10百万円(2016年2月期)
純資産 連結72億49百万円(2016年2月)
総資産 連結247億96百万円(2016年2月)
従業員数 連結965名
(2016年2月末日現在)
決算期 2月末日
主要株主 イオン株式会社 25.06%
株式会社南野 11.50%
南野利久 8.90%
ハウス食品グループ本社株式会社 8.84%
(2016年2月末日現在)
主要子会社 株式会社山梨薬剤センター
株式会社メディケアサポート
株式会社メディシン一光
株式会社ヘルスケア・キャピタル
(中間持株会社)
外部リンク www.m-ikkou.co.jp
テンプレートを表示

株式会社メディカル一光(メディカルいっこう)は、三重県を地盤として調剤薬局を経営する企業である。ハピコム(旧イオン・ウエルシア・ストアーズ)に属する。

概要[編集]

三重県を中心に、北は北海道から南は島根県まで調剤薬局を展開しており、「フラワー薬局」の店舗ブランドで展開している。(店舗によっては「フラワー薬局」を用いず、独自名称で展開している。)

沿革[編集]

  • 1985年
    • 4月17日 - 調剤薬局の経営を目的に設立。
    • 6月 - 三重県に第1号店を開設。
  • 1986年4月 - 大阪府に進出。
  • 1994年11月 - 愛知県に進出。
  • 1996年
    • 4月 - 福井県に進出。
    • 8月 - 北海道に進出。
    • 10月 - 医療法人財団公仁会への病院施設の賃貸業務を譲り受け、不動産事業を開始。
  • 1997年
  • 1998年2月 - 京都府に進出。
  • 2002年7月 - 兵庫県に進出。
  • 2004年
  • 2005年
  • 2006年
    • 3月1日 - 当社の医薬品卸事業を会社分割により分社化し、株式会社メディシン一光を設立。
    • 3月27日 - 株式会社グローバル総合研究所株式を追加取得し、持分法適用関連会社化。
    • 4月19日 - 平安薬局株式会社・有限会社メデコア(神奈川県小田原市)の出資持分を全て取得し、2社を子会社化。
  • 2007年
    • 5月10日 - ハウス食品株式会社・イオン株式会社の第三者割り当てにより、合計1,200株の新株式を発行。
    • 7月25日 - 株式会社山梨薬剤センター(山梨県山梨市)を子会社化。
  • 2008年11月20日 - インサイダー取引規制回避を目的に、役員持株会を創設。
  • 2009年
  • 2010年2月15日 - 株式会社クオールと資本・業務提携を結ぶ。同月17日には株式会社メディパルホールディングスとも資本・業務提携を結ぶ(ハピコム傘下企業でクオール及びメディパルホールディングスと提携を結ぶのはグローウェルホールディングス株式会社(現・ウエルシアホールディングス株式会社)に続き2社目である)。
  • 2011年9月1日 - 有限会社クローバー(埼玉県所沢市)の全株式を取得し、完全子会社化。
  • 2012年
    • 2月16日 - 株式会社メディパルホールディングスとの業務提携に付随する資本提携を解消。業務提携そのものは維持される。
    • 3月30日 - 株式会社さつき(京都府京都市)の全株式を取得し、完全子会社化[1]
    • 4月17日 - 投資業務を行う完全子会社として株式会社ヘルスケア・キャピタルを設立[2]
  • 2013年12月1日 - 新本社ビル完成に伴い、本店を移転。
  • 2014年
    • 3月1日 -
      • 子会社の株式会社メディシン一光が行っていた医薬品卸事業を簡易吸収分割により当社に承継(8年ぶりに自社体制に戻す)[3]
      • グループ内でのヘルスケア事業等の組織再編を行い、当社子会社の株式会社ヘルスケア一光と株式会社さつきを株式交換により株式会社ヘルスケア・キャピタルの傘下に移行し、株式会社ヘルスケア・キャピタルを当社の中間持株会社に移行(同年3月5日には株式会社ヘルスケア一光の保有する有限会社カナエの株式を現物分配により株式会社ヘルスケア・キャピタルに移行する)[4]
      • 子会社の株式会社ヘルスケア・キャピタルが有限会社三重高齢福祉会の全株式を取得[5]
    • 4月1日 - 子会社の株式会社ヘルスケア・キャピタルが株式会社ハピネライフケアの全株式を取得[6]
    • 7月1日 - 子会社の株式会社メディケアサポートが調剤薬局3店舗を新規取得したことにより、静岡県へ進出[7]
    • 8月29日 - 有限会社倉田保険事務所と資本業務提携[8](2017年7月に解消)。
    • 12月1日 - 子会社の株式会社ヘルスケア・キャピタルが株式会社YMCの全株式を取得[9]
  • 2015年
    • 3月1日 - 子会社の平安薬局株式会社と有限会社メデコアを吸収合併[10]。子会社の株式会社ヘルスケア一光が有限会社カナエを吸収合併[11]
    • 6月1日 - 有限会社ボンボンの全株式を取得[12]
  • 2016年
    • 3月1日 - 子会社の株式会社ヘルスケア・キャピタルが株式会社YMCを吸収合併[13]。子会社の株式会社メディケアサポートが有限会社ボンボンを吸収合併[14]
    • 4月1日 - 大豊薬品株式会社(愛知県豊橋市)の全株式を取得し、完全子会社化[15]
    • 8月1日 - 有限会社ツルカメ調剤薬局(福井県越前市)の全株式を取得し、完全子会社化[16]
    • 9月1日 - 子会社の株式会社ヘルスケア・キャピタルがウェルフェアー株式会社の全株式を取得[17]
    • 11月1日 - 子会社の株式会社ヘルスケア・キャピタルが株式会社さつきの全株式を、株式会社まんぼうへ譲渡。これにより、株式会社さつきが当社の連結対象から除外された[18]
  • 2017年
    • 3月1日 - 孫会社の株式会社ハピネライフケアが同社子会社の株式会社ケアスタッフと有限会社ハピネカンパニーを吸収合併[19]
    • 9月1日 - 孫会社の株式会社ヘルスケア一光が同じく孫会社の株式会社ハピネライフケアを吸収合併し、株式会社ハピネライフ一光に商号変更[20]

店舗一覧[編集]

()内は「フラワー薬局」名義の店舗数

関連会社[編集]

  • 株式会社山梨薬剤センター(山梨県山梨市)
  • 有限会社クローバー(埼玉県所沢市)
  • 株式会社メディケアサポート(三重県津市)
  • 株式会社メディシン一光(三重県津市) - 不動産賃貸事業
  • 大豊薬品株式会社(愛知県豊橋市)
  • 有限会社ツルカメ調剤薬局(福井県越前市)
  • 株式会社ヘルスケア・キャピタル(三重県津市) - ヘルスケア部門に関連した投資事業
    • 有限会社三重高齢者福祉会(三重県津市) - 有料老人ホームの運営、通所介護、居宅介護支援
    • ウェルフェアー株式会社(京都府京都市南区) - グループホームの運営、通所介護、居宅介護支援
    • 株式会社ハピネライフ一光(三重県津市) - 有料老人ホーム等の運営
      • 株式会社ハピネライフケア鳥取(鳥取県米子市) - 介護事業

出典[編集]

  1. ^ 「株式会社さつき」の株式取得(子会社化)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2012年3月29日(2015年3月27日閲覧)
  2. ^ 新会社設立に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2012年3月29日(2015年3月27日閲覧)
  3. ^ 会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年1月22日(2015年3月27日閲覧)
  4. ^ グループ内組織再編に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年1月22日(2015年3月27日閲覧)
  5. ^ 当社連結子会社による「有限会社三重高齢者福祉会」の株式取得(当社の孫会社化)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年2月28日(2016年3月1日閲覧)
  6. ^ 当社連結子会社による「株式会社ハピネライフケア」の株式取得(当社の孫会社化)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年3月28日(2016年3月1日閲覧)
  7. ^ 薬局の新規取得に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年7月1日(2015年3月27日閲覧)
  8. ^ 資本業務提携に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年8月27日(2015年3月27日閲覧)
  9. ^ 当社連結子会社による株式会社YMCの株式取得(当社の孫会社化)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年11月19日(2016年3月1日閲覧)
  10. ^ 連結子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年12月16日(2015年3月27日閲覧)
  11. ^ 当社連結子会社(孫会社)間の合併に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2014年12月16日(2016年3月1日閲覧)
  12. ^ 薬局の新規開局及び株式取得(子会社化)による店舗取得に関するお知らせPDF形式 (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2015年6月1日(2016年3月1日閲覧)
  13. ^ 当社連結子会社による連結孫会社の吸収合併に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2016年1月20日(2016年3月1日閲覧)
  14. ^ 連結子会社の合併に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2016年1月20日(2016年3月1日閲覧)
  15. ^ 「大豊薬品株式会社」の株式取得(子会社化)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2016年3月28日(2016年10月15日閲覧)
  16. ^ 株式取得(子会社化)による店舗取得に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2016年8月1日(2016年10月15日閲覧)
  17. ^ 当社連結子会社による「ウェルフェアー株式会社」の株式取得(当社の孫会社化)に関するお知らせ (PDF) - 株式会社メディカル一光 IRリリース 2016年8月26日(2016年10月15日閲覧)
  18. ^ “株式譲渡による連結子会社(孫会社)の異動に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社メディカル一光, (2016年10月19日), http://www.m-ikkou.co.jp/ir/pdf/irp20161019a.pdf 2016年11月27日閲覧。 
  19. ^ “当社 連結子会社間の吸収合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社メディカル一光, (2017年1月25日), http://www.m-ikkou.co.jp/ir/pdf/irp20170125.pdf 2017年3月22日閲覧。 
  20. ^ “当社 連結子会社間の吸収合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社メディカル一光, (2017年6月21日), http://www.m-ikkou.co.jp/ir/pdf/irp20170621.pdf 2017年9月5日閲覧。 

外部リンク[編集]