タカキュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社タカキュー[1]
Taka-Q CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8166
1986年11月上場
本社所在地 日本の旗 日本
173-0004
東京都板橋区板橋3-9-7
板橋センタービルディング7階
設立 1950年昭和25年)6月30日[1]
業種 小売業
法人番号 5011401003916 ウィキデータを編集
事業内容 紳士服・婦人服・関連洋品雑貨の企画・販売
代表者 代表取締役社長 大森尚昭
資本金 20億円(2019年2月末現在)
発行済株式総数 2447万822株
(2017年2月末現在)
売上高 240億4百万円(2017年2月期)
営業利益 3億82百万円(2017年2月期)
純利益 114百万円(2017年2月期)
純資産 74億67百万円
(2017年2月末現在)
総資産 131億39百万円
(2017年2月末現在)
従業員数 677人(2017年2月末現在)
決算期 2月[1]
主要株主 イオン株式会社 33.23%
株式会社エムツウ 10.25%
タカキュー取引先持株会 2.41%
(2017年2月末現在)
主要子会社 テイエムエムサービス株式会社 100%
外部リンク https://online.taka-q.jp/shop/pages/company.aspx
テンプレートを表示

株式会社タカキュー: Taka-Q CO.,LTD.)は、紳士・婦人服及び関連洋品雑貨の販売を行う会社である。イオン株式会社と資本・業務提携を結んでいる。

沿革[編集]

  • 1947年 創業者・高久(たかく)泰憲が、新宿駅西口にて個人営業店として4坪の床面積にて紳士衣料店を創業。尚、高久泰憲は、東京大学文学部印度哲学科を卒業後、文部省に入省。
  • 1950年昭和25年)6月30日 株式会社高久設立[1]。及び紳士服を中心とした衣料品の販売を開始(本店 新宿区
  • 1964年(昭和39年)5月 トレードマークの「taka-Q」の使用開始
  • 1969年(昭和44年) チェーン展開を開始
  • 1970年(昭和45年)8月 本社を東京都新宿区西新宿に移転
  • 1976年(昭和51年)2月 デザイナーのALEXANDER JULIAN(アレキサンダージュリアン)と契約
  • 1981年(昭和56年)10月 婦人服専門店のチェーン展開を目的として株式会社メルス設立
  • 1983年(昭和58年)3月 POSシステム(販売時点情報管理システム)導入
  • 1984年(昭和59年)
  • 1986年(昭和61年)
    • 4月 ヤングカジュアル衣料専門店のチェーン展開を目的として株式会社ムービンを設立
    • 11月 東京証券取引所市場第二部へ上場[1]
  • 1987年(昭和62年)11月 本社を東京都新宿区下落合に移転
  • 1988年(昭和63年)3月 衣料品修理加工部門のリフォームセンターを分離し、テイエムエムサービス株式会社を設立
  • 1989年平成元年)8月 東京証券取引所市場第一部へ指定替え[1]
  • 1990年(平成2年)1月 大阪証券取引所市場第一部へ上場[1]
  • 1992年(平成4年)8月 ジャスコ株式会社(現 イオン株式会社)と「業務及び資本提携契約」を締結[1]
  • 1993年(平成5年)3月 レディス部門を子会社の株式会社メルスへ営業譲渡[1]
  • 1994年(平成6年)5月 本社を東京都板橋区板橋に移転
  • 1998年(平成8年)7月 株式会社ムービンから営業全部譲受[1]。(同社は清算)
  • 1999年(平成11年)3月 基幹システム(新POSシステム含む)を全面的に刷新
  • 2000年(平成12年)4月 株式会社メルスの全株式をジャスコ株式会社(現 イオン株式会社)に譲渡
  • 2001年(平成13年)3月 物流センターを埼玉県戸田市から、東京都新宿区中野に移転
  • 2003年(平成15年)8月 大阪証券取引所市場第一部から上場廃止
  • 2005年(平成17年)5月 物流センターを愛知県名古屋市に移転
  • 2011年(平成23年)10月 下請業者に対し、納入商品の不当な減額を行っていたなどとして、公正取引委員会から下請法違反で勧告を受ける。
  • 2013年(平成25年)9月 関西地区旗艦店「タカキュー京都四条店」が環境省より「省エネ・照明デザインアワード」優秀事例賞受賞、また京都市より「優良意匠野外広告物」の指定を受ける。
  • 2014年(平成26年)9月 ECサイトを一新し、インターネット通信販売の体制を強化
  • 2017年(平成29年)2月 ビッグサイズ紳士衣料専門店「グランバック」事業を株式会社ダイエーから承継

店舗及び取扱いブランド[編集]

  • 店舗数 299店舗(2017年2月末現在)
    • TAKA:Q(タカキュー)
    • MALE&Co.(メイルアンドコー)
    • WilkesBashford(ウィルクス・バッシュフォード)
    • m.f. editorial(エム・エフ・エディトリアル)
    • semanticdesign(セマンティック・デザイン)
    • around the shoes(アラウンド・ザ・シューズ)
    • SHIRTS CODE(シャツ・コード)
    • T.Q. OUTLET STORE(タカキュー・アウトレットストア)
    • GRAND BACK(グランバック)
    • on the day(オンザディ)
    • SUITIST(スーティスト)

関連会社[編集]

関連[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 851-855 

外部リンク[編集]